どうも意味があいまいになりがちだったと思いまして、
「タイミングという言葉」の意味を申しますと、「(それをすべき)時期や瞬間」
つまり、、、タイミングは、ながれではありません。

では先の記事の補足。

早いながれが、、、タイミングを合わせてくれ、かみ合う、ということ。ようは、、、
早いそのながれがあるおかげで、ここぞという瞬間にもかみ合って大きな出力も出せている。
そういう意味です。

ながれを断ち切ったかのような、力んで作ったタイミングではないのです。
これではいわば「二段モーション」。ワンテンポながれが遅れていて、余計な力みが強いられる。
そうではなく、早いながれから自然発生してくるのが、瞬発力!!となるわけです。
また、タイミングを合わせよう、、、では、ながれで終わってしまい、大きな力が出ない、ということ。

ですので、パワーという仕事率も、
「手なずけで早く動けたその出力」×「時間」という「積数」になるわけです。
その積数、いわば、時間とともに増幅されたものが、「タイミング」とともに解き放たれるのです。

小刻み走なんかやると、、、うまくいけば、、、
早いながれが強いられる中から、
「どこかかみ合ったタイミング」「大きなインパクト」が「発生してしまう」わけなんです。意図した強いキックとかではなく。


ウエイトトレーニングでいうならば、、、


[広告 ] VPS


こういった運動をうちでも取り入れるようになりましたが、意外に大事なのが、、、
セカンドでバーが跳んでいくことよりも、その準備段階、ファースト部分のデッドリフトの部分。
ここの部分でこそ「身体よりもバーベルのほうが先に上がる」様な早いながれを築けるか!!


あとの部分(セカンド)はたしかに一瞬の華なのですが、、、私の中では余興みたいなもんなんです。

でも、、、ここまでの話のながれから察すれば、、、意味わかりますよね。。。

そのセカンドの華の部分が「力んだ二段モーショ」ンになれば、
スポーツにも活かされないし、かえって悪化させるか、負担やケガにつながるか。
ここをつるっ!と流れながらも、、、、「なぜか!!大きなかみ合ったタイミング」になっている。

そういう手品のような出力こそ、、、究極の実用性だと思うわけです。

「早いながれ」という「積数」が、、、
「かみ合ったタイミング」「繕っていない大きなインパクト」につながる。

もう、、、二段モーションはいらない。でも、、、ながれだけでは終わらない。



関連記事
スポンサーサイト