アーティスト
一年前に書いた内容です。まずはこちら↑からご覧ください。



では、(上記を読んでいただいたものとして)2014年版アーティストに入ります。


自分は今の仕事をしているときや、追求しているとき、結果が出たとき、、、
よく、過程が大事、とか、結果が大事、とかそういうのは聞いたり目に入ったりします。
しかし、、、自分は、、、過程だけじゃない、結果だけじゃない。
両方とも、あるいはこのつながった時間が、幸せなんです。

「自分以外に誰がやる」「俺がやらねば誰がやる」

まるで自身が申し子のような気分なんです。
そして、やっぱり申し子だったんだと思えるのです。

23歳で脱サラして、この業界に飛び込みました。あれから17年。
やっぱり自分にはこの役柄であり、役柄が自分そのものだったとやっぱり感じるのです。
こうして奇跡をいっぱい生んできました。これからも奇跡を起こすことでしょう。間違いなく。

ところで、、、よく、そこで満足しちゃいけない、という危惧。
満足してますし、もっと満足したい、と突き進むし、もういちどいいますが、

「過程も結果も幸せなんです」

片側しか残らないのが本質です。しかし、この両者は一致するもので、ひとつ(片側)なんです
一致しない、分離している、ということは、ずばり、、、「ネガティブ」です。
「ねばならない、、、」や「結果への忌々しい懇願」や「成功を受け入れない」等になっているだけ。


自分は、これをやっているときが、幸せ。これを求めるときが幸せ。結果が出ることも幸せ。
楽しい、、、豊か、、、幸せ、、、
これらは世間一般でいう「義務感」や「可能性を奪う思考」とは次元(階)が違うのです。

そういう雰囲気の塊。何をするかわからない無邪気さや好きだという豊かさが、すごい神業を生む。
神業が、普通になる。壁など、、、はじめから、ない。
そういうインストラクションやコーチング。

しかもその姿に、「努力や苦労の跡が微塵にもない」

こんな天性なんです。O型特有といわれるかもしれませんが、、、


ところで、100億円稼ぐ方が書いたある本から、すごく共感できる言葉を見つけました。
よく、「人事を尽くして、天命を待つ」とありますが、この本には、こう書かれてありました。


天命を受けて、人事を尽くす


この言葉が、さらに自分らしさに加速を生んでくれそうで、元気や勇気や意欲も沸いてきます。
2014年も、アーティストでいたいと思います。

スポンサーサイト
2014.01.07 偶然
これは、トレーニングや練習でのこと。

なかなか会得できなかったことが、たまたま偶然にできちゃったとき。
答えを言います。
その偶然できちゃったことは、(意志とは関係なく)間違いなく身体に刻まれます!!

それだけ、身体の記憶は、都合がいいものだということ。
それだけ、自然だからだと思います。
自然という本質は、そこにあるのだと思えます。

ということを、自身のことでも指導現場でも、何度もみてきたことです。
そして、、、動きの効率は、ムダがなくなっていくこと。
ムダがなくなったことではじめて、風穴を見れること。手続き記憶への近道。

これとは反対に、、、何度も成功している動きを、偶然に失敗しちゃったとき。
これは、、、たまたまでしかありません。一切気にしないし、気にもならない。
だって、、、できなかった不自然な動き(ムダだらけの動き)よりも、
できちゃった自然な動きのほうが、身体への記憶がいいはず。手続き記憶に則れば。

でも心は、それとは反対に考え勝ち???かもしれませんね。
だからこそ私は、、、安心して平安を取り戻すような言葉が自然にでてくるのです。
明らかに背いて失敗したのなら問題ですが、
素直に取り組んで、それでしたミスなら、ぜんぜん!!むしろ「ミスの仕方」を見ているぐらいですから。



と、こんな感じで日進月歩していける。

そういうコーチング。

それが、武田ワールドです。


2014.01.03 鉄のハート
今では指導中はむしろ、これを実践してきて、それで大きな結果へとつながっていったと思う。
しかし、数年前の自分においては、むしろできていなかった部分かもしれない、と感じる部分。
ただ、、、通常ならばむしろ歓迎されること。
自分への厳しさや目標意識の高さとして評価はされるだろう。

そう、、、“評価は”されるのです!!“評価だけは”されるのです!!

そういうことか、、、と感じたその部分を、今年一発目の記事にします。

目標意識が高い。理想は、そこじゃない、もっと先。もっと高いもの。

当然でしょう!!人として生まれてきて、宇宙の子として生まれてきたのです。
望むものは高くて当然。妥協で生きるつもりはない。夢は大きく!!願ったものは、叶うもの!!
そこで自分も以前やっていた残念な思考が、こうでした。

「俺の夢はそこじゃないから、そんな小さな成功では満足しない」
「目標が高いから、そこで満足できない。できなくなった」


じつはこれが残念な思考で、落とし穴だったと今では思っています。
いえ、、、目標が高いことは、いいことなのです。
しかし、目標が高いことで終わり、叶えるための行動になっていないと感じたからです。

... 続きを読む