ようやく大掃除も、最後に残したキッチンも終え、ほぼすべて終了!!
掃除をして、し終わったあとに見たときの、「あの見違えるようなその美しさ」に
「うわ~!!キレイ」「嬉しい!!」

一年間、(住ませていただいて)ありがとう!!

自然と湧き出てくるものですね。

今年は、いちばん豊かな気分を味わえた一年だったと思います。

有料だった日本庭園に思い切って飛び込んでみた6月。
スターバックスが近所にできたことをきっかけに、少しでも良いカフェへ行こう、としたり、
コーヒーの味も含め、カフェの楽しみ方を知ったのも今年の夏ごろから。
同時に、高島屋など百貨店で肉など食料品、野菜も八百屋で買うようになったり。
その日本庭園では数回、ナイトイベントもあり、楽しませてもらえたこと。

自分自身としても、自分の追及がひとつ、芽が出始めたこともあり、迷いながらようやく落ち着けた感じ。
自分のガイドラインが変わる、という不安よりは、
「じゃあ、新しくなったこいつを、どうやって伝えてしまってるんだろう???」
っていうそのワクワク感のほうがいっぱいで、実際にそれが良かったんだと思います。

ここに来なければわからない、ということを伝え、自分の仕事に良い意味で責任を持ち、
好きだ、という気持ちだけが原動力で、楽しみ方を誰より知っている存在であり、
自分がまず楽しむこと。世界を作ること。そこに多くの人を巻き込んでいきたい。
これは昔から変わらない考え方です。もっとも自分が自分でいて、ほっこり豊かになれるひととき。
その空間へ導く楽しさ。共感できた嬉しさ。喜んでいただけること。
指導者は、そのために、それが楽しくて自分を磨き、豊かであろう、と行動します。

ただとくに今年はそのアンテナが広がって、他分野からもわくわく吸収できた一年だったと思います。

根本には、やはり、人としての豊かさがあり、
その上で得意分野、好きな分野があり、その道をきわめていくんだと思います。
とりあえず・・・と試すよりは、その分野の専門家は「楽しみ方を知っている」のだから。
そうそう、、、「知る」ってすごい言葉。「信じる信じない」「あるある!いやありえない」とか超えていて、
超越して潜在にまで行っちゃってる感じ、っていうんですか???
だから、、、楽しくてそれをやる。計算や損得じゃなく、好きだからやってる。
その小さなお手本としてもありたい、そんな気持ちにもさせてくれた、再確認させてくれた一年だったね。

来年はどんな年にしよう???

豊かさをもっともっと拡大させて、ワクワクできる一年になれば嬉しいな。。。

そして、、、「類は友を呼ぶ」という言葉のように、そういう出会いがいっぱいあれば、嬉しいな。。。



一年間、ありがとうございました。良いお年を迎えられますように。。。




スポンサーサイト
良い手応えだったのですが、動画がうまく反映されてないようです。
過去記事でも同じような現象になっているようです。
頑張って撮ったのに。。。。。


[広告 ] VPS


でも、こっちからその動画が見れます。クリックどうぞ。

その手応えなんですが、動画のタイトルにもあったような話です。

私の動作は、重力を受けて馴染んだ結果、浮力を拾える、というもの。浮く、という動作です。
エレベーターで降りる際のあの感じです。これがもっとも自然で、これに逆らわないことが、最大の機能。
自然の恩恵はすばらしい!!逆らわずに調和するのです!自然ありきの体ですから。

ウエイトトレーニングでは、重りの重力を受けるのですが、同時に重りは浮きます。
その重りに(動作を)習うわけなんですが、身体も天井を向いた部位から浮いていくわけなんですが、
「重りが・・・」「身体が・・・」すら「捨てる」のです。

結論では、重りも重さ。身体も重さ。両者が一体化することが大事。呼吸が合う、ともいいます。
これまでは、重り側に自分(身体)をあわせていく、としてきました。
さらには、重りさえ見てれば、身体も浮いてくれる、というところまできました。いやでもあわせられる。

今申しているのは、それをさらにシンプルにした話。

「身体が(浮く)」はもちろんですが、「重りが(浮く)」も消すのです。


単純に、、、


「浮く」


だけでいい。


でも事実、これぞ「一体化」でしょう!!合わせるような一体化ではなく、
「一方」「片方」に注視を呼びかける、でもない。
ましてや「両方」に注視するでもない。


「浮く」しかなくなるのです。単純に。。。


もちろん、その「浮く」には、「落ちる」も含まれます。
浮力があってこその“完全な加重”ですから。
この地球パワーを活かすのが、私のやり方。これに逆らった体目線・筋力目線が負担やロスの元。


「浮く」以上の言葉うを消すことで、すべてがついてくるような感じ。
とても自由な感じ。でもどこか叶ってしまっている感じ。
年末だっていうのに(笑)、、、現時点の私の手応えです。



2015.12.27 見納め
久々に大仙公園日本庭園へ。
6月に初めて行き、アジサイの季節にはじまり、青々と茂った夏を迎え、
緑色の葉が徐々に赤く染まる初秋。真っ赤に見事なまでの紅葉。少し冬支度で赤黒くなった紅葉。

紅葉が長続きした今年。赤黒くなってもそれも美しかった。と、ここまで見てきました。

ひさびさに来園。

それが、運良く、、、明日から休園で、次回開園は1月5日から。
今日、年内の見納めとなりました。
さあ、、、紅葉はどうなったのでしょう???

・・・・・・・

・・・・・・・

・・・・・・・

151227_1213~01151227_1214~01

長続きした紅葉も、すっかり冬支度。どこかさっぱりしてて。。。
でもそれはそれで、美しく雄大にも映ったのね。。。
これも、冬の顔。冬の魅力。

でもね、、、近くまで行ってみると、、、嬉しい誤算があったのね。。。


ほら、、、こんなにも強そうな枝たちが。。。
151227_1228~01

ほら、、、こんなにもつややかな幹や枝だって。。。
151227_1231~01

ほら、、、、つぼみだって。。。
151227_1230~01


そう、、、
決して「死んだ」「止まった」のではなく、あくまで「生きていて」「進んでいる」ってこと。
骨組みはちゃんとしてて、そういう強さがあったから、紅葉などいっぱい楽しませてもらえたのかな???
って。自然って、強いな!!って。


覚えてる???
川のせせらぎも美しいが、音ありきのせせらぎですが、
ここに来れば、空気が変わったように“消音”するっていうか、一段高い澄んだ空気を感じるっていうか。
そう。。。。ここは「無音のせせらぎ」。。。やっぱり見納めですからね。。。

151227_1219~01



茶店にも行ったよ。
抹茶と茶菓子が、おいしゅうございました。
ってまた「食した後」の撮影で。。。笑




だってね、、、撮影目的じゃ、楽しめないでしょう???
今が大事なの!!今が!!
って言い訳ですけど。。。。。でもね、、、、大事なのはね、、、、主体性だからね!!


で、庭園はね、たいてい2周するわけ。写真撮影用と、自分が楽しむ用と。


てなわけで、もし明日とかだったら閉園だったから、ラッキーだったよ。。。
また来年、春の顔をみさせてもらおう。。。(夏からしか見てないからね)
でも、自然って、、、いいね。。。(庭園は人工だけど)



誤解があってはいけないことが、「ふたつ」あります。


ひとつめは、、、
ただ単に「でかくすればいい」「筋肥大すればいい」のではなく、「機能ありき」だということ。


ふたつめは、、、
機能ありきの鍛え方であっても、肥大重視ではなくても、、、「体は、ちゃんと、作られる」ということ。




[広告 ] VPS




いきなりですが、スクワットジャンプ(ジャンプスクワット)をやってみました。
私がやれば、こんなふうになります。
ではどうぞ。


[広告 ] VPS




やったことのある人はわかると思いますが、しゃがみからジャンプするときって、
足が、太ももが、きついはず!!
下から蹴って、下から蹴って、まだ尚下から蹴って、って感じになって、、、えずくようなきつさ。

でも上の動画、いかがでしょうか???
不慣れなぶん、最初はちょっと浅かったですが、深く沈んでも、楽そうっていうか、
どこか一体感があり、足に偏った使われ方をしていない、負担の少ない、どこかスムーズ。


何度もいうように、、、


主動は、バーべル。


バーベルが、先に、浮くのです。



[広告 ] VPS



主動筋といって、たとえばアームカールでは肘を曲げる筋肉、つまる力瘤の筋肉(上腕二頭筋)が短縮するので、そこが主動筋。ベンチプレスなら大胸筋。といった具合に、挙げる動作でメインで短縮する筋肉を主動筋といいます。しかし、私のウエイトトレーニングでは、その主動筋は「意識しません」

動きが硬くなるから。
動きが不自然になるから。
ようは、そこを意識するのは、ブレーキ動作で、筋肥大にはよくても、その他の要因でマイナス。

そもそも「主動筋の意識」が、逆らう動作、筋肉主体の動作、負担の大きい動作を作ります。
本質として、主動筋は「結果」であって、「原因」ではない。これが私のウエイトトレーニング。
でもどうしても「主動筋」あるいは「主動部」を意識するのであれば???


私の主動筋(主動部)は、、、


バーべルです。


(バーベルは筋肉ではありませんし、体の一部でもありませんが、私にとってはそこが主動されます)