ようは、、、過負荷でもリラックスし脱して巧く動けてしまうことが、ワークアウト。
「過負荷だから力んでしまって。。。」ではなく、過負荷でこそ、リラックス*。
だから、、、過負荷でなくなった状況(日常やスポーツ/重力下)では、動けて当たり前。

過負荷になったときに、、、化けの皮がはがれるのです。

その化けの皮がはがれた姿で改善すること。それが、うちの強化です。
それが、、、ほんとうの動作です。。。
たしかにうちは、動作改善処。しかし、繕った意識で身体操作・身体動作。そうではないのです。

筋トレではなく、ウエイトなんです。
過負荷で力ませて筋力いっぱい使わせて筋力アップ、、、などは論外で、
過負荷は力むから、正しい動作を理論で作りなさい、というインスタントでもない。

インスタントではなく、王道なのです!!

【関連・重要】動きの絶対音感について


*間違っても、単純に力を自分から抜いてしまってひざかっくんみたいな危険な動作ではない。抜けていない身体能力で抜くと、大怪我をします。うちは、抜けとはいいません。重力を「受けなさい」とはいいますが。


関連記事
スポンサーサイト