自分のトレーニングは、自分で言うのも何ですが、、、楽しいトレーニングです。
追い込んだ感じとか、厳しい何かを課すとか、
ようは、「課題」や「ノルマ」で雁字搦めのような、そういう硬さがまったくない。

でも、、、効果はすごいのです!!
むしろ、、、雁字搦めを欲した人から脱落していく!!

どうもこう、、、日本人思考っていうのか???義務や任務、苦行などに美徳を感じるのでしょうか???
「ねばならない」みたいな。「好き!でやってはいけない」みたいな。。。
でもこれって、、、おかしくないですか???

すごく暗いっていうか、ネガティブっていうか???大切な何かが欠落してるっていうか???

何かこう、、、これはうちのクライアントさんの言葉を借りますが、、、
「文体がすごくきっちりしてても、気持ちが響いてこない手紙みたい」
わかります???ニュアンス???

でも、カタチや義務任務、が欲しい。そこに説得性や安心感がある。
これってようは、、、
「ネガティブ」なものに染まりきっていて、そこに安心感まで求めてしまっているわけでしょう。。。

悪く言うつもりはありませんが、
ただただ、、、不思議だなぁ~、変だなぁ~、って自分は感じます。

「文体が多少癖があったりしても、気持ちが“ぐ~~って!!”って響いてくる手紙」
のほうが嬉しくありませんか???残したくありませんか???豊かになりませんか???
だったら、、、そういう学び方をしましょうよ!!

ってなことですわ!
カタチから入るのもいいけど、、、実践から入るとか実践を振り返るとか、客観的にこういろいろ見つめてみるとか、すると同じカタチを見るのでも、自然と行間や他側面などが目に入ったり興味がわいたり、、、
ようは、、、好奇心ですよ。。。(豊かさが欠落した)義務じゃなく。。。

少なくともその道の専門家ってのは、、、
その分野の楽しさや楽しみ方を誰より知っているから、専門なんだと思うよ。。。
松下幸之助さんの「知識はあくまで道具であって、それに支配されてはいけない」って言葉同様。。。

だから、、、うちは、、、本質が楽しいトレーニングであり、、、またやりたい!って思えるもの。
でもそこに、、、成果や結果の秘訣もあるし、ようは、豊かでポジティブで「完全体」だから。。。
何かが欠落したりしていない「ポジティブ」ですから。。。

話があっちこっちに行っちゃった♪笑



関連記事
スポンサーサイト
Secret