今度は部位別。ショルダープレス。
ここまで歩み寄れるから、ラクで機能的なのです。
いえ、、、これが「本来あるべき・・・・」ってやつでしょう。。。。

まずは見てください。あとで、この動画のすごい重要ポイントを説明します。

[広告 ] VPS



難なくっていうか、楽そうでしたよね:笑
たしかにラクでしたよ:笑
と、そういう話じゃなく、

先ほど掲げた議題を。ある重要ポイントについて説明。
動画では、一度私は、立ち位置が変わってしまったはずですが、
それを難なく修正してしまったために素通りされてしまう勢いのその動作についてです。
これ、、、、重要ポイント!!


これは、故意じゃなく、たまたま乱れてしまっただけだったのですが、、、
でも、この修正の仕方に「大きな重要点」があるのです!!


どうやって修正しましたか???


そこなんです!!


重りを扱うトレーニングで、よく一般的に指導とか本とかでもいわれそうなのが、
「軌道はこう挙げよ」とか、そういうカタチやフォームとか。。。
ようは、「体や筋肉や骨で重りをどう動かすのか」
とばかり指摘されます。

しかし私は、一貫してこう考えています。それが、動画で自然と出たのです。

「軌道をどうこう・・・・じゃない」
「重りの真下に自分が歩み寄るだけ!」


つまり、、、
バーベルの位置や重心線を変えずに、自分の立ち位置を見直したということ。
バーベルの重心の真下に、自分を入れ直したこと。

(しかも、勘のように本能的に)

最後に、
「バランスとは、固定ではない!!揺らぎの釣り合いだ!」
という私がよく使う言葉を有限実行した動画でした。



関連記事
スポンサーサイト