FC2ブログ
2017.10.10 領域
なんか、ジムでトレーニングしてて、ふと感じたこと。。。



おれのやり方は、一手段にすぎず、
それを誰かに押し付けるのは、
おかしい!!




たしかに、力みがなく、すごいスムーズで、ローリスクハイリターンなやり方。
人を自然にしてくれ、ほころびが取れて、心身軽くなって。。。
でも、そういう価値観のない人に、いきなり「はいこうしましょう!!」って言えますか???

こういうのは、誰かの勧誘じゃなく、自分の心が決めることだと思うんです。
いうならば、
誰かが「こうだ」といっても、「自分も価値観がそう」だったら、そうすればいいんです。

惑わされて自分を見失うほうが、良くない。
そこにこだわりがあるんなら、そのままでいいはず。
何が本当に正しいか、なんて、誰にわかるんですか???

おれも、あくまで自分の理想を求めてるだけ。

勧誘なんてまっぴらだよ。

自分を見失うと、自分がそうであるように、他人にもそうふっかける懸念もあるだろう。
いかにも「これが正しい」みたいなお説教っぽい暑苦しい感じの。。。
でも、、、おれに言わせてもらえれば、、、



判断ぐらい自分でできる大人なんですから。。。



だから、おれが勧誘しないのと同じように、
みんなが自分を大事にすればいいように、
おれがどういうやり方をしようが、文句を言われる筋合いもない!!



だから、大事なのは、自分を貫くこと。



何が正しいなんて、言い切れないし、
おれも、少し、「あるべき姿」って自然体になれば、ありのままで、、、、と説いたが、
そもそもそれも、自分の価値観でしかない。あり方なんて、正解はないはず。



大事なのは、自分の本心と直観です。
そのうえで共鳴があれば、私の出番だということ。
そして、私にできる役目は、、、自分信念をさらに突き進め、向上させること。
私にできること。そこを明確に、磨きもかけていくこと。勧誘能力じゃありません。



スポンサーサイト
これまでは、「でも・・・・」という人にたいし、こちらもまじめになってしまい、その人の思うばかりに、「愛のある説得」をしてきました。たしかに最後には、わかってくれたときには、「やってて良かった」って思いました。報われた、って気にもなりました。でも、思ったんです。その間のつらかったことつらかったこと。。。最後の喜びのために、ここまで我慢してたことが、今振り返れば、正しかったのか、わからなくなってきたんです。

うちは、数値を捨ててでも「うごき」を見直します。あるいは初期だからこそ、力に頼らない動きを会得してもらいます。でもなかには、できない言い訳に、本人力みまくっていることを棚に上げて「力がないから」とか、力みまくってることを棚に挙げた「これってどういう意味があるんですか???」という質問など、当トレーニング(の方針)を何だと思ってるんだ、と相手にも自分にも失望したりもした。でもここまで掲げてても、まずは「理解は得られていない」と考えるようにしました。その上で、「でも・・・・」が始まったら、その「でも・・・・」を受け入れます。ただし、「でも・・・・」と言った方の責任のもとで。私の方針を告げた上で、「それでもあなたがこう思うのでしたら、、、あなたの責任の元で」。じゃあ、、、力をつけましょうか。。。それで満足なら、それでいいんです。

最後のためだけのその我慢というプロセスより、我慢のないプロセスを刻もうと思います。
私が、私を、大事にするためです。
でも結果、相手を育むことになり、相手を成長させるんじゃないか、と思います。




若い頃、、、いえ、、、つい最近までそうだったのですが、、、


お客様のひとつの質問にたいし、
私の好奇心でつい「10個も20個も」答えてしまう勢いで楽しく答えていました。
マニュアル返答じゃなく、楽しい空間にしたい思いから、自分が楽しみたいから。


角度を変えれば、また違う見方もできるし、
これが絶対、とは言い切れないわけです。
でもそこが「楽しい」っていえば楽しいのですけれど。。。


でも、、、それをやめてみようと思います。


最低限の答えしか言わない。


ただ、興味が沸き立つなら、向こうからまた良い質問をされるはず。


そのときが、私のほんとうの腕の見せ所だと思った。


ようは、、、、中立なオーダーメイドです。




これは、ウエイトトレーニングの動作ではもちろんなんですが、、、
ありとあらゆることにもいえるような気がしてきました。

人の理想はその人それぞれです。
自分の理想と他人の理想とが一致するとは限りません。
重りを与えて、どう感じるか、それはその人次第です。

だから、、、こう感じなさい、とは言いません。

やらされ感でやったほうがいい、という人もいる。
流れ作業が良く、好きでやってるわけじゃないのなら、それでも良い。
反対に、理想や奇跡を知って、味わってみたくてやるのも、それで良し。

ただ私は、、、ウエイトトレーニングや運動を通して、豊かさを追い求めています。
方法論ではなく、感じ方を重視しています。
自分にこうした自由があるのだから、他人にも自由があっても良い。

そう思えるようになったのです。



でも、、、自由が与えられる以上、、、責任も発生します。



それだけです。



誰がその選択をして、その責任が誰にあるのか、ということです。





2017.01.19 仮面
多種多様ですが、一概にいうマナーの悪い人や不快を感じさせる人。
故意ではない場合も含め、彼らを見てふと感じたこと。
以前はKY(ケーワイ/空気読まない)という言葉が流行ったが、



自分が思うこと。






彼らは、、、



周りが見えてないのではない。



自分が見えてないんだ。