[広告 ] VPS


[広告 ] VPS


こういうトレーニングをしている人への愚問があります。それは、、、
「体幹(鍛えてるの)???」
こういうのを「筋トレ」といい、「ビルディング」とやってることが変わらなくなります。

よくスポーツ補強で「使われる筋郡を筋力強化したり」「その筋郡が使われる類似動作をしたり」といった誤解が起こるのもそういうことで、機能を高めてこその強化ですので、「高い百分率で筋郡が使われた=機能的ではない」のですから。あるいはそういった動きのながれやメカニズムが大事であって、ウエイトもひとつのスポーツとしてこなすべきなのですね。

もっとも総合的なスポーツをやるのですよ!
もっともスポーツからかけ離れた筋トレをやるのではなく。

重りを手なずけ、使われる筋力は最小限。すべては協働で成り立つ。
この動きのセンスを鍛えています。
だから、、、
「強さ=やわらかさ」ともなり、硬い強さよりも遥かに強さが芽生え、しかも総合的なものが築かれる。

発想や思考もやわらかくなり、どこか簡単そう。頑張ってなさそう。そう映るかもしれません。
しかし、硬い頭で安直な繋げ方(見た目には努力してるようにだけは映る)にはならないもの。
なぜなら、、、前者のほうがじつは、、、「(本質が)わかっているから」です。

繰り返しますが、発想や思考回路も含め、後者は「筋トレ」。前者は「ウエイト」です。


関連記事
スポンサーサイト