重力をまともにうまく受けれてるから気づいたこと。
案外、立つときって、重心って、やや後ろなんですよ。
これはウエイトだってそう。

【加筆】重心位置がやや後ろであって、後ろに体重をかける意味ではありません。
やや後ろである重心が、重さの中央という意味です。

よく、ね、股関節を意識するのに、鼠頚部を手で触って屈曲、へっぴり腰姿勢を作る人いますけど、
股関節って「思ったより後ろ」ですからね。
くるぶしだってそう。あたまのてっぺんの百会だってそう。耳の位置がそうですしね。

でも案外、前へいきがちになって、バランスが乱れてる。
まずは重力をちゃんと受けることからはじめなきゃ。。。
それからです。それがあっての動作です。

でもね、、、重心がちゃんとそこに来るとね、、、
胸が自然と上がる感じ。腰も引きあがる感じ。
念のため、、、意識して引き上げたわけじゃなくって、ね。。。

こういう姿勢でいるだけで、
気分が前向きになれるもんだね。。。
これも「落ちる」ということだよ。。。

頑張って姿勢を造る必要はない。
でも、恵みをちゃんと受ければ、、、明るくなれて、しかも動けて、機能して、、、
てな、心身明るくなれる話。

*ほんとうに身体が後ろに残ってひざ下歩きになるのは、体の下部から前に崩れてしまっただけ。
だから、(ここでいう)真の後ろ重心ではない。
それが私の見解です。




関連記事
スポンサーサイト