自分のなかでは、また一段高い機能と脱力が実現したと感じています。
もう一段高い脱力です。
なんというか、肚が座った、というか。究極の安心感というか。

[広告 ] VPS



[広告 ] VPS


これまで以上に頑張った感がありませんでした。
でもこれまで以上にスムーズで柔らかかった気がしました。
タイミングもぴったり合い、重りと一緒に動けてしまってる感じにもなれていました。

ただ、、、これまでと少しだけ、変更をしたのです。

長くなりそうなので、追記ページへ。
... 続きを読む
スポンサーサイト
久々にジョギングをしました。走り方も忘れかかってたぐらいだったのですが、キレキレでした。で、その翌日、ジョギングしました。短い距離を何本か。。。って、ダッシュじゃないの???いいえ。。。じょぎんぐ。。。

そう、、、よくね、、、ジョギングではリラックスできてるのに、ダッシュになったとたん、人が変わったかのように力んでしまうこと、ありませんか???たしかに力やスピードはジョギングとは違うでしょう。でもそれ、、、疑問に感じませんか???

ダッシュでも、ジョギングの気持ち(その早送りという気分)で動くと、私でも、リラックスして速く走れた感じでした。けってないのにけれてましたし、回転もしやすく、進んでもいましたよ。。。私なりには、ですけど。。。


ダッシュのことも、
ジョギングっていうぐらいが、
ちょうどいい



念を押すけど、エムという意味じゃなく、
ジョギングのようにゆっくりダッシュするいみじゃありません。
ジョギングのような感じと気分で速く走るのです。ジョギングの早送りです。

自在ですよ。5倍速でも何倍速でも。。。

坂道ダッシュのトレーニングをやる日に、
さ、、、坂道ジョギング5本、いっとこうか???みたいに(笑)



ウエイトも一緒で、ゆっくりした動きでリラックスできてる土台があってのスピードです。
スピードを意識したとたんに人が変わるのは、いかがなものか。。。
ゆっくり動いてても、、、ブレーキで力んでいないのです。

同じメカニズムで(早送りですから・・・)速く動くのです。古い動画を。冬場の動画。

[広告 ] VPS


暑苦しさを脱し、古い夏場の動画。
[広告 ] VPS





驚きましたか???読者さん。。。。
あれほど、、、重力と向き合って、誰より重力に向き合ってきた私の、言葉と題名に。
ってね、、、違うんですよ。。。

ここ数日に書いた
・感じてるような感じてないような
・何を感じるか、という深さよりも、脱力と信頼

この内容そのままなんですね。。。

手放すっていっても、放棄したり、敵対したり、するんじゃありません。親子関係みたいなもんですかね。。。子供が大人になっていくときの親子関係みたいな。親離れ子離れしますが、つながってるでしょう。。。いつまでも幼児のままの親子関係じゃなく、、、という話です。信頼で結ばれてる。でも親にとっては、いつまでも子供は子供。

ここで動画。10kgプレートでお遊戯。
10kgはあるんですよ。。。発泡スチロールじゃありませんからね。。。

[広告 ] VPS



一度は重力を受け止めています。でも動き始めれば、0kgになってるんです。
いつまでも10kgじゃないんです。
かといって、下手な脱力で力を抜くだけでは、こうはいきません。
いえ、力を抜くだけでこれができるのなら、すごいことです。才能があるんだと思います。

うちは、、、才能を磨くトレーニング。わかりましたね。。。

じゃあ、おまけです。
力感がないが、スムーズなのは、重力を手放し、信頼できてるからです。
[広告 ] VPS



だから、重力を受けることは大事。
でも、その重力にいつまでもこだわったりしばられたり、しないことでしょうか。。。
多くが、調和せず力で解決しようとします。
しかし、、、調和すれば、ここまで可能性が広がるのです。

見える力や筋力だけで解決しようとしてては、いつまでもこの領域に立ち入れません。重力は、宇宙の一部だと私は感じます。宇宙は、我々に、いつも力をくれてて、そのサインに気付いた人だけがうまくいく、とか言われます。サインに気付くこと、、、じゃないでしょうか???

サインに気付けば、、、うまくいきます。

ごり押しせずして、、、叶います。

整った体や身体能力、動けるからだ。けがのないストレスフリーな日常や若さ。
ポジティブとは、頑張る気張るという空元気じゃありません。
サインに気付くことだと思います。


ウエイトトレーニングは、力を入れない技術を習得するためにあります。
そういう技術が、実用性となり、怪我のない、こりもない、動きやすい体作りになります。
というのは、、、私の考えです。

ですが、ものごとの偏見をなくし、まっすぐに純粋に重りという自然物と向きあえば、
私のいうことのほうが、的を得ていると思っています。
でも、力を抜けばいい、というものでもありません。これでは怪我もします。

そういう単純な話ではありません。これだとあまりに内容が薄い。

ああすれば、こうなるから、ああしなさい、これで納得できますか???
納得したとしても、それは一時的なしのぐすべ(対処療法)であって、
そういう安易さに見合う事態になって、自分に帰ってくることでしょう。

だから、、、型にはめる人は、型にはまるだけのうわべの満足しかなく、本質が得られない。
大事なのは、本質です。そこを感じる楽しさ。楽しめる能力。
能力という硬いものじゃなく、好奇心だと思います。

硬い、という言葉がでました。感じれない人は硬いのです。
数値だけですべてを判断したり、方程式だけですべてを裁き、暗記や型にします。
「見てるようで、見れてない上司」って疲れますよね。。。そこです。

逆に、「見てないようで、見れている人」って、どうでしょうか???
変な硬さ、型にはまるような窮屈さがなく、無邪気さがありながらも、的を射抜く。
数値に隠れた人の個性や人間性だったりを汲み取れる包容力。。。

私が理想としてるのは、そういう後者のようなあり方です。
苦言をいうと、この内容がわかりにくい、という人は、前者のような人材だと思います。
さて、前置きが長くなりました。


こういうスクワットで、ようは、完全にしゃがみきったあとで、どうしてどうして力を入れないのにすいすい挙がってしまえるのでしょうか???普通なら、絶対に、力んでしまう。あるいは、ものすごい脚力が要るのでは???と浅はかな判断。そこには、感じ方という感じ方があるのです。

[広告 ] VPS


10kgプレートでお遊戯。
脱力して、重さも感じていますが、感じ方という感じ方があるのだということ。
[広告 ] VPS




過去に、私のトレーニングで「感じよう、感じよう、としてるんです」と言って、目を閉じて研ぎ澄ますようなことをして挙げてたんです。結果、硬いものは硬いままで、中身がまったく変わっていない、という例がありました。私も正直、対応に苦戦したのですが、このように、型ではめ込む人は、「両極端」な発想、、、つまり「ゼロか100か」という発想になるのです。

見てるようで見れてない人、じゃなく、
見てないようで見れてる人、のほうがいいじゃないですか???

感じ方も一緒です。

力を抜けばいいんじゃなく、力が抜けてるぐらいの何のしがらみもない状態であること。
力を入れる必要がない、そこへ持っていくのです。
重力が降ってかかります。これを感じなければ、怪我もします。
でも、過剰に感じてしまっても、ぎこちないことになります。

感じない、、、でもない。
感じてるんです。でも、研ぎ澄ますわけじゃなく、
普通にしてるぐらいなのに、かえってよく感じられている。



私は、こういう表現を活用しています。



感じてるような、感じてないような



だから、、、感じられるのです。
だから、、、力を入れるなどの余計なしがらみがなくなるのです。
ゼロか100か、じゃなく、一見いいかげんな表現かもしれませんが、、、

「見てないようで、見れている上司」
みたいになりたいですよね。落下する重りは感じています。
でも落下に支配されないで、
不思議なあがり方をしてしまう。

でも、落下を、感じてはいる。



ま、、、国語力の問題です。



運動は、バカではできないと思います。
脳みそが筋肉では困ります。
筋肉こそ、脳ミソであるべきです。



多くが、こういったトレーニングで、「力を入れること」を学ぼうとします。
その「力を入れる数値や能力」で「能力」を算出しよう、とします。
だから、、、ありきたりの答えしか出ませんし、
そういう官僚的なフォースに押さえつけようものなら、弱者は「ぐう」の一言も出にくいもの。

でも、、、安心してください!!

力を入れる能力で判断できない世界があるのですから!!(力を入れない)

[広告 ] VPS



力を入れてばっかりするから、そこで裁いてしまうから、、、見える世界が狭くなってるだけ。
二階から階下を見下ろしたら、1階でやってることが丸見えで、ちっぽけに映るもの。
力で解決する。力む。だから、、、怪我をするのです。

そもそも、、、いつまでも力を入れ続けることって、できますか???
できないのであれば、、、無理をしているのです。
その「無理能力」を鍛えるのですか???

私なら、、、できる能力を鍛えます。

力を入れなければ、、、、いろんな力を味方にでき、大きな力が出るのです。
結果的に、、、感じています。いろんなものを。不思議な感覚です。
ファンタジーなんです!!

でも、とくに運動はそうで、、、システム化されたものじゃなく、見えない不思議があって、
そこを楽しむもの。だから、分析や深読みはしない。
結果的に、、、体は、、、感じているから。。。何を???それが余計。

三次元だけで思考する。いくらでも思考できますが、どこかファンタジーがない。
限界がくる。あきらめる。
でもほんとうは、、、人は、もっと、、、夢や希望を、謳歌できるのです!!

さ、、、力は入れない!!自然体!!それで、実現するのです!!
信頼。自動化。ファンタジー。
脚力???連動???考えない考えない!!
[広告 ] VPS

[広告 ] VPS



いきなりですが、、、数年前の屋外動画から。

サボり症(笑)のため、一度しか跳びません。。。瞬き厳禁(笑)
[広告 ] VPS


フォワードランジは、フォワードしよう、、、ではなく、ながれに合って落ちているだけ。
[広告 ] VPS


遊び感覚で、、、一部ポカがありますが、、、

[広告 ] VPS



いかがでしたか???
考えることが白けてくるぐらい、遊び感覚でありながらどこか理にかなってて。。。
それでいて、負担もなく心地よく。。。

うちは、うちのトレーニングでは、
こういうふうな「頑張らない」「考えすぎない」動きを引き出します。
そのためにも、意識の在り方が大事になります。

意識が、はじめから、「戦うこと」「頑張ること」「試練を課すこと」「我慢すること」になってますと、
それらをもっともっとほしがってるという意思表示になって、
「さらなる戦い」「さらなる頑張り」「さらなる試練」「さらなる我慢」となっていきます。
動きを考えるのも一緒です。考えることがほしがる、さらなる迷いを引き寄せる。

ですので、ここは、いちど、、、意識を見直す必要があると思います。
自分を満たすこと。自分に素直であること。自分にも相手にも仲よくすること。
すると、その意識が、さらなる幸運を招き寄せます。

こんなふうに、おもりを受け止める。やさしく受け入れることで、
逆にスムーズで心地よく動かせます。
重い買い物袋なんかは、ぶら下げるように持てば楽。

[広告 ] VPS


もう少し見てみると、

挙げる動きでは、「挙下」ようは、下がることを受け入れたほうが挙がる。
下げるほう、ようは戻すほうは、おもりの落下と伴走するように、呼吸を合わせる。
つまり両者も、、、「落ちる」を伴います。
そこには、「自分への満足」と「戦わない豊かさ」があります。

こんな感じで。
[広告 ] VPS



意識に見合う現実がやってきます。
自然は、自然物は、宇宙の縮小版です。
人の頭で考え得ることにも、限界があります。
いいえ、、、考え得る限界を超えるインスピレーションが大事だと思います。

屋外動画は、こういったウエイトで培った自然の知恵を、発揮した結果。
だから、おもりがなくなれば、あとは自然に動けばいい。
重力と仲よくでき、その重力が、動きを作ってくれます。信じる心。豊かな心です。
私のクライアント様も、それぞれの競技で実力を発揮しています。点と点をつなげないことです。

ここでまた、人の頭で知識を穿り返すと、また、動けなくなっていきます。
あるいは、思考の迷路迷宮にはまり込んでしまいます。
法則に合う合わない以上に大事なのは、、、
それをやってて楽しいか。心地いいか。ということ。

これも誤解があるが、落ちる、という真似事だと、
足で踏んでしまったり、足音をばーーんと叩きつける誤解がある。
うちの動きは、、、ある意味、、、執着を捨てる動き。

これまで知識や教養によってはぐくまれたしがらみを、一切剥いでしまう。
だからこそ、、、素直になれ、単純純粋になれ、理にかなうようになるのです。
トレーニングは、とくにうちのトレーニングは、、、執着をはがすトレーニングなのです。

だから、、、すべきこと、意識の在り方、これらが決まってきますよね。。。



自分がうまくいくために、他を蹴落とすような、そういう挙げ方で鍛えたら、
蹴落としたそのあとで、必ず、自分が蹴落とされるような事態に陥ると思う。
あるいは、さらなる蹴落としたくなるような試練がやってきたり。。。

でも、、、意識の在り方を改善すれば、、、

友好的なものがどんどんやってきて、ものごとがスムーズになり、
鍛えるって、こんなに負担のかからないスムーズなことだったの???
こんなに心地いい楽しいことしてて、それで効果的でうまくいくの???

みたいな好転サイクルになっていくことでしょう。



型にははめず、世間と自分は分離する。

戦うことや意識して反対を押し通すことじゃありません。
これだと立派に距離が近づき抱き合ってる状態。
そうじゃなく、魂が喜ぶような選択を。満足感と友好性を。


ウエイトトレーニングの観点を覆すようなことを申しますが、、、
うちでは十何年もこれが当たり前なのですが、、、、

おもりに対し、戦わず、やさしく向き合う。仲良くする。
自分にも、厳しく、責めたりしないで、やさしくなる。
そういう包容ある気持ちが、そういう精神のレベルに見合う動作(結果)になって応えてくれる。

それがウエイトトレーニング。落ちる、という私の動作法。

[広告 ] VPS


もっとすごいのは、そういう動作を日頃から意識しなくても、
自然に動けば、
自然とそういういい動作になってくれるところ。

掘り下げて動作を考えずして、自然と、しぜ~んと、、、叶ってくれる。

[広告 ] VPS


[広告 ] VPS


これは、おまけです。今でも健在でしょう。。。
とくに特別なコンディショニングとかはしてませんよ。
ただ、コンスタントにバーベルと戯れてただけ。普通に過ごしていただけ。

[広告 ] VPS




最近意識に関する本を読み始めて、不思議となじめる自分がいます。
まだまだその領域では初級者ですが、気分が変わりますね。。。ついてることも多い。
でも振り返れば、俺のやってきたものも、動作法や考え方も、似てるんだな~って。

その著者のいう精神レベルやプラスパワーを高めるような気持ちと似た感じで、
俺やクライアントさんは、取り組んでいたのかな???って。
だから、もっとアウトローじゃなく、堂々と、主流だ、と言い切る自信を持ちたい。

しかも私は、こういう動作は、誰かから教わったわけじゃないんです。
ですが、それに出会えたのも、見えない何かがかかわっていて。。。
クライアントからも「有名な先生も(落ちるに)似たようなことを言う」と共通があったり、

いろいろ我々は、きっと、不思議な何かに包まれていて、
自分さえ、愛をもって過ごしていけば、徳のあることをやっていれば、
光が差してくる。それが私が気づいたときにそうなっていた落ちるという動作だったし、
著者の言う意識の世界じゃないかな???って。

平和で友好的。どこか徳がある。
でも犠牲じゃなく、希望はしっかり持っている。
幸せになるために生まれてきた。その能力を兼ね備えて生まれてきた。
何かに見守られている。ウエイトでいうならば、むしろ重力に守られている。

それで、宇宙的やヨガのように映るのでしょうか???私のやり方は。。。

今、指導者の仕事が楽しいのは、自分が運動だけでも幸せを感じてるから。
指導法がやさしく、相手のいいところばかり見えてしまうのも、
過去の経験もありますが、そういうことだったのかもしれない。

こうしなさい、じゃなく、ワクワクするような世界観。
凝り固まったマニュアル的なサービスじゃなく、温まるおもてなし。
意識だけじゃなく、これまで受けた影響も、すべてつながってたのかな???



参考図書:浅見帆帆子「あなたは絶対運がいい」ほか
       


こちらは10年ぐらい前の動画たちです。
旧ブログ時代からのもので、そう、、、振り返れば、10年過ぎたんですね。。。
10年前よりは情報が盛んになり、体への意識も高まってきた時代だとは思います。

ですが、以下の動画をご覧いただき、
体の使い方、っていうイメージを、払拭できれば、と思います。


ふ~わふわ~♪
[広告 ] VPS



ジャンプは、跳ぼうとしないもの。
[広告 ] VPS


ほっこりジャンプで画面からはみ出す3mジャンプ!!
[広告 ] VPS



何気にできてしまったこと。日常が変わって、日々変わって、、、あら、こんな感じ
[広告 ] VPS




今でも肩甲骨は健在ですよ。でも「それ」ができる多くの人が、
肩や肩甲骨の可動域を広げたい、大きく動かしたい、と願ってそうなったと聞きます。
しかし私は、、、、そんな意識は全くなく、

気づいた時には、、、できていた!!

ブルース・リーの動画を見て、マネしたら、できたんですね。。。
じゃあ、、何が原因???
「余計な力が、抜けたから」「余計な意識が消えたから」



動画見て、体の使い方をあざ笑うわけじゃありませんが、
ほっこりするでしょう???
難しいものが、簡単に覚えるでしょう???
四角い頭が、、、まる~くなりませんか???

今でも思います。
体のどこかに意識が行くと、それだけで、動きがぎこちなくなります。
きっと、ありのままを感じ取れないからじゃないかな????

多くの「感じる」は、情報による予備知識を感じてる、つまり、考えてる。
今、感じるんじゃなく、過去の情報を感じてる。
体に関心がいくのは、いいことだと思いますが、

だから、任せていいんだ、という自己信頼。

重力を受ければ、体は浮上します。
それは、いま、感じることであって、情報として知るものではない。
重心とかそういうたぐいもそう。情報として凝り固まった芯では困ります。

むしろ、、、
自然にしてれば、
自然と芯ができて、体は気持ちいいぐらいにまっすぐになる。



体をどう使うのか、というノウハウに走るとき、
感じることがおろそかになる。
だって、、、結果ばかり求めて慌ててるから。。。

自動車にも道路交通にも安全な速度があるように、
それを犯すと、やはり、、、
安全運転が一番で、心にゆとりを持つことが、正しい情報収集になります。

そう、、、動画は、正しい情報収集をした結果なんですね。。。

正しい情報収集。



体の使い方とは、、、考えることや繕うことじゃなく、じゃなく、感じること。



リピーターの方にはおさらいの話。うちは、体幹の筋力で姿勢を作るのではありません。力や強制手段で姿勢を作るのではなく、重力との対話のなかで、自然とひきだされるもの。良い姿勢といえば、たとえば背筋がまっすぐで、百会から天に伸びるようで、肩はリラックス。肩甲骨も寄ってて。など。でもこれを、力で取ろうとしてしまうのではなく、重力との対話。より具体的には、、、おもりを正しく扱えた矢先には、結果、そうなってますよ。という話。

落下する重りを自分が感じ、自分が調和し、受け止めることで、自然と体の高い部分から浮いてくれるのです。バーを持つ腕は下方に行けども、体は天から浮き上がる。力で蹴りあがるように浮かすのではなく、不思議な力に誘導されて浮いていく感じ。動画には、べた付けスクワットも入れていて、これこそ、天から、らく~に、上がっていく。そういう浮上に、動きの機能を感じています。

[広告 ] VPS



百会から浮かそうとして本当に体を動こうとすると、動きがぎこちなくなります。
でも、落下一辺倒で終わるわけでもない。
ハイヤーセルフじゃありませんが、そういう分野に当てはめてみても、
ごり押しで上げるのでは、執着が邪魔をしているでしょう。

姿勢は気持ちの表現でもあります。
猫背でうつむき加減の方に元気や明るさやはつらつさを感じないし、
姿勢がいいというだけでポジティブな感じに映ります。

でもだからといって、力でごり押しで姿勢を作ると、無理のあるポジティブになって、
ようは我慢いっぱいで余裕がないというか。
自己信頼というか、自分(の感受性)を頼りにしてて、素直に自然を受け入れていく。
大丈夫、良い姿勢になってしまうから。みたいに。。。

なんでもかんでも力で解決するのではなく、受け容れた実感を、その精度を、高めましょう。



トレーニングを続けていくと、普段でも、落下だけで終わらない感触になっていくのです。
動きの技術、というのでしょうか???姿勢にもそれは表れます。
スポーツにも技術はありますが、その底辺となるもの。

私は専門スポーツはわかりませんので、スポーツの技術は教えることができません。
しかしそれでも、トレーニングを受けた多くの方が、そのスポーツで結果を出しています。
底辺である「動きの技術」が大事なんだと思います。

そういえば、ウエイトリフティングの技術を私も少し導入して、クリーンの動きがよくなったことは触れました。ウエイトリフティングは競技スポーツ。その専門技術を少し聞いた(しかもまた聞き)だけなのに、案外すぐに(そこそこに)できてしまったのです。専門スポーツの技術は、動きの技術ありきで、それの補助という位置。それが今の私のとらえ方です。

うちは、、、その「動きの技術」という「底辺」かつ「マクロ」なものを引き出していっています。



まずはご案内から。

ホームページに日記というかブログのようなものも始めました。
ブログは専門的なものが多いですが、
こちらは「心のツボを刺激する」ようなものになってます。
こちらをクリック


もうひとつ、パーソナルトレーニングに新メニュー。その名も【エキスパートクラス】
競技者や指導者などが対象。通常クラス以上の質と内容。
内容も、より高度なものを求めます。徹底的にやります!!
効果などのリターンも大きいでしょう。

90分 15000円、割引はございません。

そのエキスパートクラスにちなんでの内容が今回。
[広告 ] VPS



フロントスクワットに見る
「あそこまでしゃがんで、しゃがみきって、切り返さずに、立ち上がれる」
これは、、、筋力ではありません。技術です。

こういう技術は、とても高度で、多くが力んで脚力で蹴ってしまします。
でも、、、どんな高度なものでも、基礎があります。
【エキスパートクラス】ではそういう部分を求めます。

基礎が、基礎で、終わらない。

クリーンとかスナッチ、そういうたぐいも、力みじゃなく、技術を習得しましょう。
技術ありきの、筋力やパワーです。
そういう部分に妥協はしません。



基礎はこういうエクササイズにあります。
[広告 ] VPS




余裕でしょう???おもりは決して「発泡スチロール」じゃありませんからね。。。笑
でもこういう馬鹿にしそうな運動でも、こうしてやれば、馬鹿にはできないでしょう???
この「おもり」が「発泡スチロール」に見えてしまう技術。

それが、さっきのフロントスクワットの技術です。

もっとも普通のスクワットもやりますよ。
でもあのスクワットで筋肉に負担がなく挙げられてこそ、本物です。
真似て、できるものじゃありません。

でも、、、基本を押さえれば、、、できるものなのです。



もっとも、、、ものごとには一方があれば、他方も存在し、
一方がなければ、他方も存在しない。そういう古来の考え方があります。
落下には、浮上が伴い、
浮上には、落下が伴う

沈んで、ぼてーっとなって広がるような心身の下がり方じゃなく、
気張って、焦って、テンパって高揚するでもなく、
あるんですよね。。。



宇宙的になるけど、自分って、この世の自分だけじゃないっていうか。
ハイヤーセルフ?だったかな???
空高いところに、無限の自分・神の自分がいる???

運気がよかったり、引き寄せ上手な人は、ハイヤーセルフとの連絡が良い、だとか。
だから、天に向かう姿勢ってのは、ポジティブで、、、幸運的で、、、
力を入れずに、天に向かう力ってのが、あるのかもしれないですね。。。