にほんブログ村 その他スポーツブログ パーソナルトレーナーへ    にほんブログ村 その他スポーツブログ トレーニングへ    人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ


[広告 ] VPS



[広告 ] VPS



ぶら下げて、、、重りから上がる。(身体より先に、重りが)

そう当初は書いていました。

訂正します。



ぶら下げる、支える、など、、、、ようは、、、重さを受けます。重りも身体も落ちます。

このとき、、、ぶら下げるなら、引っ張られ感。支えるなら、押される感。
これで、、、重りの位置関係が「見れた」ことになります。いわば、、、「距離勘」が掴めた、ということ。
重りと身体との間にできた(縦の)距離です。牽引なのか、圧縮なのか。

この距離を変化させない・維持することで、、、(重りが)(重りから)上がっていきます。
リラックスが実現し、自己本位な動作がかき消されます。
これなら、、、間違いなく、、、やわらかい!!やわらかくなる!!動けるようになる!!

とまあ、、、これは、、、「落ちる」当時だった過去の考えをそのまま用いただけでしたが。。。

だから、、、重りを受けすぎた場合は、、、
つまり、、、受けすぎて今いち(重りも身体も)上がってこれない、、、なんて場合は、、、

牽引種目(ロウイングやカール)なら距離が維持するのではなく、さらに牽引されていたりします。
圧縮種目(スクワットなど)なら、さらに圧縮されてしまったり、ようは距離が維持できていないわけです。
このような可能性は、考えられます。

ようは、、、はじめに重さを素顔で受け取ったときのままが、、、もっとも動かせる!!ということ。
上の動画なら、スクワットという運動でそれが出ています。
下の動画なら、前傾させたロウイング運動でそれが出ています。



関連記事
スポンサーサイト