コーヒーはスタバしか行かなくなり、買い物は百貨店や専門店が中心になったんですが、、、
スタバや百貨店・専門店を選ぶ理由は、、、ね、、、
たしかに「商品の品質」(店員の遊び心溢れるすっごい知識も含め)」にあるわけだけど、、、

もうひとつ、、、もっと重大な理由があったのです!!

むしろ俺は、、、それを味わいたくて、、、足を運んでいるようなもの。。。

だいたい、、、勘はつかめた人もいるかもしれないが、、、俺らしい理由です。。。
もったいぶらずに申せば、、、、



人が作り出す豊かな空気や環境を、
肌で味わって、体験して、
そういう(プロが奏でる)豊かさシャワーを全身で浴びるため




って大げさな言い方になっちゃったかもしれないけど、、、

すっごい豊かな空間や環境、嬉しい待遇、など、。。。それも含めた価格なんです!!
たしかにビジネス本とかで色々書かれてますが、これも実際に体験してこそわかるんです!!
そういう学習目的でもある。でもあえていうと、、、それは結果論で。。。。

もっというならば、、、実際に「私や私の商品や私の心を大切に扱ってくれる」んですね!!
そこがいちばんの目的ですね。。。自分のことを大切に扱ってくれる。
嬉しい気分・豊かな気分にさせてくれる。。。そう、、、自分の価値を引き上げてくれる。

やがてこれも、続けると、、、、(自分の価値を)引き上げていいんだ!!って思えたりしてくる。。。

掻い摘むと、、、店員は俺の職業や人格なんか知らないわけでしょう。。。
ようは、、、何も持たない「一人の人間」として「価値」を持たせてくれるわけ。。。
何かをなしとげなければ得られない価値じゃなく、、、わかります???

しかもそれは、、、他の接客を見てても見て取れる。そういうのを見るとまた、嬉しくなる。。。

そういう人が作り出す豊かなもの。ひとりひとりがプロの個が集団になった「美しい空間」

百貨店ならば、、、レジで支払いのときに、、、生ものひとつひとつに、保冷材を入れてくれたりする。
おつりとレシートは、、、必ず、、、“別々に”くれるのよねん♪♪
お肉の専門店でも、、、肉が丁寧に包まれている。。。料理するときに嬉しくなる!!

当たり前の顔をしてそうしてくれる。。。当たり前のように、、、そこが嬉しいじゃないですか???
きっと商品そのものにも愛がある、とうか、嫁入り前みたいな、ね。。。でもさりげない。。。そこが良い。

スタバでも実際に、、、これは上司の指示を仰ぐのではなく、
“こうしてあげたい”という店員の”人の心”が、おもてなしを起こしたりするんです。
これは実際に自分の目の前で最近起きたことですし、自分もそういう対偶を受けたことがある。
またこの点は、後日

高いサービスというのは、「計算」「損得」「ポイント稼ぎ」とかじゃないって、本には書かれてあるけど、実際に現場でおきてるんですから!!しかもそのサービスをしても、誰かから褒められたりする保障はない。でも、、、それが目的で起こしたサービスではない。サービスではなく、おもてなし。見返りがないからこそ、、、やった側も気分がよくなる。そのはずだ。

たしかにある程度の接客などに関する「マニュアル」はあるのだろうと思う。しかし、おもてなしに「マニュアル」は存在しない!!ということを、現場でも見させてもらえている。あえていうならば、、、好きか嫌いか、、、という純粋な心・計算ない心で行動する。豊かな人は、損得勘定ではなく、そういう選択をする。でもこれが正しいことをスタバや百貨店は教えてくれてる気がします。ようは、「プロ=豊か」なんです!!(注:その“好き”である内容の品質も大事ですけどね、、、、、)

そういう人らが集まった空間。そういう波動が空間を作る。良い待遇を受ける。
そりゃ、、、そこを選びますよ!!

もっというならば、、、少し脱線しますが、、、
これは「ディズニーの神様シリーズ」の本に書かれてあったことだけど、、、
そこに書かれてあった、だいたいこんな感じ、、、

「何でも入社式は、ソファーで研修を受け、先輩からコーヒーか紅茶、お菓子?をもてなしてくれる」
「まず自分が“もてなされること”を体験することで、もてなすことがわかる」
「それが、誰かを“もてなす”基本になったり、原動力となったりする」

だから自分にとっても、、、こういった体験が、、、自分を満たすだけじゃなく、
指導者としての学びにもなっているし、刺激にもなっている。。。
理想が、、、高まっていく!!もてなしたい、、、と思える。自分がもてなされることで。。。


そこなんですね!!


そうやって、、、(何も持たない自分でも)自分を大切に扱ってもらい、自分が大切になってきて、、、
判断基準も損得勘定、、、ようは安いほうを選ぶんじゃなく、価値あるもの・好きなものを選ぶことにもだんだん慣れてきたり、あるいはこっちが影響を受けたり、、、ようは自分の成長の場として。。。
あるいは、、、いい空間で過ごせ、、、快適で豊かさで溢れ、、、豊かを受け取って、、、嬉しくなって、、、


それが、、、(商品の品質以外の)もうひとつの(選ぶ)理由です。。。


関連記事
スポンサーサイト