[広告 ] VPS



動画の題名(早いながれのファーストありき)と、記事の題名(セカンドありきのファースト)、
一見矛盾してますが、、、じつは「一致します」!!

セカンドという一瞬の華のために、、、すべてがあるのです!
だから、、、
ファーストの早いながれ(つまり、身体よりもバーのほうが先に上がっていくながれ)が大事。

ですので、、、ファーストだけで終わってしまう「デッドリフト」も、
セカンドにつながるような「上がり方」であるべきなのです。
だから、、、「身体よりも、重りが先に上がる」「身体で挙げるのではなく、重りが上がる」

ながれさえ早ければ、、、いつでも「噴射」できる!!
上がりさえすればいいのではなく、
「タイミングのための早さ」でありたいし、「早さありきでタイミングが決まります」。

でも、、、力んだシュラッグデッドリフト(っていう名前ではないのですが)にはしたくはないですね。。。
案外先に、「セカンド」を覚えちゃってから、、、「そのためのファースト」のほうが、「理に適う」
これまで、こういったウエイトリフティング種目は、「アスリート対象」でしたが、
こういう視線になれば、、、「一般フィットネス」にも用いる価値が生まれてきますね。。。


関連記事
スポンサーサイト