2018.02.22 理由
1回しか跳びません。瞬き厳禁!
[広告 ] VPS



なんだかこの動画が俺のトレードマークみたいで、
得意なボックスジャンプ???みたいにいうたり、、、
ま、得意は得意ですよ。。。


理由ですか???


簡単だから!!


え、いけませんか(笑)


だから、繰り返すわ。


簡単だから!!



・・・・・・・・



だって、、、

落下するじゃん!!
するとさ、、、、落下は受け入れざるを得ないじゃん。。。
だからさ、、、



簡単なんだよ!!



それだけ!!



落ちるから、簡単。



それだけ。



だから、、、おもり扱えっていうの。。。



落ちるから。。。



落ちたら、、、



簡単だから!!



え、いけませんか(赤井秀一が変装してる沖矢昴さんふうに)



[広告 ] VPS




簡単だから!!



けらなくていいし、踏ん張らなくていいから。



ようは、、、



簡単だから!!



スポンサーサイト
私はあくまで、下半身のキックを上半身に伝えるような「いかにもキック」はしません。
ましてや、「いかにもキック」をはぐくむような強化はしません。
「蹴らないキック」「落ちること」を信条としています。

論理をあざ笑うかのごとく、、、魔法が見えるでしょうか???
[広告 ] VPS


強化も、このような動きに、なります。

[広告 ] VPS


バーベルに吸い寄せられるように、素直に、落ちてるだけ。。。
落ちたまま、、、跳べている。。。
だから、そのしなりや伸びは、意図的ではありません。。。

それより、びよーんと伸びてるような腕の伸び方が、いいと思いませんか???



そうそう、、、

うちは、お客さんの今の状態を知るのに、跳んでもらうんです。。。軽く。。。
するとたいていが、、、「いかにもジャンプ」をしてるんです。
ひざからぐんと伸ばして、キックキックキック・・・・

でも、いわれるのが、、、「じゃあ、、、どうやって、蹴るの・跳べるの???」



落ちてみれば。。。っていつも、答えています。
[広告 ] VPS



で、その「落ちる」ためにも、、、「ウエイト」って「大事」なんだよって。。。
「筋トレ」じゃなく「ウエイト」だよって。。。
逆らわず、、、受けとめれば、、、ほら「魔法が」。。。って。。。

俺は諦めが悪いから、反応が「・・・・・」でもぜったいに折れないの。。。
そこが「天然」の良さかな(笑)。
2018.02.14 バランス論

[広告 ] VPS



筋力で固めなくても、いいのではないでしょうか???


むしろ、力を入れないほうが、よかったんだ!と気づくこと。


個人手時に思う、指導者の役目。
それは、甘くはないんだ!厳しいんだ!を伝えるんじゃなく、
簡単だ!と勇気を与えること。

がんばらないから、うまくいく。
「がんばらなくとも、あなたはすごい」
・・・・・強化は、それを気づかせるもの。

がんばらなければいけないぐらい、自分の価値を下げてはいけないということ。

だから、筋力は最小限。あとは動きの問題。


筋力以外の力だってあるわけで。


そういうことを、バーベルは教えてくれる。


「落ちる」んだと思います。


執着を捨てる・間延びしない




上では、先日、歩行などで、前にすすまんとする執着がいけないと述べた。



でもね、、、



ぶっちゃけ、、、



落ちれば、、、



そんな執着、起こらないから。。。



前にいきたい???



じゃあ、、、落ちれば???



自然と、一本まとまって、動けますよ。。。



ほっこりジャンプで画面からはみ出す3mジャンプ!!
[広告 ] VPS


気づいたら、こういう動きになっていきます。
[広告 ] VPS


2018.02.14 シンプルに
こういうトレーニングは、瞬発力だの、バランスだの、って
その固有の効果を求め勝ち???
それがいけないんだと思います。その執着がいけないんだと思います。

そうじゃなく、、、

それ自体をやることじゃないでしょうか???

[広告 ] VPS




だってそもそも、、、
よろいの中身を磨かないと意味ないのに。。。
よろいばっか足してる場合じゃないと思います。

よろいのなかを磨きましょう。。。

さあ、、、リラックス。
さあ、、、落ちましょう。。。

執着を捨てるシリーズ第二弾。
今度は、歩行や走るなど、推進が伴うものについての見解。
前に進む運動ですね。



シンプルに言いますね。。。



前へは行かないこと。行かせないこと。



これが大事ではないでしょうか???



歩くとき、ほとんどの人が、足が前に間延びしてしまってるというか。
間延びすればするほど、腰も落ちますし。。。ブレーキも大きい。
でも、その間延びを抑えれば。。。腰も高く、楽してより強く地面に伝わる感じに。



ただ、
間延びを抑える、という足し算じゃなく、
前に行かなくていい、という引き算。




陸上選手が取り入れるあの「ミニハードルダッシュ」・・・・ようは、数メートルの助走のあと、狭い間隔(1m~2mぐらい)に置かれた数個のミニハードルを飛び越えてダッシュ、って言葉でうまく説明できてないのでニュアンスで。あれってすごい理にかなってるっておもうんですね。。。単に小刻みになるからピッチが速まるだけじゃなく、動作の開拓にもね。。。


前に間延びしない動きを。思ったよりも頑張って前に出していた、をやめる引き算を。

[広告 ] VPS



薄暗くて失礼。。。
[広告 ] VPS

手が疲れたんだよ。。。痛くって。。。素手だから。。。
[広告 ] VPS



力が弱いから、ウエイトできない。。。
だから、筋力を先につけましょう???体幹も???
順序が逆かも。。。いいえ、、、そうじゃなく、弱くていいんです。。。

だって、、、他力は、自力よりもはるかに強いから。。。



Q「それは、どういう力で挙がるんですか???」
A「不思議な力なんです」「なぜか知らないけど、あるんです。。。(ぽーーー)」

いけませんか???笑(赤井秀一が変装してる昴さん風に)



論理をあざ笑うかのごとく、、、魔法が見えるでしょうか???
[広告 ] VPS


[広告 ] VPS





[広告 ] VPS


どこにも力を入れてないんです。
力が入れば逆に乱れますし、
乱れてしまうから、力で解決しようってしてしまうんでしょうか。結局解決しないんですが。

強くなければいけない、という課題の意識。
「不足部分」を「足そう」という不安解消的なぬるま湯へ。
ほんとうは、「弱いこと」を「大いに肯定」することに、解決策があるんじゃないかしら。。。


2017.12.28 おまけ
この運動は、クールダウンに用いることもある、必殺エクササイズ。
やり方は、
・手の指を数回曲げる
・手首を数回曲げる
・肘を数回曲げる
で、おわったあとには、肩が軽くなり、腕がぐるぐる回りやすくなる。そんな運動。

数年前の動画です。緩んで気持ちよくなっています。
[広告 ] VPS



これをやる目的は、、、

人間て、気づいたら、力んでるんですよ。
これが終わった後の弛緩度合いが、本来あるべき状態ですよ。
って気づくため。

また、うちのトレーニングをやれば、これぐらい弛緩するんですよってわかってもらう運動。

下半身にだって応用できちゃう。。。
そうそう、、、このサイクルは複数回やったほうが、弛緩します。

メカニックな話は秘密です。でも、自分から余計な力んだ動きをしてるんだということ。
それを末端から解いていく運動です。
魔法でしょう。。。

それでは。。。また。。。


伝説のサブブログ(しょうゆ顔)に書いたこの内容の記事を、ここではもう少し踏み込んでみようと思います。題名は、台風の目。台風の目って、晴れてるらしいよ。。。と子供のころ体験されたご近所さんが。。。ネットの情報でも。。。

この前の記事と内容が少し重なります。おもりの受け止め方って話。
散らすって意味。散るって意味。
そう、、、軸では重さがないんです。。。軸では「落ちない」のです。

だから、、、重さを感じてないかのように、、、挙がってしまうのです。
でも、、、きちんと重さを、、、受け止めています。
いいえ、、、これが、、、正しく重さを受け止めたって意味です。

[広告 ] VPS



[広告 ] VPS



からだも、、、体であって、体重という重さを持ちます。
だから、、、頭が上がって肩が下がるのは、自然なんですね。。。
でも、気張って引き上げるわけじゃなく、力んでまっすぐ固めるって意味でもないんだよね。

台風の目と一緒かなってこと。



[広告 ] VPS



進む感じでは、転がる感じを大事にしてますが、
どんなに転がっても、軸までは落下しないので、軸が転がるわけではないので、
背中はまっすぐのままです。

[広告 ] VPS




結論、、、


体の動きは、、、


おもりが、、、


答えをおしえてくれている。



軸から四散する重力。
軸は落ちない。軸以外が落ちる。回る。転がる。
それが自然なんだと、自然物が、教えてくれている。

力に頼って鍛える。筋力を強化する。筋力やパワーを発揮させることがウエイトじゃなく、
重量が、体に、ほんとうのあるべき動きを教えてくれるもの。
それがウエイトです。

筋トレじゃなく、、、ウエイトなんです。。。



魔法ですよね。。。



でも、その魔法が、、、現実なんです。。。