私も若く素人時代のころ。スクワットをやる際に、見よう見真似、あるいは耳に入る情報で、
「お尻を後ろに出してしゃがむ」「膝が前に出すぎてバランスを崩さず膝を守るため」
なんてやっていて、、、実際に「腰を痛めそうになった」という経験をしたことがあるのです。
動きやフォームがしっくり来ないまま動いていた感じでした。



差別化を意識したわけではないのですが、
ほとんどの情報は、「自分の身体をどう動かすのか」「内なる身体を・・・」という注意ばかり。
だから結果的に、、、安直だと失敗する。だから「複雑に複雑に・・・・・」工夫が求められる。

ところで、多くの成功者とよばれる人らは、それをどうやったら達成するのか、というプロセスや理由づけがははじめからわかっていないケースも多く、「明確な目標」と「(成し遂げる)という強い信念」が次々に道を開かせ、夢の実現につながっている、ということ。



私自身、、、いちいち身体には一切注視していません。体幹だってそうです。
でも、、、、「身体が機能していない」なんて以下の動画を見て感じるでしょうか???

[広告 ] VPS



きっと目に見えない不思議なシステムがあって、そういう事実を「受け容れれば」・・・・・・叶うのです。

動作でいうならば、、、そのひとつが、、、鉛直落下する重力。
「身体」ではなく、「身体の外側」の“動的な落下を”“受け容れる”ことで、
つまり、、、「絶対だ」と信じることで、わくわくしていき、
「なぜだか知らないけど、、、、」「身体のしくみがわからなくとも、、、、」機能するのです。

一見知識に足りないように見えても、、、
(差別化するつもりはありませんが、、、)
「ほんとうのこと」「ほんとうの知識」がある、ともいえるでしょう。。。

でもその外部(重力や重り)が「敵」だとか誤った先入観があって、「打ち勝たねば・・・」となって「意識意識」「工夫工夫」となれば「逆らうだけの自己満足」で終わる。ある意味成功者と真逆の行動になる。
だから、その「重り」への「先入観」を変えてみることも大切になります。

[広告 ] VPS


[広告 ] VPS




こういった動きの知恵は、腕や肩のトレーニング(ワークアウト)にも当てはまること。



私の見解ですが、、、こういった重りを扱う運動も「いちスポーツ」です。
「リラックス」がなければ、「パフォーマンスの低下」「ケガの元」になるのです。
「リラックス」が、「ハイパフォーマンス」を生み「安全」を生むのです!!


ですので、、、いっぱい(高い百分率で)筋肉を使っちゃった!!というのは、失敗動作。ミスショット。
でも、、、、、(動けなくなってもいいから)筋肉をつけたい、とかであれば、これで正解なんですね。。。
皮肉でしょう???(足でしっかり支える、とか、、、腹筋背筋で固める意識、とか、、、もそういうこと)

でも、、、リラックスのハイパフォーマンスでも、、、筋肉はちゃんと作られますから。。。
「動きの質に見合った身体」であることと、
「いい動きならそれだけの重量も安全に扱え、結果的に負荷も(的確に)行き届く」ということと。

わかりやすく言い換えれば、、、
ダンベル体操は、ダンベル体操であって、筋肉体操ではない!!
ということ!!



【関連】実用性について
【関連】「なぜ???」が要らない理由



【参考】「なぜだか知らないけど・・・・」の秘密が以下でクリアになります。
クリアになったメカニズム




関連記事
スポンサーサイト