FC2ブログ
基本基本っていうけれど、、、



その多くが「予備知識」のことをさしてないかな



ようは「基本基本と周囲や専門家らがもらしている”カタチ”のこと」だったり



でもね、、、あなたにとっての答えは、“あなたが”持っているんだよ
そこに気づかずに「周囲の答え」を自分に当てはめてしまうことで、
あなたの感じ方が鈍ること・・・これが一番の問題なんだ



人は善意であなたを導こうとする。



けど、あなた以外にほんとうの答えを知るものはいない



その証拠に、、、カタチカタチ、と力んでいませんか
鍛えて硬くなった筋肉をストレッチする、といいますが、
うちは、「鍛えてやわらかくなるから、ストレッチは確認作業」なんだよ



フォームというカタチ
知識というカタチ
マニュアルというカタチ



それ自体に良いも悪いもないんだ
ただ、それをあなたがどう読み解くか



あなたが「これがいい」「心地いい」「感じがいい」とおもったことは、
あなたの心の声と一致するから、
いい結果にしかならないんだ

たいし「カタチがこうだから、こうする」「そういうものだから、そうする」
と考えた時、行動した時、
あなたは「どう、感じてますか」



あなたが持つ答えへ、、、誘導するのはあなたです。



重りや私は、、、そのアシストなんです





カタチやマニュアルは、ついてきます。



考えて欲しいのは、、、こういうこと。それは、、、
どのようにして、、、じゃなく、
どうすれば心地いいか



心地いい運動は、心地いい再生を促します。



強度設定も、そういう「基準で」計画的にやっていく。



トレーニング!って苦しむこと、焦って結果を出すこと、じゃなく、
練習って楽しむこと
そういう気もちが、楽しい強化や楽しい成長が「ジム」だけじゃなくなるし、
日常でも素敵な気づきがあったり、とっかかりを覚えたり。。。



すると、次回ジムでのワークアウトも、映えるんだよ



練習なのさ



スポンサーサイト



ジムに行けば、さまざまなマシンたち。あれもこれもやってみたい
あれをやれば体が変わる
これをやれば強くなる

やる気や前向きさは、とても大事そこは否定しません。
ただね、、、
俺がいいたいのは、、、



そのやる気、、、、一生続きますか



ということ



ナビゲーションシステムに訊いてみるんだ
そもそも「どうしてトレーニングを」したいんだい
体を苛め抜きたいから、なのかい
追い込んだ実感が欲しいから、なのかい



じゃあそれ、、、一生できますか



できないなら、、、別のところに答えがあるんだよ



重りはね、、、抵抗してまで前向きになって歯向かうものではないんだ
一生できるぐらいの感じ、
つまり、、、「重さと仲良くする」というだけ、なんだ





波止場ではないのですが、、、

細い紐がロープにつながり、そのロープがまた太いロープにつながり、その太いロープがさらに重たいロープに、さらに頑丈なロープに、、、というふうに、、、人の波動も同じで、小さなポジティブがだんだん大きなポジティブを連れてくるんだ。

反対に、ネガティブになれば、そこで終わればいいものを、さらに別のネガティブを運んでこないかい偶然の不運から始まって、気分の悪さ、上司の愚痴、体調の悪さ、、、とつながるように。。。



一気に起きたやる気はね、、、
勢いはあるんだけど、「観念」は急には変わらないんだ
だから緊急事態とかならいいんだけど、フィットネスにおいてはあまりお薦めはしないね

まずは「重さと戯れたことで」起きた体の神秘を、楽しむこと。

頑張ってないのに、まるで魔法のように挙がる感覚
しかも、終えれば筋までやわらかくなってる奇跡
一歩外へ出れば、「あれ何でこんなに体が軽いの



ようは「自分の価値」や「自分のすごさ」
そして「地球や宇宙は俺たちを後押ししてくれてること」



トレーニングの常識で言う「我慢」は不要だったのです



心当たり、ありませんか
それで結局、、、どうなりましたか
もし体があちこち痛む凝る実用性が足りないやる気が続かない
のなら、、、それが答えなんだと思いますよ



波止場のような最初の紐を。。。



-------

大阪堺の私の自宅(マンション一室)にてパーソナルトレーニングをしています。

パーソナルトレーニングのお申込み詳細は
http://turbo77.blog66.fc2.com/blog-category-51.html
体験パーソナルについては
http://turbo77.blog66.fc2.com/blog-entry-2900.html
トレーニングカウンセリングについては
http://turbo77.blog66.fc2.com/blog-entry-2901.html


【重要】ほんとうの健康管理とは(武田さん、渾身のメッセージ)

【Facebookも投稿してます】
お気軽にお立ちよりください。


こんにちは気分が良くなる武田さんのページへ

このページはね、
「トレーニングはきついもの」「きついことをしなければ叶わない」
ということに疑問を感じた方にお勧めの内容さ

そのためにもね、、、

言葉だけじゃなく「経験」で知ることが大事なんだ
重りは「敵」はないよ動きの資源なんだよってね





動き方、なんて覚える必要は、な・い・ん・だ・よ



重りの重さが、、、教えてくれるんだから



先日「仁徳さん」を散歩中、大きな蜂に遭遇しました。5cmぐらいのかなりの巨大で。
でも模様(紋様)がすっごくきれいで、
その蜂も俺の横を並走したあとどこかへ飛んで行ったさ

蜂だって幸せをいっぱい自分に注いでるんだよ。
動物の「心の扉」がずっと開きっぱなしっていうからね。
ただ、、、人が「恐れ」や「抵抗」などをするから、、、ってことなんだろうね。

だから蜂はまったく怖くなかったんだ
俺も「心の扉」を開いてたからさ。幸せはふんだんに注がれてる。気分を良い感じに保つこと。
トレーニングも健康管理も「そのような向き合き方」が「うまくいく秘訣」だと思うよ






情報収集ばかりして賢くなる必要、、、どこにあるでしょうか



心の扉がふさがれてしまうような抵抗ばかりの情報に「豊かさ」があるでしょうか



ものごとは、、、とてもシンプルなんだと思います。
気分が良くなるものの見方。感じ方。
そういうラジカルさがすべてだと思いますよ。



望まないものを考えてて、望むものはやってこないんだ




ーーーーーー

パーソナルトレーニングのお申込み詳細は
http://turbo77.blog66.fc2.com/blog-category-51.html

体験パーソナルについては
http://turbo77.blog66.fc2.com/blog-entry-2900.html
トレーニングカウンセリングについては
http://turbo77.blog66.fc2.com/blog-entry-2901.html


【重要】ほんとうの健康管理とは(武田さん、渾身のメッセージ)

【Facebookも投稿してます】
https://www.facebook.com/profile.php?id=100039911014338
お気軽にお立ちよりください。



2020.04.21 基礎の基礎
(今は夜だけど)こんにちは
パーソナルトレーナーの武田さんこと武田明人です。
今日はね、これからフィットネスをって人向けの話題にしよう

大事なキーワードをいうね






自分を救うのは、、、自分






たとえば「最初は初心者なんです」「入会者の初心者が半分以上で」
などどいう紹介はあえてしません。
ジムにはムキムキがいっぱいいて、、、という先入観を壊す意味なのか、
そういうことは個人的に好んでいません。



あなたが、どうなりたんですか?



敷居を壊すのも、あなたです。



もし他力で敷居を壊してもらえたとして、、、、
それであなたが「何を」得ますか???
ワクワク感いっぱい夢と冒険に満ちたフィットネス
・・・それが果たしてほんとうにやってきますか



もう一度いいます



あなたを救うのは、あなただ!



もし自分のことを救えないのなら、
与えられるだけのフィットネスになるんだ
自分で感じ、自分で味わい、自分で楽しむ、、、そこに位置の間にか疎くなるんだよ



状況が、あなたを変えるんじゃない!



あなたが、、、変わるんだ!



トレーナーは、
自分のことを救うあなたへ、
もっと自分に頼れるようにするためのアシストをしているんだ



最新マシンやらぎゃあぎゃあ並ぶのもいいが、、、
あなたが感じなければ、、、
何も変わらないんだ


ただただ器具で遊んでるだけ、で終わってしまうんだ

うちが伝えてるのは、、、「基礎の基礎」
重りの扱い方そのものに、、、すべての基礎が成り立っていて、
それは自分が掴むものであって、自分で掴めるもの




そのための大事なきっかけを、、、与えてるんだ



パーソナルトレーナーの武田さんは、ね



重りの扱い方それ自体に、、、
状況に左右されない強い心と、
至福を自分でつかみ取る豊かな心を育むというすごい真実があるんだ


まだまだ続くよ
あともうひとつ記事をこさえる予定さ
パーソナルトレーナーの武田さんは「愛のある指導」を理想としてるんだ

え、おかしいかい

愛のある理論でありたいし、指示や命令にしくないんだよ

今日はベンチプレスを例に挙げて、そのことに触れたい。



質問です



バーベルは、、、、どのような軌道で挙げればいいんですか



私の答えは・・・・



... 続きを読む