詳細やプロセスは割愛しますが、、、
端的に申せば、、、


鉛直落下に馴染むだけで、、、
重力を正しく受け容れる(仲良くなる)だけで、、、


すごい動作が体現します!!


その動作で鍛えているから、、、


スポーツやその練習の時点で動けるようになり(動きの機転が利くようになる)
ケガやコリとは無縁になり、
まっすぐ整った自然な身体になり、
ながれが良く、代謝の高い、温かい健康な身体になる!!

日常・スポーツ・強化、、、
すべての動作が好転し、すべてが相乗効果を生むようになる!!


・・・・・


これが、うちのトレーニングの紹介であり、「根幹」でもある。
このブログでは、むしろ「枝葉」の部分を紹介していることも多く、
根幹は、ずばり、、、こういうことです。

重力や重りに、、、それだけの神秘があり、、、
でもなかなか、、、そのうわべだけで判断されがちで、とてももったいない、と思ったりもします。
最近ではメカニズムについて立て続けに記載したのですが、、、

その中でも、、、、もっともぼかした部分がありまして。。。それは、、、



重りは、天面から落ちるけど、、、天面からも上がっている!!
重りは、天面から落ちながら、同時に天面から上がっている!!

(体重という重さも、意味として含みます)



じつはここに「大きなエッセンス」があり、、、そこに「大きな実用性」があり、、、
動きや機能面での可能性があるのです!!

でも普通(かどうか???)はこういう言われ方や考え方をされるのでは???



「上から落ちたものは、下から上がる」みたいな。。。。



しかしうちは、、、違うのです!!断固として!!



でも、、、「上から落ちながら、上から上がる」ことほど、、、
これほどまでに、、、当たり前のこともありません!!




理由はいたって簡単です。。。(これまで理由を述べず、なぜだか、、、とぼかしていましたが、、、)




落下する物体が、、、そうでしょう???




うちがやってる動作は、、、そういうこと!!

だから、、、
“重り”を、「見る」「受ける」「受け容れる」のです!!
“重り”に「合わせる」のです!!


だから、、、
当たり前のように、、、「力をほぼ入れずして、落ちながら、、、
なぜか、、、(身体の)天面から、、、上がっていく」のです!!


天面から落ちて、天面から上がる、という身体意識ではなく、、、外部の落下を見るだけでそれが叶う
つまり、、、「身体の内部がどうこう・・・」ではなく「外部が止まらず落下することを受け容れる」のです。
とくにウエイト最中は、、、これが大事。身体の意識・内的注意は、消しましょう。



真下へ押されたままなのに、、、天面から上がっていくスクワット。
真下へ引っ張られたままなのに、、、天面から上がっていくロウイング種目。
[広告 ] VPS


瞬発力系だって。。。。
[広告 ] VPS





また、、、着いた物体も、落下しています。ようは、、、動いています。
静止は、、、動作なのです!!ずっと「落ちている」のです。
「落ちている」ことで、、、「天面から」上がってくれ、、、垂直の相反が成り立つ。

つまり、、、理想の脱力が叶う。限りないストレスフリーとハイパフォーマンスが叶う。



なのに、、、落ちることがなくなれば、、、当然、、、動きが止まります。固まります。
これが、、、垂直方向のない推進運動や回旋運動が、、、すっごく力が要る理由です。
動かないものを、、、動かそうとするのですから。。。

だから精いっぱいの工夫で、、、体幹を固めたりするのです。。。たしかに動けはするでしょう。しかし、、、
・あまりに体幹だけに負担を強いられる
・それならどうして、、、固定せず、、、落下しないのか

そこを言うのです。。。

これは、先ほどの「下から(足から)上がる」というのも一緒で、、、
これも「落下のない固定物」「動かないものを動かそう!!としたもっとも筋力が使われる動き」
あるいは、、、意識して身体の天面から力で引き上げるのでもない、ということです。

だからこれまでの記事で、、、「垂直があったほうが、、、動ける」と紹介したのです。
機能して、、、、当たり前なのです!!負担が少なく効率よく動けて、当たり前なのです!




あとは、、、トレーニングの継続とともに、
身体じゅうが脱してくれ、、、重さになってくれ、、、熟練観念してくれ、、、
いっつでも、、、「落ちる」(上がる)ができ、、、機能するのです。。。



いかがでしかたか???



負担も少なく、、、重さがむしろ心地いい。。。すかっと動けて温まり、、、気張らない充実。
動かそう!!と力んで動かすものではなく、動くものがただ動くだけ!!
ありとあらゆる制限を取っ払い、、、自然であることの良さを、、、味わってみませんか???



もっとクリアなメカニズム



パーソナルトレーニング専用ホームページはこちらです。




関連記事
スポンサーサイト