じつはこれでも、、、中学高校ではこの学科はそこそこ。。。
でもこれも、自分のルーツかもしれないな!と思ったので、半分遊び心で記述します。
自分が求めているのは、「自然」というか、「表面的な暗記もの」じゃないわけです。
公式や法則とよばれるものには、その「元」があって、

そう、、、誰かが発見したものなら、誰しも発見できる

これが持論です!!だから数学が得意だったのも、暗記した公式を利用するんじゃなく、
公式さえもはじき出す勢いで、根元を押さえていた感じだったかもしれません。
ふと思い出した「三角形の面積の公式」

「底辺×高さ÷2」っていいますけど、、、
これを覚えなさいって教え方されたら、、、夢もロマンもないと思いませんか???笑
そうじゃないんです!!授業でもこういった記憶が少しだけ片隅に残っています。

平行四辺形が長方形と同じだという過程。わかります???うまく表現できませんが、、、両端に三角形があって、一方の三角形を剥がし、反対側の三角形と接するようにすれば、、、「はい!長方形」みたいな♪そして三角形は、その平行四辺形を二等分したもの。

さらにここから余談を。その長方形の面積。「たて×よこ」。これは、ようは「利息とかの積数」みたいなもの。日数分を掛け合わせたあの積数です。だからその由来から発想すれば、「線」×「日数分」みたいなニュアンスで、「たて×よこ」みたいな感じ。

てな具合に、たとえば筋肉筋肉、、、って、その由来、知ってます???「ねずみ」って。。。
「マウス」から「マッスル」になったって。。。構造がねずみみたいで、三頭筋とか四等筋とか、
尻尾を鷲掴みされたねずみみたいで。。。。

ウエイトのフォームひとつとってもそう。。。。カタチばかりのフォームじゃだめなの。。。
うんちくがあったっていいの。。。うちは、そのうんちくがどこか自然なものから派生したもの。
どこかストーリー性があって、印象に残って。。。

あり方や鍛え方だってそう。。。その箇所の筋力をつけた対処療法じゃなく、
根本として「動きそのもの」を見なきゃ。。。
筋力ありきの動作じゃなく、動作ありきの自然な最小限の力なんですから。。。。


とまあ、、、こんな感じで。。。。


これが自分がコーチであることの元だと思う。
ヒントを与え、答えはお客様がみつけられる!!自分で見つけたものは、大切にするでしょうし、
しかも「暗記物じゃなく、根元やストーリとして印象に残るもの」
関連記事
スポンサーサイト
Secret