早さが大事なわけの追記です。

というか、、、議題が決まっていたにも関わらず、話が脱線してしまったせいで(いえ、自分のせいで:笑)、ほんとうに書きたかったことをいつの間にか忘れてしまってて、それを思い出したので、、、ってむちゃくちゃな流れですけど。。。でも、脱線しながらも触れるべき箇所には触れらているんですけどね、、。

さて、、、もう脱線しません。。。今度こそ。。。笑

ほんとうに書きたかったことは、

そのプロセスがいかんのだ!!ということ。
もっと素直になりましょうよ!!ということ。


歩く走るなら、前に進みます。ぶっちゃけ、、、前に進むから、前に進むのです!!
重りを挙げます。ぶっちゃけ、、、重りが上がるから、重りが挙がるのです!!

これをいちいちプロセスを考えて、

前者なら、、、後ろや真下にキックしたり加重したりするから進む、というのは、素直じゃないんです。
後者なら、、、どこぞの筋肉や筋力を意識して使うから挙がる、というのは、素直じゃないんです。

このプロセス(素直さのなさ)によって、動きがワンテンポ遅れてしまうのです。
しかも、、、早さが大事なわけとつなげますが、、、
そのプロセスは、たいてい間違っています!!だって、効いちゃうでしょ????筋肉に!!
(注:私の解釈・・・筋に効く=偏った筋の使われ方)

後ろ足でキックしたり、とか、、、、重りを扱うでも一緒ですけど。。。
だから、ワンテンポ遅れる、わ、、、偏って効いてしまう、わ、、、で。。。
でも、、、そこに「充実」を求めてしまってて。。。。。でも、実感と実動は、違います!!

ほんとうのプロセスは、そこにはない、ということ。これでは、身体作りで終わる「筋トレ」です。
プロセスがあるとすれば、、、すでに叶っている、という自覚ぐらいでしょう。
つまり、、、プロセスではなく、叶ったことの事後処理。叶ったことをただこなしているだけ。
だから、、、スポーツである「ウエイト」をやれば、、、ほんとうの自分(の早さ)に帰化できるわけなんです。
(注:私の解釈では、「筋トレ」と「ウエイト」はまったくの真逆)

だから、、、早さが大事!!早さを奪わない本来の素直さが大事。
素直さとは、、、
できちゃったからできちゃったのであって、わかったからできる、のではない!!ということ。
できちゃったから、(ほんとうのことが)わかるのです!!



関連記事
スポンサーサイト