[広告 ] VPS



重りを担いだときは、重りは落下してますが、体は落下していません。
ですので、重りが体を圧縮します。

でも、動き始めれば、体も落下しますので、圧縮感が若干減少しながら、
その減少したままの「距離勘」を保ったまま、
下がって挙がって、しゃがんで上がっていく感じになります*。

これを誤って、重りの落下以上に体が落下してしまうと、
つまり、距離勘が持続せず、開き放題であれば、危険でケガの元。
かといって、関節周囲の筋を力ませて守るわけでもないんです。「動」で守る感じ。

あるいは、立ち上がる際に、体から上がろう!としてしまい、
重りよりも先に上がってしまう、距離勘が一気に詰まってしまう。これも、負担の元や非効率の元。
力感は大きいし、充実感があるのですが、それだけブレーキをかけてしまって、上乗せされた出力に。
つまり、力んだ使えないフィジカルになる。スポーツの基本は、リラックス。全力ではなく全速。

うちでは、重りを受けて、ながれにあわせること。結果、美しい伴走になる。
タイミングもながれもかみ合った、負担の少ない、かつ効率の良い地球動作。
筋力動作ではなく重力動作。

こういう風にやってる人、なかなか見かけませんよね。。。
うちではこれが普通。それだけブレーキのない、脱力された強さやロスのなさ。使えるフィジカル。
これが、うちの秘密や秘訣です。こういう動作に導く指導をしています。


*落下物は落下しますが、内面では上昇します。
自然と落下と上昇を拾えて動けているのだと思います。
そういう意味でも、伴走になります。
感覚的にいえば、、、伴走落下は、伴走上昇にも自然と変われるのです。

関連記事
スポンサーサイト