[広告 ] VPS


このように、うちの動作は、重力を受けて動いています。
でも、受けただけでは、動くはずがありません。
あるいは、すごく大きなブレーキを伴った上がり方になる。

しかし、重力をちゃんと受けているのに、動画のようにスムーズに上がって動いています。
筋力で挙げたり、特殊な操作を用いたわけではありません。実際にそういう不思議な挙げ方でしょう?
でも、重力を受けたからこそ、、、叶った動き。だから、重力を受けるって、すごく大事なこと。

その理由を、「受け方」と「思考力」との共存であり、
「受け方」を100%いっぱいにしないこと。隙間・ゆとりを持たせること。としていました。
たしかにそれが実感で、受けること事態がだんだん当たり前になっていき、
まるで「重り」を手なずけるように伴走している感じ。

しかし、思ったのですが、
解釈によっては、受け方を中途半端にしてしまい、力んでしまう動作になりかねない、ということ。
ですので、受けることと疎通すること、というこの二面性の向き合い方について、修正したいと思います。

この二面性。
振り返れば、「受ける」「落ちる」という「表層的」なことをしていく結果で、
「深層」である「まるで意思が重りに伝わったかのように、挙がってしまう」ということ。


まず、受けるがありき、ですが、
100のものを削る、分散させるという風ではなく、
超えないはずの100を、超えないはずの満点を、超えてしまう感じなのです。


ですので、ヨガでいう「瞑想」に近い感じですね。
「無」になりきってしまうことで、
(眠ってしまうのではなく)はじめて「光」が見える。というもの。

たしかにその満点を超えた結果として、
受け方が100ではなく、もっと小さくも感じ、ゆとりがある感じで、二面性が交錯しているようにもなる。
しかし、もっともっと大事なことを触れれば、、、こういう結論です。

ですので、改めて、、、ウエイトトレーニングは、観念を学ぶもの。すごいもの。

はじめは、ブレーキいっぱいの上がり方でも構わない。
あるいは、ブレーキ一杯であっても、挙がってることは挙がってるのですから。これを良しをすべき。
それでも、効いちゃってしまても、その筋がやわらかくなってしまうから。体にひとつの観念が刻まれるから。

押されたまま立ち上がれ、
引かれたまま引けてしまう。

この観念です。これを学ぶのです。すると、意思が叶ったように、重りと疎通できたようになっていく。
その精度を増していくのです。
あるいは、鍛え終わったあとに「動きやすくなったその体」が「ヒント」を教えてくれます。
(もちろん、鍛え終わったあとに、「軽くやわらかく動きやすく」なっていなければ、それは間違った鍛え方)


[広告 ] VPS




以上です。ウエイトで叶った体の状態で日常を過ごせば、自然と変わってきます。
落ちたのに、落ちた、で終わらないのも当然で、安定と素早さが両立したりもするんですから。
落ちる、という自然な脱力や調和。でもそれだけで終わらない。終わっていない。


落ちる・受けるの先が、見えてくるのです。
[広告 ] VPS



[広告 ] VPS



スポンサーサイト
重力を受けずに、逆らって動くのは論外として。固める、意識する、操作する、などが当てはまります。
でも、重力を受けること、落ちることで100%リミッターいっぱいいっぱいにはしないことが大事で、
他の方向へも動ける隙間やゆとりが欲しい、ということ。

その隙間やゆとり、ようは動く方向や動き方は、あなたの意思に任せますよ、ってな話で、
その隙間やゆとりの存在を体得するその観念に、ウエイトトレーニングがあります。

以上です。その意思とは、「その程度の、執着のない意思」。「無自覚レベル」で思っている話。

参考までに、正しくウエイトできちゃうと、終わったあとに、身体じゅうがそういう風になるのです。
「ほどほどの落ちる感」ばかりか、「あまりにも全身が軽く、どこか自由自在に動きやすくなっている」と。
ウエイト自体は、受けすぎるぐらいでもちょうどよく、それでも動きたい方向へ「なぜか」動けます。
しかも、鍛え終わったあと、このような事態になるのですから。自然と観念していきますよ。

そういう目線でご覧いただくと、少しわかりやすい動画かもしれません。

[広告 ] VPS



そう、、、余談ですが、、、先日は私の受け方が20か30ぐらい、と申しましたが、
最初は、80や90でいいと思います。ただ、100%にならず、ゆとりやラフささえ設けていれば。
だんだん慣れてくるにつれて、その数字が減っていくと思います。でも、ゼロにだけはなりません。
“必ず”「受ける」が存在し、それが始まりだから。上から始まったその下方へのながれありきだから。

先ほども申したように、意思も、その程度の意思でしかなく、
これが執着になると、受けられなくなります。ようは、力みます。
そこを誤らなければ、、、、

上に行きたい???ほら!!

[広告 ] VPS


前に行きたい???ほら!!

[広告 ] VPS




最後に、、、

もう一オクターブ高い分析で、ここまでの総整理ができます。


一オクターブ高い分析(落ちるを超える)
まずはこちらからご覧ください。もしくは下へスクロールください。

では今度はジャンプについても考えてみたいと思います。

以下の動画。
このような「着地というリバウンドのない」いきなりのジャンプでこそ、
落ち方・受け方は、じつは20か30ぐらいで。
(でも100落ちて上がらない、受ける落ちるをゼロにするわけでもない)

心に問うてみたら、そういう答えになりました。(以前より軽く跳べたかも???)


[広告 ] VPS




また、以下のように「前へ」跳ぶ際も、
心に問うてみたら、、、落ち方受け方100ではなかったかな。
でも、前へを100でもなかった。推定飛距離3m超えのたち幅とびです。跳ぼうとしないジャンプ。

[広告 ] VPS



最後は、ジャンプじゃなく、横へのステップ。
落ちていますね、、、でも落ちるだけじゃなく、、、そういう隙間がある。
でも、「落ちないで横へ、、、」でもない。

最近やっていなかった動きですが、やってみたら、できるもんですね。

[広告 ] VPS



落ちる・受けるは、必須。必須だから、跳ばない跳び方や動かない動き方ができるのです。
でも、落ちる・受けるを100しないこと。そこだと思います。
自然に従うことだけではなく、恵みを受け取る隙間を、それとなく設けてみる。

そんな感じです。



最後に、、、もう一オクターブ高い分析で別角度での解釈をしています。
こちらを読まれたほうが、よくわかると思います。ぜひクリックしてみてください。


さきほどの2つの記事では、出だしがノーモーションで、動き始めればワンモーションで動ける、というもの。つまり、動き出しで「何か」をしたり、「力を出したり」はしないのに、動き出せてしまい、ギアチェンジしないのに動きも切り返せている。そんな内容を動画を交えてご紹介しました。

その「出だしがノーモーションであること」「ワンモーションで上がってしまうこと」
その原動力は、「重力を受ける」「時間のながれにあわせること」。そうこれまで何度も申しました。
しかし、どうしてもこのことを「解明」しなければいけない、と感じたのです。

それは、、、
「落ちているだけなのに、何で挙がっちゃうの???動けちゃうの???」ということ。

落下の伴走ならできる。でも、挙がるほうの動きは、落下ではない。
でも、、、落下を受けたほうが、上がりやすく、力みもいらない。

正確には、
「受けないから、力んで挙げなければいけない」
「受けないから、自分から動かさなければいけない」

でも、受ける・落ちる方向は真下です。真下なら可能。でも真下だけなのになんで動けちゃうの???
そこには、自分も見失っていた「あること」をやっていたから。
そこに気づいたのです。やっとひとつの分析ができたのです。


[広告 ] VPS


こんな感じで、引っ張られたままなのに、引けてしまいます。
でももし、引っ張られたままだと、十中八苦、引けないでしょう。動けないでしょう。

ここで持論を申しますね。「わかれば、できる」ものではなく、「できて、はじめて、わかる」。ですので、できてしまった私の感覚にもっと素直になります。きっとこれをお読みになるみなさんも、既存の理論で片付けてしまうよりも、「できた人の感じ方」のほうを知りたいと思うからです。

ですのでこれに準じまして、、、「その正直なこと」を申します。

それは、、、

受け方が100ではなく、(私は)20か30ぐらい。でも、受けてることは受けています。
ただ、、、受ける・落ちるが100ではなく、付け入る隙があって、動く・挙がる・という隙。
いえ、自分がこう動きたい、という思考や意思です。

ただ、思考や意思が100になると、間違いなく力みます。
以前はそれをやってしまい、落ちるを再認識した、という背景(半年前)です。
だから、やはり「受けます」。でも100%受けない傍観的です。
でもそうだから、動けていたわけです。


これを自分で整理したのですが、、、
「自然に支配されず、でも、自然を受けていて」
「その自然からのギフト」を「受け取れる隙間」があるのです。

でも、、、はじまりは、受けること。

だから、以下のようなしゃがんだ出だしから始まるスクワットという難しい出だしであっても、
受け方が20か30ぐらいの傍観的だからこそ、
動きというギフトを受け取れていたと思うのです。



[広告 ] VPS



まるで、先ほど書いた「保存」みたいで、
ようは、「一側面」だけで成り立たず、「二側面から成る」のですが、
二側面の合計は維持しつつも、一側面と他側面の比率は、変化する。というような。

これも、バランスの考え方のひとつ。自分は無意識に、こういうことをやっていて、
でも、これがなかなかこれまでは理解してもらえず、
「子供のような私にたいし、大人になってくださった方ばかり」に理解してもらえた。
そう、振り返ります。だから今度は、私が少し大人になろうと思ったわけなんです。

たしかに頭で考えてはいけないと思います。
でも、「二側面」という観念や、「一側面だけで“いっぱい”にしない“ゆとり”」「執着を解くこと」
これはとても大事だと思います。

落ちる、が基本。ですが、100%の落ちるではない。でも、0%の落ちるでもない。

こんな感じに決着しました。次はジャンプでこのことを表現します。



最後に、、、もう一オクターブ高い分析で別角度での解釈をしています。
こちらを読まれたほうが、よくわかると思います。ぜひクリックしてみてください。