動作に関する話です。深入りした話です。
重力や時間との調和を大事にしています。
「体ありきの体」じゃなく「自然ありきの体」という話が深入りした内容です。

うちは「落ちる」「落下」という感覚を大事にしていますが、
同じ枠組でありながら、共通事項も大事にしていますが、小さな区分も設けています。
その辺をもういちど整理した内容です。ではご覧ください。


[広告 ] VPS


重りという自然物に伴走するように落下できたときが、理想の鉛直落下。自分も自然になれるから。
「落ちる」とうちでは呼んでいます。

でもこの「落ちる」がむつかしいとき、あえて足を地から離し、滞空状態を作らせて落下させる。
これも自然落下・鉛直落下を作ってくれるから。
「ドロップ」とうちでは呼んでいます。

でも足が着かなくなることで、足からカクンと抜けてしまう落下ではありません。
「落ちる」にせよ「ドロップ」にせよ、
「着く落下」にせよ「着かない落下」にせよ、

外してはいけない重要ポイントがある。

より高くして落ちること。
早さを拾って落ちること。


下部からかくん、ではなく、より高くから。
結局、伴走落下にせよ滞空落下にせよ、
結局は伴走落下になるのです。架空の落下物にタイミングを合わすように。

だから自然と、高くなってからスタートしてしまうもの。でなければ、落下物に合わないから。
動画のクリーンやスナッチも、自動的にそうなっていきます。
着く・着かない以上に、、、「早い」「高い」ということ。

もっともこの「早い」「高い」こそ「自動化」してくるもの。
でも、「どこか不調だな~」なんてときに、みつめる一番手だと思います。
余計なことをしていたら、ワンテンポ遅れますからね。。。それが元凶ですから。


[広告 ] VPS


関連記事
スポンサーサイト