もともとひとつだった記事を、二分化します。まずは前半から。


ウエイトトレーニングは、重りを手なずけるもの。身体ではなく重りという対象物をどう扱うか。
うちはこういう考え方なのですが、
では自体重ではどう動くの???対象物がなければ???ようは実用面では???

これに対する解釈では、、、

以前は自体重を重り(身体の外部扱い)として扱う、という解釈でしたが、
今は違います。こちらでも、そう結論づけています。

重さを手なずけて行うウエイトトレー二ングの行き先は、早さ(ワンテンポ早い動き)なのです。

ウエイト動作では実際に、身体が動くよりも前に、重りが先にワンテンポ早く動く感じになる。それを見ながら動作が自然に行える。うちではそういう感じ(主観)です。重りを注視する「外的注意」という動作に、ひと味スパイスが加えわっています。言ってしまえば、、、重りを手なずけて上がったときには、「自動的な早さ」が実現しているのです。早い動きがすでに自動化しているのです。そこが、実用性!!だから、、、自体重になっても、いちいち体重を手なずける必要もない、という解釈です。


[広告 ] VPS



先日は、「意思と早さが比例する」と申したのですが、、、意思よりは「自動的」でありたい!
そこを鍛えている。そういう実用性が叶う。早さ自体は、、、自然。むしろ、、、復元される感じ。
歩く→走るの切り替えも、余計な力みなどがなければ普通に叶うもの。


意思も力みになってはいけない。重りが重くなっても、速く動かしたくても、
重りにモーターがついているかのような「早さ」が「自動化」する。
そういう動作をうちでは心がけている。


後半につづく


関連記事
スポンサーサイト