車の運転でもそうですが、ゆとりがなくなると、かえって危険。判断を誤ってしまう。
ゆとりや遊び心があるから、、、的確な判断や理想の発想が生まれるわけです。
いい環境や悪い環境は、そういう部分に現れると思う。明るく豊かなのか。忙しくみすぼらしいのか。

いい環境で出会えるいいおもてなしやサプライズは、そういう部分からも来てると思う。
自分も好きな仕事をやっているから、わかるし、最近そういう場所に継続して通っているからわかる。
でも、、、カタチがどうだから、、、とか、色々いう人はいる。意に返さないことだ。黒いだけですから。。。

もてなされたなら素直に喜ぶ。美しいものを見たら素直に嬉しくなる。褒められれば素直に受け取る。
表だけを見ればいい。裏を見ようとしない。見えても、見なかったことにすればいい。
裏を読んだりせず、計算したりせず、素直に感じればいいんじゃないか???って。
百貨店など高級感あるサービスも、老舗や地元の販売店などのサービスも、根底が一緒なんです。

そういうのを受けた嬉しさを知ることも、こちら側からももてなしたい、と素直に思えるきっかけにもなる。
どこか自分には、、、いえ、、、多くの人にも、、、
根っこからそういうものに美しさを感じるものではないのだろうか。

堅物になって、カタチどおりにしようと課題を義務化させるのではなく、
ゆとりと遊び心をもって、豊かで素直でありたい。
ノルマばかり・経費削減ばかりで真の意味や価値をいい当てていないのではなく、
「ほんとうにいいもの」「ほんとうに魅力的な世界」をわくわく手作業で作っていくのが理想だと思う。

そもそも計算高く、疑ってばかりで、腹が黒いというのは、不健康です。

健やかで、まっすぐで、遊び心もあって、絶妙な調和。豊かさと健やかさいっぱいの白さ。

そう、いっそのこと腹はコーティングされたぐらいの白さがあってもいいんじゃないか???
悪いものをはじいてくれるわけですから。。。
それぐらいのまっすぐさがあって、いいんじゃないか???

カタチに縛られて、狭い視野や現実に縛られて、大事なものを忘れて、
それがいちばん後悔するはずだから。。。
カタチを超えた楽しく豊かなもの、、、、それがうちのウエイトトレーニングでもあり、
それをを惜しみなく提供する、、、それが、自分の仕事でもある。

関連記事
もうひとつの大切な理由
お・に・く♪
一丁350円の豆腐
無音のせせらぎ






浜田省吾 on the road(←クリックで聴けます)

訊けば一瞬、、、わずかな望みも断ち切ってしまうかのようなクールさがあるけど、、、
そうじゃない!!
この歌こそ、、、まさに、、、腹白い歌だと思います。

一番目では、
軽々しい誘惑に負けるんじゃなく、もっと(高い理想を持つ)素顔と向き合え!!って。
二番目では、
気を紛らわしても内面は変わらない。でもすばらしい内面は、誰もが持つじゃないか!!って。

やさしい歌だと思います。



関連記事
スポンサーサイト