以前、あるヨガスクールにてイベントレッスン。
自分はヨガはしないが、
うちのウエイトがヨガちっくだから、
動きという面からヨガになる、そんなレッスンをやった。

参加者は、ほぼ全員、トレーニング経験セロ。
あるいは、いちど経験して、その苦痛から逃れた人。
トレーニングの価値観を変え、ヨガにもなる。
やったのは、りんごふたつをお渡しして、おもさを楽しむこと。
やさしく受け止めること。
受け止めたまま上下させてみること。
どうやれば負担がなく動かせたか。
りんごを大事に扱うこと。それが答え。
そうやってやさしく何度も上下。腕だけではなく、肩から。
やがて、体ごと上下。。。
はい!きれいなスクワット!!

みなさんあまりに見事で、一発で全員がきれいなスクワットに。
お尻を後ろに出して、、、
そんなアドバイス一切なし。
それで、できてしまったのです。

とくに自重運動においては、動作が難しくなりがち。
重りなど道具があったほうがやりやすい。
それだけ、道具がない分だけ、
自分の体側へ注意が行ってしまうから。
ほんとうは、体の外側へ注意が行ったほうがいい。
対象物、いえ、せんせいがいたほうが、いいのです。
おもりは、せんせい。
私は、アシスタントのせんせい。



[広告 ] VPS


[広告 ] VPS

関連記事
スポンサーサイト