武田さんの数学教室・2015

これまではだいたい上記のような主旨で、同じパターンだったのですが、、、
たしかにそれも、、、大事なことで、、、カタチを超えた遊び心や豊かさが良い発想を生む。
想像が創造を生む、イマジネーションがクリエイトする。

でも今回は少し主旨を変えて。。。

「数式上はイコールでも、イコールではない」
ということについて。

これも、こういう考え方も、自分らしさを作ってる部分で、
そういう思いが根にあったから、
それがイマジネーションの質やクリエイトの質を作ってくれたのだと思う。

素直に感じればいいんです。
数式のようなもので納得するんじゃなく、
違う、と感じれば、違う、と思えばいいんです。

では話を進めます。

「これ」というものと「それ」というものがあって、
「これ」と「それ」とは「正反対」なことだとしましょう。
結論です。

「これ」がやりたいんだ!!ということと、
「それ」がいやなんだ!!ということは、
一致しない!!どこか引っかかる!!




そういうことなんです!!
一致しない、とずばっ!!と感じた人や、どこか引っかかる、と感じた人は、
それでいいんです!!それが正しいんです!!その素直さを褒めるべきです。

違いはわかりますか???


たとえ数式上や考察上は一致していても、、、
「注目する側」が異なっています!!



マザーテレサの名言で、こういうのがあります。
「私は“戦争反対運動”には参加しません。しかし、“平和運動”ならいくらでも参加します」


前者は、破壊的で戦意さえ感じられますよね!!
後者は、温かく平和を純粋に求めた豊かさがありませんか???


注目する側が変われば、、、こうまで変わるのです!!


注目する側がいわゆる「ネガティブ側」だとすれば、、、、
行動の動機は、、、(面倒を)避けることが主旨になります。
つまり、、、、「じゃあ、、、あなたは、、、何がしたいの???」がないんです!!
むしろ、、、本来あるべき目的さえも「ぶれてしまう」!!


注目する側が「ポジティブ」だから、、、
行動の動機だって単純ですよね!!「好きだから!!」
つまり、、、「はっきりくっきり主体性を持って豊かでまっすぐ」・・・・・だから、向上するのです!!


関連記事はこちら
関連記事ふたつめ



運動やワークアウトは、義務ですか???
あえてこれ(苦痛を伴うことや義務感・とりあえず)をやったほうが、、、という計算ですか???
いじめなければいけない。苦しまなければいけない。

でも、、、苦しむことが主旨になれば、、、結局自分を見失います。

ほんとうは、、、「こうなりたい」という理想が先に来ます!!
理想が先に来ます!!
現状ではなく、周囲の現況ではなく、
「こうなりたい」という希望が先なんです!!

だから、、、行動が決まってくる!!この順序を間違えてはいけないんです!!



これは私のパーソナルの指導方針ですが、、、
良い動作でやれば、うまく鍛えられ、代償もないのに、強さとやわらかさが叶う。
考えなくても、、、つながってくれる。生活まで快適になる。
動けてるだけあって、見た目(身体つきや筋肉のつきかた)も違ってくる。

頑張ったか、追い込んだのか、ではなく、「変わったのか」

そこだと思います。参考動画集


関連記事
スポンサーサイト