フォワードランジは、フォワードしよう、、、ではなく、ながれに合って落ちているだけ。
[広告 ] VPS


ランジを撮った動画のなかでは、数年前のこの動画がいちばんいいので、これを取り上げました。
じつはこれ、加重の仕方の練習にもなります。
強い加重の仕方です。

ところで、強い加重って、どういう感じのことを差すのでしょうか???
もしかしたら、力いっぱい踏みつける、たたきつける感じだと思っていませんか???
結論からいうと、、、「落ちる感じ」がもっとも強い加重です。正確には、もっとも等身大の加重。

踏みつけたりするから、その力みによって、かえって浮きあがる要因を生みます。
足だけ踏めても、、、みたいにもなる。
上からしっかり、落ちましょう!!

でも、ランジをやってて、足が着地したときに、足音が鳴る。これはよくありません。
たたきつけたり踏みつけたりしてる証拠。
でも、ふわっとしようとしても、足音は案外なります。鳴らなかったとしても、弱い加重になります。

驚きの事実を申します。

正しく落ちれば、、、強い加重になって、、、足音が鳴らないのです。

むしろ、中途半端な加重が、足音を生むのです。
でもそうでしょう???
加重が足りない、つまり、等身大の加重ではなく、浮く要素があるわけですから。

だから、、、しっかり、、、正しく、、、、落ちましょう!!

(自分も)重さになって、落ちましょう!!




その落ち方だから、力みもなく、安定性があるし、
しかも固まってないから、、、動けてもいます。やわらかいのです。
もういちど、見ましょうか???


ほら、、、落ちてるでしょう???って、動画間違えてるし。。。。。

[広告 ] VPS



でも、これ見たあとで、上のランジ動画みたら、、、わかりますよ。
スクワット。いい運動でしょう???
バーベル。重り。ありがたいでしょう???

こういうのを実用性っていうんです。




関連記事
スポンサーサイト