さて、運動やトレーニング経験ゼロの方々でもできてしまうスクワット。
それぐらい、重力や時間というものを「どう向きあうか」「どう受け容れるか」が大事。

おそらく大多数の方は、「どう逆らうか」ばかり見つめてしまい、
「その(逆らう)能力が高い=運動ができる・動ける」と誤解してしまう。
だから、その強化がそういうものとして常識化される。

「私には、きびしいかも???」
という運動の敬遠にもつながりかねない。
あるいは、壁を感じたら、逆らいが不足してることが原因だと解釈し、
もっともっとその逆らう強化をやる。

押してだめなら、もっと押そうとしてるのです。

逆らえば逆らうほど、
自然はそれに見合った抵抗をその人に課すものだと思います。
逆に、逆らわず、調和すれば、
抵抗をゼロにしてくれるもの。スムーズな動きの糸口を引き出してくれるもの。

さきほどはりんごふたつで例を挙げましたが、
プレートでもダンベルでもいい。やさしく持って見る。
ふわふわふわって持って見る。
ふわふわふわって簡単に上下できる。
その上下幅をだんだん大きくしていく。
気づいたでしょう???
「抵抗もなく、動かせたことに」

反対に、同じ持つのでも、「これ重いな~」と腕力など力んでしまう。
「これ、なんとかしたい」と跳ね上げようと動かせば、
すっごい重いでしょう???
降ろすほうは楽でしょうが、挙げるほうは、苦でしょう。。。
それで体幹とか固めて安定させて、挙げようとします。
あるいは反射を使って挙げよう、などします。
たしかに挙がります。でも、どこか違っている。そう感じませんか???
「機能って本当にこういうことなの???」みたいな疑問が。

その疑問、一気に解決するのが、
終わったあとにストレッチしてみる。
正しく調和して動けていれば、
筋は弛緩するもの。
しかし、がっちがちに硬ければ、動きに問題があったってこと。
「食べ比べ」という判断基準もあるのです。

きっと、この違いを感じたら、、、
「自然ってすごい」「自然でいたい」「自然になりたい」
って思えるはず。
こういった経験を通過した人間として、私は申します。


[広告 ] VPS



関連記事
スポンサーサイト