うちは、重さという過負荷に習うことで、
過負荷ではない状態でも重さにゆだねることでいい動作を引き出す。
しかし、、、重さに習う・受ける・受け止める・受け容れることをやているのに、

・どうもしっくりこないとき
・時々しっくりこないとき

ひとつだけ、思い出して欲しい視点があります。

それは、、、「早さ」という視点です。

速度の速い遅いじゃなく、時間やタイミングの早い遅い。
重さを受け入れゆだねられれば、早さもじつは含まれるもの。タイミングは合うもの。
ですが、、、おかしいときは、、、タイミングが遅れている可能性、大です。

「今だ!」と思った瞬間に、その「今」は「過去」になります。
「始まる前」から「始まっている」のです。

「落ちる前」から「落ちている」のです。
歩行やランニングでは、着く前に、すでに着いているような早さ。

高いところから始まって、低いところへながれます。
天面から始まって、底面に進みます。
天面から落ち(天面から上がり)、下方へ順々に。。。

けんだまで膝に負担がかかって失敗する、いえ、膝でしゃがむスクワットみたいになるのは、
ながれが悪いから。けんだまもそれなりの「重さ」があります。「剣」にも「玉」にも。
その天面からの重さを受けること。あとは、、、ながれ(早さ)に合うかどうか。

そんなところでしょうか???補足しておきます。

なので、スクワットでいうならば、
ながれに合わないから膝に負担がかかったわけで、それを「お尻を後ろに出す」という対処療法。
やはり、根本を見なければ、、、ということですし、
そう対処療法してしまった「ぎこちない動き」のことを「スクワット動作だ」と誤解して欲しくはないですね。

動画もついでに。
[広告 ] VPS




関連記事
スポンサーサイト