2015.08.06 ゼロな加重

[広告 ] VPS


実重量がゼロに限りなく近い状態で動けてしまう。
だから自前も、ゼロに限りなく近い状態で楽に動けてしまう。
それが、うちの動作であり、
そういう動作が引き出されるような強化をしています。

そこで考えていただきたい小さな盲点。

そもそもゼロな重量ですから、加重しなくても加重できてってこと。
力を加えなくても、ゼロに近い状態で動けるのですから。
もしここで、1kgでも力が入ってしまったら、一気に重さや抵抗が増します。
ですので、自前もいやでも、発揮せざるを得なくなります。
普通の方なら、それが充実だ、と考える。
私にすれば、これほどの苦痛はありません。

そうです。ゼロで動けた状態ですから、加重もゼロ。踏まない。その必要がない。
踏めば、かえって抵抗が増し、自前も増すだけ。
でもここで、もうひとつの盲点。
かといって、加重しようとしない、猫のようなふわっと感を自分から起こす意味ではありません。
これはただ単に、力を弱めているだけであって、
ものごとの中枢がずれています。

自然との調和が大事なのであって、
うさんくさい工夫ではないのです。
弱くするだけでは、意味がありません。
カタチではなく、真似事ではなく、本質です。


関連記事
スポンサーサイト