ウエイトトレーニングやすべての動作では、力が抜けているほうがスムーズに動いてくれるぐらいで、
自分の主観だと、
力が入ったり、どこか身体に意識が入ったりすると、ぎこちなくなり、不快感でいっぱいなんです。

うちが行うウエイトトレーニングは、“重りや重力”、そして“時間のながれ”にゆだねる動き。
自分が!自分が!と筋力をめい一杯使ったり、身体じゅうに意識を働かさせたりするのが一般的かもしれませんが、その自力ばかりを使うから、他力が入って来れないのです。

「?????」と思いましたか???

もういちどいいます。
自力ばかりで、自分が自分が。。。といってるから、他力の協力を得られないのです。

自力ぶん程度の正比例で終わる。最悪、他力からの邪魔までされてしまう。
だからまずます疲れる。負担がかかる。イヤになる。でも頑張ってしまう。。。
こういうことを繰り返していく。

ほんとうは、自力よりはるかに大きな他力。
自力をやめれば、他力が入るスペースができます。
自力を改め、他力からの協力を得るのです。お願いするのです。信じてゆだねるのです。

それが、、、重さや時間を受け容れることで、大きなもの(浮力)を拾える、という意味です。
(それがわかりやすい結果やカタチが、揺れない水面のような均一な感じです)
重りと喧嘩せず、重りと友人になるのです!!

自分が自分が、、、をやめ、他力の協力を信じてゆだねれば、大きな他力で幸運体質。
自分が頑張る!!自分がやる!!と、他力を疑うから、他力という幸運が入ってこないのです。
ないものだから、造る!!と「ある」ことだと思わないから、ないことばかりがやってくる。

重りを正しく受け容れれば、、、重りにゆだねれば、、、重りから動きが与えられます。
そんな「動きの幸運体質」を、うちのトレーニングで築くことができます。
そのための手法を、現場でやっています。正しい他力の受け容れ方を。

だから、、、ケガや負担も激減し、回復力も大幅アップ。数値以上に動けるようになる。
つまり、、、運動面での幸運体質になっていく。こういう部分は、気持ちの持ち方でもヒントになる。


[広告 ] VPS


[広告 ] VPS

関連記事
スポンサーサイト