歩く走る際の腕振りについてです。
尚私は陸上専門の目線を捨てた見解で申します。

以前の自分は、「腕振り」を振り子のように落下を利用し地面への加重を促す手段として利用していましたが、今では違います。「腕振り」も含めて、前へ進むだけです。以上。。。



とハウツーにならない話でしたが、少しだけ話を伸ばします。腕振りという「腕」という部位に意識が行くのが良くない。身体意識身体操作、つまり動けない「内的注意」になるから。腕という部位を捨てるべきで、あえていえば全部か無かです。「腕振り」は「もも上げ」のことでもあって、ようは、腕も腿(もも)も捨てているのです。全部か無か。前に行く意思が先に叶っていて、ただそれに准じて進むだけ。以上。。。



関連記事
スポンサーサイト