初めて知った方には衝撃かもしれませんが、、、
ウエイトトレーニングは、、、
重りを手なずけて「上がる」もの。(重りに逆らって力を出して「挙げる」ものではなく)

身体を注視した「内的注意」ではなく、重りを注視した「外的注意」という動作。
言い換えれば、、、
身体(筋・関節など)をどう動かすか、という「内的注意」ではなく、重りがどう動くか、という「外的注意」

機能面では「外的注意」のほうが勝ります。
でも、動けなくなってもいいから筋肥大であれば「内的注意」が勝ります。
これは、科学的根拠でも言われていること。

あなたの目的は何ですか???
もし動ける身体や怪我しない身体を目指すなら、、、身体への意識はしないことです。
主体をきちんとみつめること。でも、そうやってはじめて「真の主体」がわかるものなんですよ!!

あとは、、、重りから先に上がってくれて、あとから身体が動くぐらいのニュアンスです。
身体のどの部分から挙げよう!!ではなく、重りから上がる!!
つまり、、、「早い」という「動きのながれ」。
でもこのながれは、いたって普通で、エスカレーターに乗る際降りる際なども自然にできていることです。


[広告 ] VPS


もちろん、、、外的注意の動作で鍛えても、きちんと「筋肉はつきます」
どちらかといえば、「整ったつき方」だと思います。
「動きの質」に見合った身体ができ、コンディションもついてくるのです。

あなたは何を優先しますか???



ではさらにもう一歩進みましょう。
早い「動きのながれ」がわかりました。もうこれで充分なんです。
なぜなら、、、
動きのながれさえ伴っていれば、、、タイミングも合うから。大きなインパクトも自然発生するから。

しかし、、、「この実用感」をウエイトトレーニングで味わえるのです!!
それが、以下の動画になります。準備動作は先の動画と同じ「(重りの手なずけによる)早いながれ」
その「ながれ」があれば、、、合ったそのタイミングで、自然発生するのです。。。「瞬発力が」

そう、、、瞬発力を「別もの」と考えて、うっかり「二段モーション」にしてしまうのではなく、
「二段モーションにならない学習」「使える学習」として、ウエイトリフティング動作はとても役立ちます。


[広告 ] VPS



うちでは基本スタンスとして、、、

スポーツされる方(ケガ予防も自然と含まれる)であれば、前者と後者の採用。
そうではなく
身体づくりや機能的体力の向上など(ケガ予防は自然と含まれる)であれば前者を中心に。

としています。


あなたの目的は、何ですか???
いい動画を見つけましたので、リンクしておきます)




関連記事
スポンサーサイト