こちらはよく見かける動作。うちでは絶対に避けている動作。水面が激しく揺れ、負担も大きい。
でもスピードは、そうやらなければ出ないもの???強化とは、苛め抜くもの???
そう思われつつあるのでしょうか。機能にしかり、、、心の充実面にしかり。。。

[広告 ] VPS



以下の動画を見ると、心が潤されると思います。

[広告 ] VPS



自然物を受けずに逆らって動くことには、限界があります。代償も強いるでしょう。
いち指導者として、安全は最優先ですので、健康健全ありきの運動やスポーツですので、
もののあり方を真っ先に捉えます。

「受けずに頑張る」から「受けて拾ってウィンウィン」
体が重りに歩み寄ること。受けたままだから(ようは押されたまま、引かれたままだから)動けること。
受ける条件は、このふたつです。「体を入れる」「受けたそのままの形状で」

動きのシフトを見直すのです。いえ、、、自然側に戻るのです。
「体を入れること」「そのまま(可塑性)であること」
これはつまり、、負荷がゼロになるような受け方です。そこまで自然側に!!

[広告 ] VPS



最後に、そう動いて作られた体は、やっぱり違います。

うちでは「筋トレ」と「ウエイト」とを「まったく別もの」としています。
多くの方が「きつい筋トレ」をされて、そう充実しています。
うちは「心地よくも的確なウエイト」をやっています。

脱力しつつも、(体が入り)動きが整っていく。
強化で行うそんな動きは、日常でも自動化し、動けてることそれ自体が楽しくなる。
身体が入っていやでも整う感じ。いやでも落ちて力してしまってる感じ。
当然、そんなストレスフリーなコンディションになる。明るく前向きにもなる。

たかがトレーニングに、自分はそこまでの価値や可能性を見ています。
そして、叶うものです。


関連記事
スポンサーサイト