2015.04.21 姿勢
「姿に勢いがつくことで、姿勢が身につく」
腹筋運動や腕立て伏せなどの筋トレで勢いがついて、姿勢ができる、と。
このことを、接客論としているビジネス書を見た、私の見解を述べます。

私は言語学者ではありませんので、これについての正誤は判断しかねます。

しかし、「姿に勢い」を受け容れたとしても、
その勢いは、筋力で繕った勢いや威勢であってはいけません。
本来あるべき姿に自信を持つことで、勢いがつくのです。

力に頼らない。協同でウィンウィンであること。
本来あったものに目覚めて、繕った自分を剥がしていき、自分を信頼できること。
ウエイトとは、そういうもので、筋トレとはその真反対。

きっとその接客論も、人としてのあり方を磨きなさい、ということを述べたかったのだと思います。
経験によって、「マニュアルを超えたおもてなし」を磨いていきなさい、と。
そう私には感じ取れました。


関連記事
スポンサーサイト
Secret