FC2ブログ
2019.04.06 誤解・2
今日は、
・うちでは考えられないこと。
・でもジムや世間では当たり前かも、とされてること。
について簡単に言及します。


普通のスクワットです。うちは、だいたいこんな感じです。ゆるゆるです。
[広告 ] VPS



では本題へ。


動画見て、どうでした???


結論は、、、


ぜんぜん限界までやってない


でもここが肝心!!


・・・・


限界を超えてまで、鬼軍曹から「あと一回、もう一回」みたいな掛け声。
うちは、絶対、それをしません!!
むしろ、、、やるな!!といいます!!

下手すれば、、、やってしまおうものなら、、、私が鬼になって、やめさせます!!(笑)

というのはいいすぎですが、、、叱責や注意はするでしょう。


・・・・


乱れた動きで、鍛えるな!!


それが答えです。

それ(乱れた動き)を促して、乱れてまで、力んでまで、逆らってまで
「もう1回!!」「よし!いいぞ!」みたいな意味のないはげまし。
それ求めるなら、よそへ行ってください!!



せいぜい、数値分の成果しかでないでしょう。
いいえ、力んだ分、数値以下の結果ともなるでしょう。
むしろ、怪我もしやすい硬い筋肉にもなるでしょうし、感知力も勘も低下。



強化を、そういうふうに思ってる方へ。



うちに来れば、、、その固定観念が、180度、覆ります!!



こんなに楽でいいの!!



いいんです!!でもどうですか???どこか、かみ合ってませんか???
っていうのは、やった本人にしかわからないこと。
そもそも、、、力で挙げた時点で、おかしいって気づかなきゃ。。。



簡単、単純、でも、摩訶不思議。。。



重りは、受け止めて、落下を味わったほうが、、、なぜかうまくいくんだから。。。

人の思考は、あほだと思います。
すぐに力で何とかして、足りないのは力だとすぐ決めつけます。
もっと根本をみつめ、マニュアルに隠れた基本なるものを、感じましょう。

スポンサーサイト
瞬発力養成ってぐぐぐぐぐって力む・がんばる・気張るって感じがまるでない。
まるでお嬢さんリフティング(笑)でどこかほっこり。。。

[広告 ] VPS

でもスナッチは、、、やっぱり、ハングのほうが、得意みたいです。。。笑。



久々に、、、クリーンもやってみた。。。
鎖骨に当たるのが痛くていやで(スナッチだと一気に頭上だから、当たらないし痛くない)
それだけの理由で避けていたクリーン。思ったよりも、痛くなかったぜ。。。

[広告 ] VPS



でも進化したと思うんだよ。。。
ふたつとも、どこか、ねばっこくなって、腰ではじけてる。
はじき方がねばっこいっていうか。。。

ますます、、、ほっこり。。。やわらかく。。。うまく。。。上手く。。。旨く。。。



あほっぽくゆらゆら動いてます。。。
ヒクソン・クレーシーみたいにね。。。
意味はあるけど、意味は考えないことだね。。。
[広告 ] VPS



以前、こういう動画を載せました。
[広告 ] VPS



これが方法論になってしまうと、
腕と足(腰)の向きを、いちいち考えなくてはいけなくなります。
ですが、、、



基本は、、、自然落下。



ですので、考えずに、ぶらぶら落ちることが大事です。
小さくジャンプしながらだと、肩もジャンプしてくれるので、
心地いい向きの選択をすればいいだけのこと。

まっすぐ正面に固めなくてもいい。
でも、いちいち向きを作る必要もない。



ねじらず。
でも、
固まらず。



基本は、中心軸としての動きがあって、左右が正面で固まるわけではない。
でも、左右にも軸があって、(胴体を)ねじらない、ということ。
ただ、、、あくまでも、、、自然落下ありきです。



その自然落下がより心地いい感じになれば、、、
それを体現するエクササイズとして、私は採用しています。
歩行やランニングのヒントにもなります。

重さを受け入れ、感じて動いてはいるのですが、
感じただけではなく、
勘で動くような直観が大事です。私がいう「動きの絶対音感」と同じことです。



[広告 ] VPS



重さを感じます。
じゃあ、、、感じた後、どうなるか。。。
下げたままのほうが、、、挙がるんですよ。。。という「勘」になるのです。

[広告 ] VPS



そして、重さを感じます。
下げたほうが挙がる、という「勘」になります。
その「勘」をさらに磨く意味で、、、戻す動きは大事です。

重さと自分との距離が変わらない「勘」を養います。

[広告 ] VPS




では最後に、、、もういちど、、、

[広告 ] VPS




感じるだけじゃない。


勘にしていくのです。



[広告 ] VPS



こういう質問を受けたことがあります。
「叶えばすごいと思うけど、私にできるかしら・・・」
「叶うためには、苦労が伴い、時間も要するのでは・・・」

私の答えは、シンプルです。



「できない振りをしてる人がいるだけで、できない人はいないと思いますよ」



どうして「絶対音感」という言葉を用いたのか。
うちがやるのは、、、力みをとって、大人をはがしていく作業。
誰しも子供のころを経験しています。

そう、、、

忘れてるだけ。。。

でも、成長過程で「我慢」や「無理」を強いられ、力んでしまった。
その力みを加速するような強化は、いっぱいあることでしょう。。。
パワーをつければ解消、体幹を鍛えればそれで解消、なら、私の出る幕はありません。

ですが、、、

はがすことは、可能だと経験上、思います。

でも、、、
はがすために、いろいろ強いられる???
ハウツーがいっぱい???
やはり、能力がなければできないのでは???



・・・・



これって、、、また何かを足そうってしてますよね。。。



・・・・



重りがすごいところは、、、導いてくれる、という点です。
その感じを、楽しむこと。
それを現場で体験していただいています。

やっていくごとに、、、
気づくことと思います。
それは、、、



「あ、私、こんな余計なことをしてたんだ」



って書きましたが、
思ったよりもみなさん、、、がんじがらめで義務感を強いてると感じます。
「あ、これさえ、しなくっていいの???」

その繰り返しなんです。

でも、ひとつが紐解けば、慣れれば一気にいくつ紐解かれていきます。
たしかに時間はかかるかもしれません。

でも最初のインパクトが重要なのと、
もうひとつ、、、
続ければ続けるほど、、、ものすごくよくなるってこと。



・・・・



人は習慣の生き物。今までがんじがらめで力んでたのなら、
少しの力みや我慢から解消されるだけでも、、、すっごい大きい。
でも、、、できない人はいない、と触れたように、、、



脱力度っていう数値があるんだと思います。



100までいかずとも、0から20になるだけでも良し。
でも、、、0じゃなくなったってことが大きいんです。
なぜか。。。



動きの絶対音感を、知ってしまったから。



あとは精度の問題。



時間をかけなければいけないんじゃなく、
わくわく冒険に進んでいくように。。。
そして、、、体は思ったよりも賢いっていう点。

案外、その日のそのトレーニング種目で力んでしまったとしても、
オフ日にすごすうちに、次回トレーニングではなぜだか、、、できている。
なんてことも、、、案外あったりするもんですから。。。



できるかな???どうかな???難解なのかな???



安心して、、、いいんだと思います。

そういえば以前、
うちのお客さん(50代男性)が会社の同僚からこのようなことを言われたそうな。。。
「スクワットって、体重の2倍ぐらい挙げなければいけない。挙がるもの」

そのお客さんは、運動不足運動嫌いから始まり、
一年経って、スクワットも30kgで普通、40kgで重ためっていうほど
って触れたら、みなさんはきっとよくない印象を持つんだろう。。。

でも疲れ気味だったその方は、今では仕事の激務を終えた夜でも元気で、子供と触れ合えるように。いぜんはそれができず、つかれてぐったりしてたそうな。そればかりか、あちこちいためやすく、マッサージなどの治療が欠かせなかったのが、もうすっかりそのお世話になることなくってこと。

でも、彼にその「体重の2倍」を訴えたのは大学の教授で権威ある人。
ほんと、、、
「正しいから権威」というあり方が崩壊し、「権威だから正しい」に摩り替わる瞬間だった。



運動に限らず、情報収集がしやすい世の中になって、データがいっぱい集まる。でもそういうデータをいっぱい持ってても、その割には「ポカスカ」抜けてることが多いと感じるのは、私だけではないはずだ。ゆとり世代の悪口じゃない。ゆとり以外の世代もそういうのに流されてる。

それで、目標達成のために、ハードルをいくつも用意したがるんだね。
で、そのハードルを越えられたら、ノルマ達成、みたいな淀んだ安心感。。。
俺はこのブログで、何度もこの言葉を告げてきた。もう一度告げる。



できなけければ、わからないんだ



できてもないのに、わかっただけでできた気になる。
でも、できてないんだなら、わかってないんだ。
そういう数値設定さえクリアすれば、じゃあ「治療が要らないからだ」が作れるのか???

トレーナーも、あほの一つ覚えで、「勝手に」」「余計な」「ノルマ」を作りたがる。
これってようは、、、
「見える化」にかこついけた「詐欺」じゃないのか???



見える化で見えたものは、分析であって、大元じゃないんだ。
それより、「見えない部分」を見る勇気じゃないのか???
「見えない部分を見てやれる温かい包容力」じゃないのか???


チェック項目なんかいくら突破しても、
こういう動きには、ならないはずだ!



こういう鍛え方なんて、できないはずだ。


軸のおはなしをします。


中心軸は真ん中の軸。
しかし、かつてナンバがはやったように、二軸という考え。
この「中心軸」vs「二軸」と比較されたことがありました。

「ひねる中心軸」「ひねらない二軸」



私の考えをいいます。



中心軸ありきの二軸です。
中心軸、という二軸です。




具体例です。
[広告 ] VPS




無理にひねらない。回旋しないんじゃなく、自然に。
でもねじってない。
正確には、、、腕と足は違う向きですが、腰と肩は同じ向きです。



よく私は、遊びの一環でウォーミングアップに指導で取り入れています。

[広告 ] VPS



あほになって気分で、ゆらゆら。。。
でもどこか、重力の通り方がよくなって、心も体も素直になるんです。



ま、無理に大きく動かそうって歩く人とかは、案外ねじれているのかもしれませんね。。。
肩と腰があべこべだたり。。。
やっぱり、自然が、一番、なんでしょうか。。。



(補足)
実際には、走るときはなおのことですが、、、、
肩と腰を同じ向きにして回旋するよりも、
互いに打ち消しあうほうが、結果的にうまく動けます。

でも、、、まっすぐ固定する、のでもないので、エクササイズの意味はあると思います。



2019.01.07 大雑把理論
天然なトレーナーの(動作に関する)見解です。



究極のことをいいますと、、、



解剖学に走って情報収集するんじゃなく、
動きには原因と結果があるのですから。
結果でそうなることを、みすみす自分から原因とみなして動くというポカになるから。



じゃあ、言いますね。。。



心のなかに、自然な落下を
心と体に、落下感覚を




それさえあれば、少々動きが乱れても、ぜんぜんいけてるというか、
乱れも少ないし、固まってないし、っておうか。。。。




[広告 ] VPS




でも、その落下の心や落下感覚って、
頭ではわかっても???じゃないですか???
それだけ、秀才というかよろいを着まくってますからね。。。



だから、刻むんです。
その落下の心と落下感覚を。。。。
とっても単純。。。原始的。。。天然ほっこり自然体!!

[広告 ] VPS


らくらく。。。るんるん。。。90kgでしたけど。。。
[広告 ] VPS




あまりに頑張った感がないでしょう。。。
努力や苦労の痕跡さえ、ないでしょう。。。
でも、、、これでいいんです!!

いいえ、、、これが、いいんです!!



サボり症(笑)のため、一度しか跳びません。。。瞬き厳禁(笑)
[広告 ] VPS


簡単そうな立ち幅跳びは、一気に枠外へ
[広告 ] VPS




運動のセンスがあってもなくても、どっちでもいいんです。
ない人が、あるようにしようと「努力」はいらないし、
ある人が、ないようにしようと「規制」はいらないんだ。

ただ、
ない人は、なくたっていいんだ、と肯定すること。
ある人は、もう十分あるから、とこれ以上求めないこと。

すると、、、

一段高い何かに、、、

出会えるかもしれないよ!!



なんてことを、うちの指導では、しています。


以前の動画で気に入ったものをチョイス。

[広告 ] VPS



[広告 ] VPS




メカニズムをいいますね。。。



・・・・・・・・・・



おおおおお!!



いえ、まだ何も言ってません。。。。って吉本のフリが入りました。。。



はい、仕切りなおし!!メカニズムは???



・・・・・



重さを、、、受けただけ!!



身体も動作も、ほったらかしにしただけ。



・・・・・・・・・



しんどいことは、、、不自然なこと。



それが、、、正解なんだという結論。



メカ二ズムは、あとから理論としてわかればいいぐらいの感じで、
むしろすべては、、、結果論というか、できるためには、知らないほうがいい。
知ってしまうと、、、余計な思考がおきてしまい、、、単純なものがややこしくなってしまう。



足裏にはセンサーがある説(?)
力や動きの連動の細かい話(?)



そういうのは、結局、、、余計なすねた動き、ようは力み。
それをとっていけば、、、案外たどり着き安かったりしないでしょうか。。。



ようは、、、人が自然に近づけば、、、解決するような。。。



その自然物である重りを扱うウエイトトレーニング。



それを力むとか科学的やらっで不自然な動かし方をしてしまうことに
個人的にはもやっとしていて、
正論を問うわけじゃないけど、、、きついなら、ややこしいなら、、、おかしいって俺は思う。



なんて俺も、、、今年はいっぱい迷いまくったけどね。。。
つい最近もね。。。
でも思った。。。もういいや~って。。。これで、もういいや~って。。。