明るくなれる話の続編です。

ぶっちゃけ前回の記事では、
つまり何がいいたかったのか???が不明確で、中途半端だったので、
今回はその辺を突き詰めてみます。

つまり、

「思ったよりも、人の重心位置は後ろ」・・・・・ここから少し発展させます。


以前は、前に進むには、前に比重をがけるから、重心が前に移動する。
そう考えていました。ここを「一新」します!!
そう、、、、「一新」するのです!!

スクワットで気づいた体の重心位置。思ったよりも後ろだったその重心位置。
じつはこのままでいいのです!!さらに後ろにしてもいいぐらい!!
その状態で前に進んでいくからです。いえ、、、進みやすいからです。。。


ようは、、、(思ったより後ろ重心である)自分の体が入るから。

【加筆】重心位置がやや後ろであって、後ろに体重をかける意味ではありません。
やや後ろである重心が、重さの中央という意味です。

胸が起き、腰が起き、しかも落ちて、均一で、負担がどこにもなく、なぜか進んでしまうから。
しかも、体に意識がないのに、腰が自然に入る感じ(出っ尻などを強要した感じではありません)
あえていうと、軸が立つ感じ。。。

でも、膝下歩きにならないし、
後ろ足でキックするような、体の後面に壁を感じるような、その壁をキックするような、
そういう進み方ではないんです。


これができてしまったら、以前の「前比重の推進」が、「抵抗」を感じます。
というのは、以前だと、前に進んでいるよりは、「一歩一歩」「真下に」行く感じだから。
ようは、一歩一歩ブレーキになるから。一歩一歩、頑張ってしまってるから。。。


でも今度は違います!!
一歩一歩真下へいくんじゃなく、、、前へしか進まないのです!!


つまりそれだけ、「ドストライク」なポジションなんでしょう。
としか語りようがない。本来あるべきバランスが、「そこだ」としか言えない。
実際に、簡単に、これまでなかった軸ができ、ますますラクに動けてしまうのですから。。。

なので、屋外動画も撮影しなおしですね。。。ランジとかジャンプとか全部。。。笑



そしてもうひとつ。。。

さっきと内容が重なるのですが、、、
猫背やおなかのぽっこりなど、姿勢の問題は、重心位置の問題だということ。
前重心なのが原因。不均一が原因。
本来のそこに来れば、それが慣れれば、変わるはず。均一になればいいのです。
主観ではなかなかわかりにくかっただけ。あるいは大人になるにつれて余計なものが身についたか。

一生懸命下腹の筋トレとか、腹圧を高めて、とか、、、って結局だめでしょう???
しかも力んでいなければいけないし、そういう解決法っておかしいし。
ドストライクをウエイトで見つけ自動化させること。ウエイトで築いたことに手を加えないこと。
それが、姿勢という結果を作るから。。。

やはり、、、自然は、、、ウソを、、、つかないのです!!



まとめますと、
体のことは、体を意識してどうこうすのではなく、
重さをコントロールしたほうが早い。

重ささえコントロールできれば、体の動きはついてくる。
つまり、体への意識は、ゼロでいい。身体意識は、要らない

そういうことです。


改めて、動いてて、楽しい!!
動くだけなのに、楽しい!!
気分が良くなる。きっと良い動きや良い姿勢と良い気分は、つながる。
きっとそうなりますよ。そして、そういうことを、共有しましょう。


関連記事
スポンサーサイト