[広告 ] VPS


少し深い話になりますが。。。。。

じつのところ、自分を振り返ったときに、とくに重量がそれなりに増したときには顕著なのですが、軽すぎないそれなりの重量だと、落下という下方への一辺倒ではなく、浮上も拾って動いているんですね。むしろ、しゃがむ前に(天面から)浮上しているぐらい。ワンテンポ早いリズムで。落下物自体が「落下」と「浮上」を兼ねているように。

ようは、落下物は、落下だけじゃなく、物の内部では上昇しています。ですので、基本は落下を受け容れているのですが、身体のほうは、物の落下も浮上もうまく拾っていて、都合よく拾っていて、落下にも浮上にも対応できてしまっていて。。。

体重計に乗った感じ

というのは、私のクライアントさんの声ですが、
目盛りが触れない踏まない自然な立ち方。これがすべてを物語っているように思えます。
落下物のように、落下のなかにも浮上がある。

なんか、陰陽論みたいですね。
陰の中に陽の点があり、陽の中に陰の点がある。互いに共存しあうようで。
上から押さえつけられるだけじゃなく、上から浮いてもいる。

軽すぎないそれなりの重量になったときに、気づかされるんです。だから、こっち側に本質がある。
それなりの重量で(力が)脱して挙がる動きで、軽い重量を扱うと、明らかに動きがいいですからね。。。

もっとも、重い重量だから筋力が必要だ、筋力を使いなさい、という話ではなく、
そういう動きで軽い重量を扱うのではありません。
そういうがちがちの動きで鍛えることがスポーツ補強などであっては、とても残念ですからね。

さらに振り返りますが、、、、

けんだまでは、糸をたらしたままよりも、実際にお皿に入れようとしたり、剣に球を刺そうとしたほうが、動きがよくなると先日いいましたが、これもじつは、「浮上」を起こしたことで、落下の精度が増したのでは???とも感じています。動画は数日前の記事をご覧ください。

参考記事:クリアなメカニズム(天面から落ちながら、天面から浮く理由)


関連記事
スポンサーサイト