2015.05.03 感性の違い

[広告 ] VPS


あえていうならば、身体への感覚はない。
ジャンプするのに、高く跳ぶのに、アキレス腱・股関節や膝や足首、ましてや体幹など論外で、
そういった身体へのうちなる意識はない!!

あるとすれば、その高い土台を見ていたことです。
ぶっちゃけ、土台があったから、跳べたぐらいですから。。。
(笑:土台なしに跳んでも、あまり高く跳ぶ自信ありませんもん。。。)
身体を体にする重量感覚さえなかったのが現状。もう自動化していますから。。。

だから、、、運動感性は、音楽・楽器のような「身体で感じる」ような感覚とは違うと感じています。
もしかすると陶芸とかそういう熟練の術に違い。
感じる前にできている。感じていては、できない・動けないのです。

こういった感性の違いを私は感じています。運動は音楽とは違う。感じ方が違う。

これを一緒にすると、体幹トレー二ングを含めた筋肉バカになってしまう。
でも、ボディビルは、音楽の感性に近いと思います。研ぎ澄ますものがありますから。
でもこれを運動でやってはいけない、と思いますし、運動の強化としてやってはいけないと思います。

【関連記事】
ビルディングとリフティングの違い
クリック・必見)


関連記事
スポンサーサイト