今日は、42回目の誕生日。。。

今朝、実家の母から、速達で、ささやかなプレゼントが。

これまで実家に届いた郵便物をうちへ届けてもらったり、などでは手紙は毎回なんですが、、、
今回も手紙が。そのときもたしかに嬉しい気持ちでしたが、
そのお礼メールを母に送ったあと、母からメールが帰ってきました。

大半が母の話でしたが:笑、、、、
ただ、母自身のことも色々ある中、メールのその第一声は、「おめでとう!」でした。
ただそれだけだったんですが、、、

そういえば手紙にも、、、「たいしたものではないけど、これは“ささやかな気持ち”です。と。
そうふたたび読み返してみたのです。
ただそれだけだったんですが、、、

月明けが母の誕生日で自分もささいなプレゼントを贈ったが、すごく母が喜んでくれた。
今回は自分が受け取って、メールの第一声が「おめでとう!」。手紙には「気持ちです・・・」
ただそれだけだったんですが、、、


ある瞬間急に、、、
母の思いがすごく伝わって、、、一気にこう、、、何か思いっきりこみ上がってくるものがあって、、、


計算する間もない無垢な気持ち。
それを感じたとき、それを受け取ったたとき、こんなにも嬉しく幸せな気持ちになれるものなのか、
と、まざまざと感じさせられた。

この仕事でも何度もそれに近いことはあります。
自分は現場指導の今の瞬間がいちばん幸せで、そこが一番大事で、
でも、メールなどで嬉しい無垢な気持ちを受け取れたとき、涙が出そうになるほど嬉しいもので。
基本、報い*などは計算には入れておらず、今、その指導の瞬間、そこを大事にしてるから。

無垢な心で自分もいたいし、そういう気持ちの通じ合いがしたい。
仕事でもそう。でもそういう気持ちが、熱い指導になるのかもしれなし、
自分のそういう潜在的なものの由来も、わかった気がして、、、ますます嬉しくなってきて。。。

自分は、幸せだったんだ!!

自分は、幸せなんだ!!

いつまでもこうありたい!!こういう姿でいたい!!
そういう気持ちが、人にたいしても出て、もっともっと人をも幸せにできるかもしれない!!
42回目の誕生日。
取立ててお祝いがあったわけじゃないのに、今年がいちばんの誕生日かもしれないな。。。



*成果は、今を信じれば、叶う、と信じきっています。
指導してて感じること、
「あ、こういう風に動けてきたら、この人も、大丈夫」
という「そこ」です。それぐらいに信用してますし、愛する自分のトレーニングですから。



関連記事
スポンサーサイト