2015.08.02 ゼロへの道
けんだまの糸の張りが変化しないような感じ。
重りと身体との縦の距離が変わらない感じ。
押されるなら、一定の押され方。
引かれるなら、一定の引かれ方。
水面が揺れない感じ。
でも、凍って固まるわけではない。ここ盲点。

これができると、
自前出力がゼロなのに、
ようは脱しているのに、挙がってしまう。
実重量の重りが、限りなくゼロになったかのようで。
しかも、動きのコントロール・重りのコントロールもうまくなる。

乱れると、実重量かそれ以上の重さになって、
もっと筋力が必要に・・・
でも乱れるから、
さらにもっと筋力が必要に・・・
このいたちごっこから脱せた人が、
成功するのだと思う。

関連記事
スポンサーサイト