動きの話は、そろそろもういいか、と思っていて、
主体性と方向性だけ改めて整理しておきます。

自前の筋力や操縦だけでは限界がある。他力を借りてギアチェンジ。

それが、うちのやってることです。
「力を拾う」、、、いえ、「動きを拾う」。(拾う以上は、対象が自分の外部になる)
ひとつの可能性の発掘だったのです。

それがわかりやすいように「重り」という外部があって、(上がる)重りに習うのです。
重りが、力を貸してくれるのです!!(敵ではなく)
そこが、“うちらでいう”ウエイトトレーニングの位置づけになる。関連記事はこちら

しかも嬉しいことに、

熟練すれば「(重力)空間」から動きを拾えたりできるようになってしまう。(体重は意識にはない)
それが、うちのトレーニング後に身体がやたら動きやすくなってしまう理由です。
それが、、、なぜだか動けちゃってしまう動きの実用性の秘密です。

また、重りが重くなれば、“拾う”という“難易度”も増す。これは、アスリートには嬉しい話。
つまり、、、強度設定やレベルの向上にもつながる。
(もちろん、いつも難しいことをやっていても、パンクしますので、調節が大事、、、と)

筋力や身体への情報を駆使したその意識や操縦、、、すべて自前です。
限界があっさり来るとわかっているから、しかも負担だって明らかに大きく、不自然でムリがあるから、、、
うちらでは、さっさと“頼りになる他力”を借りることにしています。

しかも、自前に頼れば頼るほど、大きな他力を借りられなくなります。
(案外、人生経験豊富な方のほうが、、、実は有利♪)
自前を減らしていくことも重要になります。
ウエイトトレーニングのような重りを扱う運動では、じつはそれがつかみやすい。

これまで自身は、その借り方だけを今日まで進化させてきただけだったのです。
そして、現場では、よりリアルに「借り方」「拾い方」が会得できます。
まるで、、、重りにモーターでもついているのでは???と思わせるぐらいに。。。

【追記】でもそも元は、、、自分の意思です。他力のようで、じつは隠された自力。


関連記事
スポンサーサイト