これは、うちのトレーニングのマクロな効果の部分を紹介したもの。

スポーツなり何なりで、中心からしっかり使え、と、末端だけの小手先動作にならないために、
世間では、中心を意識したり指令したりする対処療法が用いられるようですが、、、
うちでは一切こういったことはしません。でも叶っていきます。グレードアップしたカタチで。

そもそも「小手先動作になる=手動的な動作」・・・いわば「力み」「余計な動き」ですから、、、

筋力を使って動いちゃってしまう下手な動作(手動)を避けるために、
毒で毒を制するべく、中心を力ませたり、中心からの流れを意識したりするのではなく、

ようは、、、、
「手動」を「別の手動」でもみ消すのではなく
あるいは一箇所に偏った代償を負わせるのではなく、


どこにも負担の代償や負担のしわ寄せがないまま、「電動アシスト感で動けること」を身体に刻むことで、普通に動いているのに中心根こそぎ動けてしまう。根こそぎ分離しているかのように動けてしまう!

うちは、うちの「ウエイトトレーニング」では、
トレーニング効果として、そういう結果、そういう動きになってしまうのです。
理由は、、、力みが消えるから。無駄が減って熟練するから。。。意思が叶う動作(個性動作)だから。。。

正しく鍛えれば、からだじゅうが電動で動けてしまうような身体になってしまうから。。。

このときには、なぜか「根こそぎ」で動けてしまっている。分離しつつもまとまって動けてしまう!
重りという自然物が、個性を受け容れてくれる自然物が、その特性を身体にも刻んでくれている。
自然というのは、どこまでも神秘的だと思う。

関連記事
スポンサーサイト
Secret