2015.05.31 気張らない
「これこれができてから、、、それができる」
これでは一生かかっても、それはできないでしょう。
できたとしても、理想とどこか違っていたり、、、いびつなものになってしまったり、、、
それよりもまずは、「それ」をやってみること。叶ったものだ、と思って。

じつはこれは、私がトレーナーになった駆け出し当初の自分でした。
「根拠のない自信」だけがありました。
だから、、、今の自分があるのです!!

そして、自分でならではのこだわりとして、
高校3年からあった「動作」のあり方が20年以上かけて進化させてきました。
たとえば、、、動作でいうなら、、、

筋力がなければ挙がらない
意識しなければ動けない

これですべてを叶えようにも、一生かかっても手に入れられない筋力などがいることでしょう。

重りが上がるから、重りが挙がるわけで、
身体が動くから、身体が動かせるわけなんです。
他力本願になれるかどうか。自己評価をもっと高められるかどうか???
頑張る、というのは、それだけ自己評価を自分で下げているから。

自信も同じ。
何かを達成するから自信がつくのではない。
これではやってもやってもまた自信が持てなかったり。。。
先に自信を持つことで、結果が伴うのだと思います。

良い動画をご紹介します。
「世界一になりたい、、、と思うからなられへんねん。なりたい、、、ではなく、なる!俺が、なるものだ!」
関連コラムもどうぞ

最後に、、、

相手と比べて自己評価の水準を決めるのではなく、
自分が自分を高く評価していれば、そういう水準は気にならないし、
人は他人にたいし、やさしい行動になると思う。

自分はたしかにアイデンティティの塊。そういわれることもしばしば。
だからこそ、、、逆にそれが知られなくてもいい。出さなくても良い。
あるんだから。。。

ちょっと頑張りすぎてたかもしれないな、と振り返った。
でも、、、、「自分がこうなんだ!!という方向性」、「自分がやりたいこと」。
これだけはこれからも貫きたいと思うし、指し示したいと思う。

それが結局、、、、ニーズを超えたウォンツになるから。
でもはじめから、、、ニーズもウォンツを求めていないし、それができないのが素顔です。
好きでやってるだけ。でも、、、自信はある。


関連記事
スポンサーサイト