2015.07.11 はじめの礎
150625_1505~01

150625_1517~02

150625_1517~01

150625_1506~01

150625_1538~01

落ち着くでしょう。。。いい場所でしょう。。。

うちの近くの大仙公園内の日本庭園です。

こういうのをみたら、、、今ある出来事とかが、、、小さく感じたりしませんか???

ときどきこういうのを見たりするのは、、、すごくいいことだと思います。



さて、話を本題へ。。。



一度このブログで書いた内容の一部を少し見直したいのですが、その内容とは、

「部活は、人間性を鍛えるものだ、就職にも役立つから・・・・」
「やさしさを鍛えるものだ・・・・」
に対して、かつて、「こういうのはその競技を熱心に打ち込む副産物であって、でなければその競技にたいする熱も中途半端」と反論していていました。

そこを見直したい。

ようは、、、「部活側が正しい」「部活側にもじゅうぶん、一理ある」と。





ここ一番での発揮なんかでは、、、そういう心の部分が絶対に左右するから。
また、普段の練習でも、はじめからそういう人間性や豊かさがあれば、「どう頑張ればいいのか」が「まっすぐ見つめられる」から。
困難にも立ち向かえる「やさしくも強い」そんな健やかさ。



はじめに豊かさありき



いいかえれば、、、
豊かさという大きな地球のなかに、夢という島が浮かんでいる



決して夢を過小評価しているのではない。でも、そういう大きなものが初めにあるからこそ、
ひたむきさがぶれずに、進んでいけるんじゃないか???
決心や覚悟や勇気にもつながって、、、迷いがなくなるんじゃないか???

義務感で押しつぶされる、自分もそれがありました。

しかし、大事なことは、、、

「豊かさ」や「嬉しい」「楽しい」という気持ちだったり、
「それを大事にする」という「愛情」だったり、、、
「いいこと」に対する「ありがたい」という感謝の気持ちであったり、



そういった「いいこと」を日々発掘していくことが、大きな地球であって、
正しい理想へ向かう覚悟ができるんじゃないか???



トレー二ングでも一緒です。

人間性が乱れた頑張り方や機械的に無理やり情報に自分を当てはめ義務化させる。
でも、、、もっと自然さや豊かさをもって取り組めば、、、視線だって変わってくるでしょうし、
決して「足るを知る」という「妥協」ではありませんよ。。。
でも、、、もっと大きな視野に立ち返れば、、、すさまじい可能性だってあるはずなんでしょうから。。。

うちがこだわっているのは、、、そこなんです。
動作でいうと、、、重力って言ってますけど、、、すごくシンプルです。
でもどこか「豊かさいっぱい」で、、、それでいて、、、すごい機能性を生み出しているわけですから。。。

また、不思議なことに、、、私は甘い指導者ですが、、、本番に強い選手が多いんです。
本番でダメな選手って、普通に信じてやってる人の中から出ないんです。
私もパワーリフティングでは、、、本番でしか頑張れないぐらいで(笑)



間違った執着、自分の価値を下げて自分をいじめる。
・・・・・・こういったことから得られるものは、「ない!!」と私は結論付けています。
自己評価を高め、現状がこうでもまっす未来をみつめ、、、今の豊かさをしっかり味わい、、、
もっと豊かになっていいんだ、と決心し、、、



そういう大きな地球を先に築いていくなかでの島だと思いました。



この歌の2番目が好きです。とてもなつかしい歌です。

もうこれで 帰れない
さすらいの 旅路だけ
このやすらぎの心
知った今では~♪


2番目のこの歌詞がすべてを物語っていそうです。



関連記事
スポンサーサイト