もぐること、、、じゃないかな???って。

何度も触れてるように、「身体が動く前に、重りが先に上がる・動く」わけです。
重りが先に、上がるのです。
つまり、、、身体は(結果的に)重りにもぐりこむ位置関係になるわけです。

もちろん、これは間違った考えですけど、
「身体を主体に考えて、重りにもぐりこんだ身体(を主役に)の真上に重りがある」みたいな。。。
あくまで、「重りが先に上がったから」という話です。脚キックではないと思います。

[広告 ] VPS



だから、、、デッドリフトも同様。重りが先に上がるので、もぐることが、基本になります。
でも、間違っても、脚の上に重り乗せるような過ちではない。脚キックではない。

[広告 ] VPS



それぐらい、、、先に「意思」が届いていて、挙上動作はじつは、叶ったあとの見直しみたいなもの。
ようは、、、、「早い」わけです。「早くて、当たり前」なのです。
プロセスどころか、、、事後処理なのです!!

でも考えてもみてください。
いろんな日常動作は、無意識レベルで意思が働き、意思どおりに動かせているでしょう???
ようは、、、本来「事後処理」で動けているはずでしょう???
そして、、、早いはずでしょう???エスカレーターでもそのほかでも。。。事後処理でしょう。。。

だから、、、ほんとうは、「できている」し「持っている」

でも、、、少しでも特別な動作や全身運動になったら、、、、、、、、(乱れますね)。。。。

そこに気づいたなら、、、

まずは重りでそれを思い出すのです。
だって今はすでに「(身体の)内面で問題が起きている」のですから。
問題が起きている部分に注視せず、中立な外部を注視し、疎通し、即通させていくのです。


関連記事
スポンサーサイト