元々ひとつの記事を二分化した後半部分になります。



さて、、、早さ(タイミング)の自動化が動きの質だと結論づけた現在。
じゃあ、早さ(動きのタイミング)の自動化が叶ったのなら、、、、もう重りを扱う必要、あるの???
という疑問が浮かび上がったので、今回はこれを議題にします。

ずばっと結論を申せば、、、私の答えは、、、ノーです!!

身体づくりのための過負荷が必要???という理由からではありません。

その理由は、、、たしかに「過負荷」であることに意味があるのですが、、、
ただ理由のひとつは、、、やっぱり今もトレーニングしている人は、どんどん成長している、という事実。
では、、、それ以外での分析からの理由をこれから述べてみたいと思います。

その理由は、、、、




早さの質と内容は、どこまでも高められるから!!



強さや速さは、、、、すべて「早さ」に言い換えられます!!
だから、、、、過負荷で鍛える価値があるのです。

もちろん、
力んだら、何の意味もありません。
身体じゅうを意識してたら、ワンテンポ遅れて意味がありません。


もういちど確認します。
言ってしまえば、、、重りを挙げるとは、、、重りがワンテンポ早く上がることで挙がるもの。
それが自動化する。ただ、、、早さの指標である「強さ」「速さ」を調節できる「重り」、、、という結論です。

[広告 ] VPS



歩いていて、急に走り出したいとき、タイミングを自動的に合わせて動きが叶います。
意思を働かせなくても、叶うものです。
この「早さ」の質や内容を高める「トレーニング」ということです。

もちろん、重すぎて早さにかみ合わず、重りに逆らう、重りに潰される、誤ってかくんと抜けてしまう、など、重りを手なずけられなかった場合は、失敗動作になる。単純に筋力が強化されるだけに終わる。ただし、成功体験を積んだ人ならこういうミスも勉強になる。一度や二度の失敗ごときで身体が乱れるわけではなく、成功体験のほうが強く記憶されている。一にも二にも、成功体験。とくに初期段階では、うちでは軽めの負荷で行う理由もわかりますね。。。



以上、、、うちだけの解釈となります。
二分化させて、話はかぶっている部分もありますが、内容テーマを絞って二分化させました。

前半はこちら


関連記事
スポンサーサイト