2016.09.30 しない勇気
しっかり(どこどこに)力を入れて、鍛えなければ???
しっかり(どこどこを)意識して、動かさなければ???

など、注意点があれやこれや。
でもこれらすべてが結局できない。
できなかった自分を責める。だんだん面倒になってくる。。。

いいえ、、、正確には、、、
面倒だと感じてはいけない、と自分を苛めること責めることで感情や気持ちを否定し、
嫌でもやってしまう。嫌でもやろうとする。嫌でもやらなければいけない。。。



結論です。



面倒な努力は、、、しない。



それが面倒だと感じるのであれば、やってもやらなくてもいいことだと思うのです。

私のウエイトトレーニングは、、、「力を入れないように」と教えます。
「力を入れない」ことで、なぜだか挙がっていく。なぜだかまとまって整っていく。
でも、、、「力を抜け」とは言いません。このニュアンスって結構大事。

同じ動画ですいませんが、スナッチ後のスクワットが、、、まさにそれ!!
力を抜けば乱れますが、力を入れてないので重さの良い受け止めと重力適応が叶っています。
最初のスナッチも、力を入れてないから、シャフトが跳ぶように挙がってくれています。

[広告 ] VPS




ようは、、、



「余計なことをしなければ、、、かえって必要なことができている」



そこを体で感じてもらいたいのです。



細かい技術は後の話です。

そもそも世間でいう「動きの連動」やらそういう類は、「元々誰しも備わってるもの」
それを意識して行うのではなく、「自然」になれば、叶うもの。
末端主動にはならないし、対角螺旋っていうんですか???それも叶うのです。

鉛直なウエイトをやるだけで。



指導で目指してるのは、
「無自覚でやってしまったこと」に気づき、「それをしない勇気」を持つこと。
こういう継続反復で、、、ナチュラルな自動化へ近づくのです。



簡単そうな立ち幅跳びは、一気に枠外へ
[広告 ] VPS





スポンサーサイト
2016.09.29 気が変わった
以前、「俺自身、自分に厳しすぎたかも???厳しくするのをよそう」って触れた気がします。
結論からいいますが、気が変わりました。
素顔を逆に隠していた気がして、無理があると感じたからです。

どうでもいいインターバル。
[広告 ] VPS




なぜ「きびしくするのをよそう」としたのか。

そうしたほうが、相手の長所がもっとみられると感じたからです。
自分と相手とは、コインの表裏。
自分の許せない部分を見る癖があると、相手へのその許せない部分をみてしまう。
そう知ったから。

今は、それを見直し、こう考えるようになりました。



・・・・・・・


・・・・・・・



自分に厳しくて、何が悪い!!



・・・・・・・



あるトレーナーに言われたことも、大きなきっかけでした。

「武田さん、自分に厳しいから、他人にも厳しい」

そのときは、虚をつかれた気分になりました。
俺は普通のことを普通にやってて、むしろ甘いぐらいで、型を壊すゆとりやおおらかさを持っているはず。
クライアントからは、「たのしませてくれる」とかそういう声しか聴かないから余計だった。



でも、言われてみればそうかもしれない。。。と感じ、見つめなおした。
そして、さっき触れたこと。
自分に厳しい???許せない部分を見てしまう???肩の力が抜けていない???



でも、、、、



・・・・・・



自分に厳しいのは、決して自分の悪い部分を責めたり、欠点しか見えないとかじゃなく、
あるいは他人に対しても、そういう見方になってしまう、とかじゃないんだ。

前向きな向上心が、そうさせるんだ!!
ワクワクした探究心が、そうさせるんだ!!




だから、、、長所を優先するし、本気で向き合うし、妥協はしないし。。。
でも、、、窒息するような頑張り方など、施したことはない。

良い頑張り方をしたい!!
という「前向きさ」が、そうさせるんだ!!





だからもう一回言います。



・・・・・・・



・・・・・・・



自分に厳しくて、何が悪い!!



・・・・・・



そして、、、もっと大切なことに気づきました。
それは、、、もっと自分に素直になること。それを受け容れ、認め、許すこと。
たとえば俺は、、、人見知りだし、多くをしゃべらない。しゃべりたくない。集団で群れるのが大嫌い。
でも、、、しゃべらなければいけない、しゃべれない自分はだめな奴なんだ、って思うんじゃなく、

しゃべれなくてもいいじゃないか???そういう場所からは離れれば良いし、
その代わり、、、自分に集中して、何かを完成させたり築いたり、、、それが得意じゃないか!!
類稀な創造力。抜群の集中力。驚愕の冴え。ワールド!ランド!大人になれない!止めれない!!

俺は、、、それでいいじゃないか!!何が悪いんだ!!



だからこそ、、、人も尊重したいと思う。



共感したなら徹底的にやるし、
そうじゃないのなら好きにして欲しいし。
それはあくまで、相手の自由であり、相手の自己責任でもありますから。




浜田省吾 ミスロンリーハート

一番目のサビの部分
「やさしい男たちが 君の耳元でささやく 
恋の駆け引き 苦手な僕は ただ遠くで 見てただけ」
って部分。妙に共感するんです。。。




前の記事か二つ前か忘れたが、
食事をただ単に腹を満たすだけで終わるような、
ペットや家畜のえさ同然みたいになるのって、、、人として間違ってる。

せめて、、、味わって、語れるぐらいでないと。
それは、できる人間として、最低限、必要なことだと思う。
味覚を楽しむ、というか。何も食材のうんちくはいらない。とってつけたような栄養学もいらない。

食べて、、、どう感じたか???

脂の乗り具合でもいい。
コクや苦味や旨みでもいい。受けつけ具合でもいい。
旬ならではの、、、(待ってました、この感じ!)でもいい。
買った場所(スーパーなのか八百屋や肉屋や百貨店なのか)によって味が違う、とかでもいい。

我々は、、、家畜ではないのですから!!



それと同様で、、、トレーニングもそう。

何が目的でやってるのかわからないような追い込み方で長時間の追い込み(?)
トレンドで真似事で。。。
マニュアルどおり。ガイドラインに「右向け右」。

やる気や本気さ、まじめさ、ひたむきさを、私には感じとれないのです。

本気で変わる気あるのか!!って思います。




ばかばかしくて、まじめな奴ほどバカを見る。
呆れてしまうから。
でも、、、それでも、、、信じているんです!!

まじめだから、、、成功してきたわけだし!!

まじめな奴ほど、、、成功するんです!!

だって、、、素直だし、、、素直だからこそ、ちゃんと感じられるから!!




でも、片マジメではないのよ。。。
これって、、、ひたむきさに欠ける依存ってことでしょうから。
こういうのが私には、むなしくも悲しくも感じてしまうのです。




自宅にて。。。ラックがないから、スナッチで。60kgでした。私だけの「ほっこりフティング」

[広告 ] VPS





先日ジムで、私がオフの時、50kg程度で軽くスナッチを練習していたら、なじみの方から、
「それができないんです」
私は「リラックスが大事ですよ」というメッセージを贈るべく、「脱力したフリ(ポーズ)」をしました。
それがますます彼を遠ざけてしまったのかもしれませんが。。。

その方も身のこなしを身につけたい方なのですが、苦戦しています。
以前は私も、アドバイス(無料)はしていましたが、今はもう、していません。
データーを取ったわけではないのですが、

大人というか、年齢が増すにつれて、「できない・できない」。
指示されたとしても、「できない」。やる前から「できない」
それにたいし、子供の場合は、、、まずやってみる。
できなくても、どこか無邪気で、どこか可能性さえも窺える。

これは以前勤めていたジムで子供のスクール指導の経験がある同僚が漏らした言葉でした。



できない、と思ってしまえば、ほんとうに、できるものもできなくなってしまいます。
「今は、、、できない」でとどめておくのです。
そうすれば、、、できる要因や長所、今までやってきた「できた点」を探すようにならないでしょうか???



小さな成功を見れるかどうか。

その小さな成功のなかに、大きな成功も含まれるし、
たとえそれが全体の1%しかない成功であったとしても、99%の失敗を見るより遥かに建設的。
もし99%もの成功をしたとしても、1%の失敗を見てしまうと、
その1%の失敗が100%の失敗にも映るでしょう。

だから、バカにせず、こういう運動でも馬鹿にせず、まじめに向き合う必要があると思います。
でも、、、もし重りが、、、こんなのだったら、、、、どうですか???

[広告 ] VPS


[広告 ] VPS




才能があるから、できる
才能がないから、できない

そう言う前に、



やってみても、いいかもしれないな



と言ってみたいものです。
これだと、気張る感じもないし、
嫌になればやめればいいし、またやりたくなればやればいいし。



参考図書:石原加受子 「いいこと」ばかりが起こる幸せの6ステップ




前日の記事。「重りは、ゼロkgになるような感じ方をしている」という話。

これは、裏を返せば、
「ゼロkgでないから余計な力が入るようにもなるし、余計な力が入る以上は正しく感じ取れていない」
ということ。

重さが負担になるから、それに打ち勝たなければ危険だと判断し、力が入るのです。
筋力が使われるのです。でもこれは、、、鍛えるという意味ではないと思います。拷問です。
拷問でしょう???だって、乱れた動きになっても耐えられるような強さを磨くのですから。

「水や食料が枯渇しても生きていけるように、今から枯渇した状態のことを想定しましょう」
っていうのと、話は一緒なんですから。

正しく感じましょう。正しく感じたのなら、使われる筋力こそ最小限であって、
動きを整えるでしょう。整えよう、とするでしょう???
間違った充実を捨て、正しく充実させましょう。正しく感じましょう。


[広告 ] VPS




私が見ているのは、「形のできたできなかった」じゃないんです。
「重さを感じられたか否か」
なんです。余計なことをせず、感じられたか否か。

感じずに耐えて、あるいは耐え切れずに逃げたり逆らったり。。。
私に言わせてもらえれば、「耐え切れない」その思考こそ、考えられない。
そんな無茶な設定はしませんし、軽い、と感じるポジションに来ていいんですよ、って言ってるのです。

ですので、「それに対するミスで、力が入ってしまった」ならわかります。
私はそういう部分を見ています。それなら良い失敗だ、と。
重さにたいする歩み寄り。感じよう、としてたこと。そこを見ています。



(追伸)

感じなければいけない
感じられるために、感じることをがんばります。
これこそ思考の迷宮です。

食事をするにしても、ただ腹を満たすことしか考えられず、味わいが少ないのであれば、
味わってみることから。運動だけで見れば、運動という義務感になりがち。
しかし運動は、芸術のひとつです。ほかのことにも通ずるものだと思います。

呼吸ひとつとってもそう。排泄の気持ちよさでもいい。
花屋さんを見て、いいなあと感じたり心が和んだり。
それと一緒で、、、ウエイトも、心地よさを探すもの。感じることで。それがバランスであり芯でもある。

運動暦など当てになりません。
心が豊かかどうか、というのと、
豊かでないからダメなんじゃなく、豊かなほうを知っていくこと。感じていくこと。
そこにあります。




何度も繰り返すように、、、
ウエイトトレー二ングは、正しく力が抜けていることで、正しく動けます。
「力を入れない」ということが大事になります。

ですが、、、どうしてそうするのか???
それは、、、、重りの重さを正しく感じるためです。
感じるために、、、力を入れないのです。


ですが、、、その「正しく重さを感じる」という部分にこそ「大きな秘密」があります。
重たい重さを重たく感じることが、重さを感じること???
もしこれだと、、、バランスがきっと悪いでしょう。。。ケガにもつながります。

よく、「重いものを持つときは、体の近くで持ちなさい」といわれますよね。

ぴーんときましたか???



私が感じる重さというのは、、、
重りの「kg」が、限りなく、「0kg」に近くなるように、扱っているのです。
だからますます、、、力を入れる必要もなくなるし、
力を入れないからこそ、、、その「0kg」になるポジションやタイミングになってくれる。

それが、、、正しく重さを感じる、という意味です。



軽々と70kgも、動くときには「ゼロkg」扱いです。

[広告 ] VPS

一応念を押しますが、、、
動画ではフロントスクワットでついつい下を見てしまってますが、見ないほうがいいです。



そして、、、80kgでもやはり、、、、「0kg」になっていくのです!!

[広告 ] VPS




重りにたいし、自分が、「たて・よこ・たかさ」を、どう歩み寄らせるか???
ですがこれは、、、力を入れないことで、、、かないやすくなります。
こういったことを、、、現場で、、、ひとつひとつ、、、とき解いていっています。

結果を求めて、流れ作業でやるのではなく、プロセスを、しっかり味わうのです。

からだで、その感覚を味わいながら、
その心地よさを、感じながら、
やっていくのです!!



トレーニング(ワークアウト)において、

力が入ってしまったり、力を入れなければいけなかったり、
頑張らなければいけなかったり、
きつくてきつくて苛めぬく感じだったりするのであれば、

私が思うに、、、

きっと、、、





やり方が悪いのだと思います。





それだけ非効率な動きで鍛えている
それだけ非効率に動いている
のですから。




「力が抜けていなければうまくいかない」




それが、、、、ウエイトトレーニングです。

[広告 ] VPS





だから、それに見合う身体やコンディションやフィジカルが作られるのです。




非効率に動くことで、身体が肥大しやすくなるのですが、
それだけ「大事なもの」を犠牲にしてるってことです。
だったら、、、初めから大事なものを犠牲にせずに、鍛えてみては???

それが、、、うちのやり方です。




「ウエイトだけで機能が叶うもの」
これが、普通の発想です。ここまでの話のながれで、わかったと思います。
あえていうと、なにせ鉛直に芯が入るし、脱力も叶い、地球の感知がよくなるわけです。

でも、これを思考で考えてしまうと、
「どうしてウエイトだけで機能が???」「じゃあ何か特殊な何かが???」
みたいなるのでしょうね。。。

思考を停止させ、感覚を大事にしましょう。
運動にしかり、聴くにしかり。



2016.09.24 芯が入る
さっきの記事(まっすぐな私)と内容が重なりますが、、、
さっきテレビで相撲みてたときに、解説の親方が、優勝がかかる大関豪栄道の好調ぶりを称して
「(彼の)体に芯が入った感じがします」



その言葉に反応して、ついつい。。。

[広告 ] VPS


さっきの動画も一緒に。。。

[広告 ] VPS




たしかにね、、、うちのお客さん(選手)でもそうですが、
「押されなくなった」「倒されなくなった」「やわらかく対応できる」「周りが勝手に倒れてくれる」
などの安定。でもその元は、、、、



「脱力」が効いてるから!!



つまり、、、



落ちているから!!



脱力は、、、まっすぐな安定にもなるし、動画のような瞬発力にもなる。
固めて安定したって、、、それは芯じゃないと思う。
むしろ、、、固めない。力まない。



芯が入れば、、、力は抜けるもの。
力が抜けているから、、、芯が入るもの。




そういう感じがします。



2016.09.24 まっすぐな私
そうです。。。身体がまっすぐなんです(笑)
子供みたいっていうか。できるアスリートみたいっていうか(笑)
O型だから、、、きっと心もまっすぐなんだろうって思ってます(笑)。

O型に関しては、なんでも、、、
もともとすべての血液型がO型だったそうで、あとからA型やB型などができたって話。
つまり、、、もっとも原始的で大陸的なO型って感じで、、、アナログ大好きっていうか(笑)

でもね、、、うちの方針ってまさに、、、「自分らしさ」「O型らしさ」で溢れてるって思うの。。。
だって、、、力みや大人の癖を剥がしていくことで、その人らしさを引き出してるから。
ようは、、、俺だって元は、まっすぐじゃなかったから。でも力みや癖がはがれたことで、後天性がはがれたことで、、、自分らしさや子供のころに還れたって感じで、それはお客様でも一緒

きっとね、、、愛があるんですよ。。。人間愛っていうか、絶対愛っていうか。
でもね、、、とっても不器用だから、、、ポカがいっぱいで(笑)
気持ちを伝えるの、、、下手でね。。。器用さがないからね。。。だって、カタチがないからね。。。

でもね、、、それでもいいの。。。それらすべてを許せばいいの。。。
不器用なら不器用なりのやり方って、あると思うし。。。
そう開き直ったほうが、、、面白いように悪いほうの化けの皮が剥がれて、素顔が見えるから。
それがときどき「ギャグ」に見えてしまう(笑)。そういうかわいさがあるんだと思っています。

でもそれでも、、、うまくなってきたほうだと思うの。。。螺旋階段を上ってきたわけだし、ね。。。



と、話が途中から脱線して、どうでもいい話になってしまいましたが、、、

でもそういう気持ちの部分もありありと溢れた体の動きだと思いますので、アップします。

私、思うんですね。。。
良薬って、、、ほんとうの良薬って、、、口に甘いものだって。。。
正確には、、、「口に旨いもの」っていうか。。。旨みですね。。。

きついものに耐えるものじゃなく、
難しいものを課される義務感でもなく、
ちゃんとまっすぐ素直に楽しめたほうが、、、不思議さや快適さを感じるっていうか。

だから、、、

力を入れない!!
何かをしない!!

そうすることで、、、「大切な何か」を感じ取れるんじゃないでしょうか???



ランジです。足音が鳴らない。整った感じで。
[広告 ] VPS


2年経ってもサボり症(笑)、、、、ワンジャンプを見逃すな!!
[広告 ] VPS


距離感を誤って一度ぽかミス(笑)でも、、、きっちり修正しています。
[広告 ] VPS


60kgスナッチのあとにスクワット。私だけの「ほっこりフティング」

[広告 ] VPS




そうです。。。。
大人をはがせた原因は、、、ウエイトトレーニングです。重りです。
自然物が、私を、自然にしてくれたのです。それとなく「目的」を聴いてくれた「重り」

そんなに力んで逆らって、、、(もう!!)
でもほんとうは、、、こうしたいんじゃないの???
「ほら!!こんなふうに!!」

って、、、俺の心の奥を諭して、絶対音感を教えてくれたんです。。。




人の成長を、このように例えられることがある。

自分に厳しくなっていて、成長が感じにくかったり、今の壁に打ちのめされそうなとき。
回りの速度が早く感じ、自分が置いていかれそうに感じたとき。
年月がながれたけど、若いままを大事にしてきたけど、これでいいのだろうか、と感じたとき。

でも振り返ってみよう。。。

「一年前の自分」「三年前の自分」「六年前の自分」「十年前」「十五年前」「二十年前」

そこのころから比べれば、間違いなく自分は変わったし、成長してきた。
そして今も、、、成長を続けている。

たしかに劇的には変化してないかもしれないけど、、、
急に俺が社交的になったり???
急に大人気トレーナーになったり???
なんてないけど。

でもそれを意識してしまうとき、、、自分の成長が見えなくなる。
きっとそれは、物質的な変身を追い求めてしまうからだと思う。
でもほんとうにそれが、、、自分の追い求めた本質としての成長なのか???

物質レベルの変身ではなく、精神レベルの変身じゃないのか???

だって、、、むしろ成長ってさ、、、
「変わりたい変わりたい・・・」って思わなくても、「変わってくるもの」じゃないかな???
それぐらい、潜在的に「成長欲求」があるんだと思うから。
急にそれに気づくことだってある。あれ、、、いつに間に俺、、、巧く対応してる!!みたいな。

何でも自分のなかの無意識は、
これまでやってきたこと、経験してきたことを「統合させる」能力があるそうで、
「ムダだ、と思ってやってきたこと」「諦めちゃったことや途中でやめちゃったこと」
なんかも決してムダじゃなく、、、長期的に見ればすべて「意味あること」になっていくの。。。

俺だって、、、

大学受験に失敗後、夢を諦めて、親の紹介で信用組合入社。4年も我慢の日々を送ったこと。ジムでのアルバイト生活が指導者のはじまり。スタジオでウエイト系のインストラクターも経験した。その大手のジムで社員だったころは、どうでもいい事務仕事に追われそうになったり、どうでもいい社員会議も参加したり、マシンのメンテナンスとかも任されたり、そればかりか、ロッカーのシャワーの修繕など、業者にやらせればいいものまでやらされたり。そう、、、バイトの面接も俺がやってて。。。これまでいろんな後輩に研修も施してきたしね。でもそのなかでウエイトリフティングを知り、パワーリフティングも知り、治療の世界の一部も知り、ゴールドジムでも、最初はジムスタッフも兼任した。よそのジムのアルバイトも経験した。最近ではスタバへもはまり、仕事やそうでないこと、いろんなことが自分を作ってきた。

今までパーソナルトレーナーとして、これまでいろんな生徒さんをみてきたし、出会ってきた。世界レベルや国内トップほか、老舗の名門クラブやチーム、武道雑誌の編集者などもあった。あるいは、あきらかにできる社会人や経営者など。今思えば、できる選手はこういう選手だっていうのを教えてくれたし、成功する人は、だから成功するんだ、できる人は、だからできるんだ、っていうのも教えてくれた。感じられた。その反対ももちろんあったし、いっぱい傷ついた。人(仕事パートナー)への信用って部分も考えさせられた。また、指導者対象のセミナーを俺が講師としてやったことも何回かあった。貴重な経験だったし、すっごく楽しかったし。

でもこれらがすべて、、、
どこかで活かされたりしてるんだと思うし、
あるいは成長のヒントにしてきたと思う。

私は今、、、パーソナルトレーナーです。今のそのお客さんを見ています。
でも同時に、、、小さな成長をみさせてもらえて、幸せな気分になる。
そのお客さんだって、過去があり、今がある。螺旋階段を上ってこられた方ばかりです。

だからよくこういうことを言います。

「今までのことは、絶対に無駄じゃない」

私と出会う前のこと。あるいは出会ってから最初のころ、できなかったころ。
それらすべては、、、絶対にムダじゃない。必ず「変わるとき」がくるし、
むしろそういった「劇的な変身」という「物質的な変身」は、
ここまで述べた「精神的な変身」に気づき、受け入れられたその継続が、そうさせるんだと思う。

これは、私にもいえる。
私こそ、そういうお手本でありたい。



螺旋階段は、真上から見れば、、、変化がわかりにくくとも、
真横から見れば、、、明らかに階上へ上っているのですから。。。