私の、いえ、わたしたち(クライアント様も含めて)の主観では、
100kgのスクワットを挙げるのに、
101kgの力で挙げることを最小源の力だと思っておらず、
200kgで挙げる強さに魅力があるとも思っておらず、
0kgに近い力で挙がっていくのが理想だとしています。

その0kgで挙がるきっかけやてがかりは、ふたつある。

ひとつめは、バーベルにしっかり身体を歩ませること。
正確には、バーベルの軌道である「鉛直・垂直軸」に身体を歩ませること。
バーベルの前後を、身体ではさみこむ感じで、担ぎます。
身体の真ん中にバーべルや軸があるように。

誤解があってはいけないのは、刺激と負担は違うということ。
「荷物は、身体に近いポジションで持て」
テコを短く。腰の負担を減らすため。
でも、そのテコを長くして、荷物を身体から遠ざけて持って
「これ、腰のトレーニングになるんです」
なんて“普通は”言わないでしよう。普通は。。。

それが普通じゃなくなることって、意外とあったりするんですよ。
例として、股関節重視のスクワットなど、
軌道が鉛直から乱れた動きをしておいて
「お尻が鍛えられる」
なんて言っていたりしますでしょう。。。

ふたつめは、落下に身体を合わせること。
重りの速度に、身体を合わせること。
重りより先に身体が落下した脱力は、G(ジー)、つまり重力加速度が大きく発生します。
これが発生すると、落下の吸収が難しく、落下しきったあとの関節負担が大きく危険。
Gが限りなく発生しないかのような伴走が理想です。Gをゼロに限りなく近く。
もちろん、がちがちに力んだ落下も、重りの速度に合っていません。
自分で自分をいじめてるだけになります。筋肥大にはいいけど。。。ということ。


関連記事
スポンサーサイト