同じ動画(比較動画)ですが。。。。。

[広告 ]


[広告 ] VPS


前者では、ながれが合っていない、というか、タイミングが遅れています。
後者では、ながれが合っている、というか、前者よりはタイミングが早いわけです。

時間は止まらず、ながれています。
「今だ」と思って、「今」発揮するのは、明らかに繕った動き。
ようは、余計な動き。だから遅れている。

普通は、脱してさえいれば、余計な鎧がなければ、タイミングは早いもののはず。
重りや重力と、呼吸が合っていれば、遅れないもの。早いもの。
もともと力んでいたり、変な癖や力感重視で動く人の場合、早さを見つめる手もある。
でも、力んでたりしなければ、早さは、みつめなくても叶っているもの。

早く動くその原因は、
脱力できて、重力と呼吸が合っていること。落下と呼吸が合っていること。


ちょっと調子が悪いな~
そういうときは、力んでいるとき。早さを少しだけ見つめるのも、ひとつ。

歩く・走るなら、結果論、、、
たとえば次に着く足が左足なら、左足が滞空してるときにすでに体重が左足に乗ってる感じ。
着く前に、着いてる感じ。着いたときには蹴り終わってる感じ。

でもこれを、着いて、踏んで、蹴って、、、と動いていたら、力んでいます。
早さから改善するのも、ひとつ。早さが合えば、また脱力し、重力と調和し落ちれるから。
でも、余計な力みがなければ、考えなくても、早くしなくても、早くなっているもの。

重さを受け容れるウエイトも、うまく動けた際の判断基準になる。
半歩早い。これが普通。
動き出す前に、動いているようなもの。動き出す前に、落ちているようなもの。
でもそのきっかけは、、、落下と呼吸があっていること。

歩く・走る。
これも案外、早い落ち方(呼吸が合った落下)だけで、推進してしまっているんですね。。。
余談:落下物の浮上を受け容れなくても、落ちていれば、浮上は叶っているんだな。。。

やっぱり、動作は、シンプルなんだな~と振り返っています。

・・・

古い動画です。タイミングは、自然と、早くなっているもの。
着く前に、着いている。着いたときにはもう蹴れている(蹴ってないのに押せている感じ)。
それ以前に、落下と呼吸・タイミングが、合っています。それが表現されています。


サボり症(笑)のため、一度しか跳びません。。。瞬き厳禁(笑)
[広告 ] VPS


フォワードランジは、フォワードしよう、、、ではなく、ながれに合って落ちているだけ。
[広告 ] VPS





関連記事
スポンサーサイト