[広告 ] VPS


重りを手なずけていることに“なっている”感じです。
そのために、身体は重りへ歩み寄り、重りが身体へ歩み寄る。(これも協働のひとつではあるが・・・)
両者が同程度の歩み寄りをして、そこという場所へ来れば、対象物はもう、見なくてもいい!!


科学的根拠で言われているのは、

・自分の身体(筋肉や関節など)に注視・意識を持っていく「内的注意」という動作(うちでいう筋トレ)
・身体の外側や対象物(重り・壁・地面など)に注視させる「外的注意」という動作
・身体の内部外部どちらへの意識を持っていかない「ニュートラル」という動作

機能を改善・動きをよくするのであれば、「内的注意」<「外的注意」
筋肥大・筋刺激を促すのであれば、「内的注意」>「外的注意」


とあり、追加項目として、

動きの熟練者であれば、、、「ニュートラル」であることがもっとも機能する!ということ。

うちは、外的注意とニュートラルが混同した感じではあったと思う。
針の穴に糸を通す際も「外的注意」。
しかし熟練したのであれば「ニュートラル」ようは「自動化」する。

重りという対象物。たしかに実質は「手なずけて」いるし、「重りとの協働作業」で動けている。
しかし、そのための「技術」があって、それが「歩み寄り」
この「歩み寄り」によって、「歩み寄り」自体は「外的注意」だが、
その後「上がっちゃう」のは、「ニュートラル」だということになります。


スクワットとか、はじめから担げているのであれば、慣れないうちはシャフトを見たほうがいいかもしれませんが、ぶっちゃけ、、、、、慣れてしまえば、何にも注視しないほうがうまく動けます!!それが上の動画です。(そういう理由で、動画では「クリーンの後にフロントスクワット」「スナッチの後にオーバーヘッドスクワット」を入れています)

技術は、、、人を「ニュートラル」へ押しやるもの。

そして、、、ウエイトによって、計り知れない動作技術が獲得されています。
すでに「動けちゃってしまう」のです。やった方ならわかる話。
だったら、、、もう一切、、、どこにも注視しないこと。任せること。「動けちゃってる」のですから。。。

関連記事:身体を入れる


関連記事
スポンサーサイト