何かをこぼしてしまったとしても、本人がそこを離れ戻ってきたときには、
誰かがきれいにしてくれていて、
本人が見た感じなら、まるでこぼす前の状態のようになっていて、魔法みたい。。。


と、うまく表現できませんでしたが。。。


うちのトレーニングも一緒。

鍛えた痕跡、いじめた痕跡が残らないのです。
その動きも、、、作ったものじゃなく、、、何もしない自然な状態で引き出される。
つまり、、、繕う痕跡が残らない。。。



[広告 ] VPS



軽めでしたが、、、うちは、重くなっても、同じように動くのです。


それで、、、さっき申したような、、、魔法が、、、起きるのです。


終わった後に、、、やわらかく。。。


スポンサーサイト
時間って、流れてることは当たり前の話なんですが、
表現を変えれば、今、と思ったその瞬間に過去になるということ。
じゃあ、、、先先次のことを考えて。。。


違うんです!!


正しくは、、、


ワンテンポもツーテンポも遅れてしまう感じなのに、、、間に合っている。



[広告 ] VPS



早く動かすことじゃなく、
水車のようにまわるような落下を堪能していけば、
自然とそうなっていきます。

足ばかり先先出てしまうのではなく、
ビー玉が転がるような感じになれば、
遅れてそうなのに間に合っている。そういう動きになります。

バーベル運動は、そういう動きが理想だと私には感じます。
いいえ、おもりと仲良くすれば、自然とそう導かれるものだと思います。
筋力であがくのではなく、あがかない動きを筋肉が学習し、筋肉がかしこくなるんだと思います。

今回は、私だけの動作の世界。感覚の世界。
正論とかそういうことじゃなく、
俺が求めたのは「気分がいいかどうか」「心地いいかどうか」

そういう基準なので、参考程度に。



早速、宙に浮いた話をしようか。。。
こどものままの素顔で書くから、感覚的だから、ご了承を。
俺は、、、ハウツーができない人だから。。。



いいかい。。。始めるよ。。。



動きには、二種類あって、
水車のように回るものと、
ビー玉のように転がるものがある。


円の中心が変わらずに、回る運動がこんな感じ。
[広告 ] VPS


傾斜を転がるビー玉のような運動が、こういう感じ。
[広告 ] VPS




真下へ重力を受け入れると、
不思議と、くるくる回って上がってくれるの。。。
静止状態なら、前者。スクワットとか多くはこう。

たいし、歩行やジョギングなど、推進を伴うなら、
円の中心がそっちに動くの。
ビー玉が転がる感じに。。。

くどい説明一応しておく。
俺は、行ったり来たりする動きや、とがった切り返す動きは好んでいない。
四季が巡るような、そういう動きを好んでいる。



だいたい、こんな感じでです。



先日は、アバウトだけが私の持論を語ってみた。
ここで誤解があってはいけないことを触れます。



シンプルに言いますね。



人生の最終目標は、



願いを叶えることでしょうか???



むしろ、
幸せになることではないのでしょうか???




これは、いろんなことにあてはまる。
簡単にいいますと、
結果さえでれば、手段を厭わないのか、
手段をきちんと選ぶのか。




毎回毎日のその積み重ねこそ、
豊かなもの、幸せや至福を感じるものでありたいじゃない。
しかも、戦術に固執して、それが執着になってしまえば、
願いのほうがどんどん逃げていくわけで。

私の動作論も、その暗記や記憶に固執すれば、どうなるでしょう。。。
それさえかなえばそれでいいのでしょうか???
むしろ、自然になって、やってて楽しくわくわくしていくことのほうが、よっぽど大事。

こうしなければいけない、という戦術は、思考です。心のない感情を忘れたもの。
大事なのは、、、五感で感じ、豊かな感情いっぱいにすること。
やる前からこういう気分になること。



だから言うんです。



運動は、知識じゃなく、感覚だ。感性だ、と。



ということで、、、

願いを叶える執着を捨てて、幸せになることをいちばんの目的として取り組んだ結果、
それが願いもかなえてくれることにもなる、
そんな武田理論を感覚編として触れたいと思います。



重力と時間とに調和。。。。
しなければいけないんじゃなく、、、
感覚で楽しんでいけば、自然と叶うものなんです。



感覚です。



自分が、
大きな水車になって、
回るだけ。




本当に回る転がるわけじゃないのですが、
こんな感じです。
[広告 ] VPS



12時から始まって、6時まで落ちても、6時以降は同じ回転力で12時に戻る。
だから、ごり押しもいらないし、切り返しもいらない。
流れです。




[広告 ] VPS




不思議なんですが、
重力の作用をうのみにして、鉛直落下を強要するよりも、
大きな水車になってまる~く転がるような落ち方をしたほうが、
かえって(上から真下へ)力が伝わる感じになるのです。



[広告 ] VPS




時間も重力も、もしかしたら、
四季のように巡り巡っているものかな???なんて感じたりもします。
四季のようなんですから、常に進んでいるのです。
春から夏がオフで、秋から冬がオフじゃないんです。
つねに新しいものを創作してるんです。次の季節への準備も含まれるでしょう。

だから、大きな水車になって、知識に縛られずに楽しんで動けば。。。

[広告 ] VPS




ほんとうに転がるわけじゃありませんが、感覚的に、四季を巡るように。。。。



こういうやさしい心があって、心に幸せがあって、
そこからいろんなものがはぐくまれていくんじゃないか???
願いを叶えることも大事ですが、そのためにも、幸せや至福を感じること。




これからも、やさしい動作論でありたい。



simpleに申しますと、

「重力」と「時間の流れ」とに調和し、共鳴した動作だけではなく、
調和も共鳴もしてしまうことで、不思議な力が拾え、
まるで宇宙からアシストを受けてるかのような、そんなワクワクいっぱいの動作。

ですので、知的になって「身体や動作の知識」でやりくりしたり、ごり押ししたりせず、
余計な力を入れず、思考せず、ありのままを感じていくだけで、
「魔訶、、、不思議」「あら、、、やだ心地良い」「うわ、、、快適」
という動作が引き出されます。

重力と時間をうけいれれば、宇宙からアシストされる。
今を感じ入れれば、希望が叶う。

ま、作用反作用など、見返りを損得勘定で計算したりするんじゃなく、
頑張っただけ、いじめた分だけ、みたいな駆け引きじゃなく、
今にワクワクしてる。。。結果、未来もワクワクできる。。。

動いたとおりの体になりますので。。。

思ったとおりの現実になりますので。。。



その「落ちる」動作法を、簡単にまとめてみます。
やっぱり、、、伝えたいんです。
良いものだから。。。

それをsimpleに表現した動画をまずお見せします。
何も考えず、ただ単にご覧ください。
こんなにやわらかい自重運動が、、、あったのです。。。

[広告 ] VPS



ふわふわでしょう。。。
跳ね返さなくても、、、挙がってしまう。動けてしまう。
バランスも、こういうことだったのです。

でも、、、自分の体重に重力と時間を感じるのは、ある程度のリラックスが必要。
自重のほうが、難易度は高い。
だって、、、共鳴する相手が、うちだから。。。

じゃ、、、共鳴する相手を、、、選びましょう。

それが、重りという道具です。はい、スクワット。
じつは、わかりやすくするために、動作速度をあえて変化させています。
みてください。遅くても、、、力まない。速くても、、、力まない。だって、宇宙から。。。。。。笑。

[広告 ] VPS



私の中では、支えた瞬間は、重さが体にかかりますが、動作中はほぼ無重力。
でも、かくんとおもさを交わしたんじゃなく、あるがままを受け止めています。
だから、遅くても、らく。遅いほうが、らく。

でも、、、速い動きも、遅い動きも、同じ動きのメカニズムで動けています。
機能だけがぐんぐん変わっていくのです。(運動不足でも猫ちゃんはやっぱり。。。と一緒で)
あとは、タイミングが違うと思います。それを表現しました。はい、デッドリフト。

[広告 ] VPS




じつは、床からのデッドリフトよりも、この動画のように立った状態からのスタート。
こっちのほうを勧めています。これが基本です。
まるで、、、架空の落下物にさえもタイミングがかみ合う。

エスカレーターに乗るタイミングでしょうね。
空港とか、ベルトコンベアーの決められた位置に荷物を置くとかのそのタイミングというか。
短い前奏があってから、歌が始まる感じ。。。みたいな。その前奏が大事っていうか。。。



機能重視だと体が作られないという誤解を払しょくしましょう。
あとは、感覚的に、上半身とか部位で動きを学習するのも得策。
その部位別運動は、補強としての筋力強化や筋肥大じゃなく、機能改善なのです。
でも、、、体も作られます。はい、リラックス。。。ムキムキでもリラックス。。。

[広告 ] VPS



失礼しました。。。44歳でした。。。

あと、挙げる動きは、挙がってしまう動きであって、
繰り返しますが、反動目的ではありません。反動や反射じゃなく、宇宙力だと思います。
損得勘定や見返りへの期待じゃなく、計算なく無邪気にたわむれること。

私のなかでは、あげる動き・戻す動きという観点はありません。
どっちも「落下する動き」です。
半歩早い落ちる動きです。

高い位置を1として、だんだん下がっていくごとに数字が増えるものと仮定します。
1・2・3・4・5と下がっても、
5・4・3・2・1と挙げる・あげようと気張るのではなく、
6・7・8・9・10と下がっていくのになぜか挙がっていく。



最後に、、、こういった挙げる動き主体になりがちなこういう運動。
以前も、下げたほうが、挙がる。と触れた。
これは、今まで申した「落ち方」「下げ方」ありきです。
反動じゃなく、いい落下を体に刻んだ結果です.

[広告 ] VPS




おしまいは、、、

こういうことは自然なことで、思考を捨てればあるがままになれば叶うこと。
動きづくりは、ゆだねること。
それを表現した、、、まさにこれが「落ちる」という、一言で納得のこの動画をお届けします。
動きは“無邪気に”!論理をあざ笑うがごとく。
[広告 ] VPS




宇宙的だといわれ続けた私の動作法ややり方。
ほかにはない、こんなの初めてだ、と言われ続けた私のやり方。

でも実際は、とても素直で、あるいは無邪気でまっすぐで、
変わった何かを施す、自分を変える、のではなく、あるがままを取り戻すこと。
単に苛め抜くだけの損得勘定じゃなく、
トレーニングこそ人の豊かさが動作ややり方を刻む。ほんとうの意味で楽しめるもの。

芸術や音楽、さまざまな分野から同じような境地にたどり着くのと一緒で、
運動でもこういう世界観があって、
それを刻むことで、運動効果だけじゃなく、豊かな部分も育まれる。

動いたすがすがしさだけじゃなく、中身から納得できる。根元から満足できる。
トレーニングを愛する人間としての、まっすぐな追及が、こういう結果になったんだと思う。
押しつけるつもりはないが、あるべき姿になるお手伝いを、これからもやっていきたい。



復刻!!四股立ちジャンプ!!最近はこの運動を見直しています。
何も関節を進展させてまでキックしなくても、
安静のままでも、跳べますよ!というサインを拾うエクササイズ。

[広告 ] VPS



跳んでないジャンプ。やわらかい動き。
[広告 ] VPS




2017.08.11 フライト
さ、、、、自転車は27インチ。何がおきるでしょうか???43歳のアクショ~ン!!
[広告 ] VPS



屋外では、ま、こんな感じ。
じゃあ、、、室内では???
暑いから、靴はいてないから、、、控えめだけど、、、こんな感じ。。。

[広告 ] VPS



テイク2も、こんな感じ。
[広告 ] VPS




関節の伸展???っていうか、
膝を伸ばし切りなさい。足首も、股関節も使って???みたいな。
ま、そこまで解剖学に縛られなくても、
いいえ、縛られないほうが、、、案外、、、自然に。。。ということです。




上へ蹴ろう???みたいな執着が、どこか、エンジョイを奪ってるよね。。。
ふっと力を抜いて、やさしく今を受け止めて、
心も行動も、、、かるくかるく(♪)

それだけで、、、
偉大なる何か(笑)とやらが、、、我々に、、、
ギフトを届けてくれるんじゃないでしょうか???



いけませんか???(含み笑)



2017.08.11 技術について
ここはトレーニング指導者のブログですが、
けんだまで、こういうことが、できちゃいました。
3回やって、2回目は、剣が玉に入ったのですが、ぬけちゃったんですね。。。
それで撮り直しをせずに、やっちゃいました。

[広告 ] VPS



本とか読んだら、いろいろ技術書かれたあった。
でもね、、、俺、どうやったら、ここまですいすいできたかというと、


力を入れずに、やってみた。
ふっと重力をかるく受けてみた。



ま、、、よく体のことをこだわる人。アライメントとかバランスとか、解剖学見地で言います。
でも、、、それって、、、その基準って???
重力と鉛直じゃないんですか???それが基準じゃないんですか???

だったら、、、

体を意識してる場合じゃなくて、、、
力を入れずに動くこと・・・・じゃないんですか???
頭で考えず、体で感じていくこと・・・・じゃないんですか???


と、いち運動指導者、いちトレーナーとして、思います。



そして、、、ぶらんこだったか名前は忘れましたが、
動画でいうとめけんの逆バージョン。
本には、糸を一定の力で自分のほう(玉のほうへ)へ引っ張って、、、と。
ようは、後方にひくように、って。

でもそれができるためにも、、、力、入れてたら、できないから。。。



各種スポーツには、さまざまな技術があります。
でも、それぞれの技術をより習得しやすくするためにも、、、
「力を入れない習慣、感じ取る習慣、力が抜けて楽しんで。。。」
というエンジョイする気持ちと行動が大事じゃないでしょうか???



ほんとうにいろいろ試しました。手ごたえもそれなりにありました。
たしかにわかる気はしましたし、実際に記事にもしました(消しましたけど)

「芯が入って」と「脱力」が一致もしましたよ。
もしかしたらね、、
運気が良くなる身体動作法???とまで発展しそうな勢いだったんですよ。。。


でも終わってみれば、、、やはり、、、、こういうことなんです。
力は入れない。何かをしない。感じてるような感じてないような。
やはりこの子供のような「自然体」。この手ごたえには勝ることはなかったのでした。

[広告 ] VPS



[広告 ] VPS




重さを素直に受けたら、、、あ、っという感じで力を「抜いてもいいんだよ」って感じになって。
自動的に動く感じが、すごく心地よく、、、
これに勝る動きはないな。。。という結論です。



肚(はら)のこともだいぶわかったし、たしかにそうだな、と思いましたよ。。。
でも、、、硬いんだよね。。。うちのやり方に比べたら。。。

「どうやって力が抜ければいいのか」
「どうやって抜けるのか」
「なぜ抜けたほうが、動きキレるのか。しかも安定するのか」

今までこのことをブログに書いてきたと思います。



今、思うんです。。。



それをやめようって。



たとえば「懐かしい」という言葉の意味って、その感覚がわかれば共有できますが、その感覚がない人に意味を説明しようにも、その感覚がないから、言葉をいくら並べても、、、ってことでしょう。。。

現場で、重さを味わって、初めてわかることだから。。。

あ、この感じって。。。

あとは、もしトレーニングを受けるなら、だまされたと思ってやってみること。
この「だまされたと思って」がすごく大事だと思う。
素直が一番ってことです。あとは感覚がないのに言葉にしようとしないこと。



力が抜ければ、うまくいくのです。



ほっと軽くなる。ふっと軽くなる。
運動やトレーニングは、私のやり方では、こうなのです。
悩みや力みや課題などが、、、ふっと軽くなる。



一生懸命はいいことですが、
そのなかに、何がが必要なんだと思います。



抱えてしまうと、波動も質が落ちると思う。
自分も味わったのでよくわかる。
そう考えれば、、、今までやってきたことって、、、すっごい奇跡的にうまくいってたんだって。

その感覚がない人に言葉の説明をしようとしても、無理がある。
うれしい、とかもそう。説明できますか???言葉で。。。
だから、ブログで持論を出すよりも、ニュアンスや実感を述べようと思う。

惹きつけるものを書こうとするのは、感覚がないのに言葉の説明をしてるようなもの。
それをもうやめようと思った。
うれしい。。。軽い。。。楽しい。。。そういう実感を中心に。。。


久々にジョギングをしました。走り方も忘れかかってたぐらいだったのですが、キレキレでした。で、その翌日、ジョギングしました。短い距離を何本か。。。って、ダッシュじゃないの???いいえ。。。じょぎんぐ。。。

そう、、、よくね、、、ジョギングではリラックスできてるのに、ダッシュになったとたん、人が変わったかのように力んでしまうこと、ありませんか???たしかに力やスピードはジョギングとは違うでしょう。でもそれ、、、疑問に感じませんか???

ダッシュでも、ジョギングの気持ち(その早送りという気分)で動くと、私でも、リラックスして速く走れた感じでした。けってないのにけれてましたし、回転もしやすく、進んでもいましたよ。。。私なりには、ですけど。。。


ダッシュのことも、
ジョギングっていうぐらいが、
ちょうどいい



念を押すけど、エムという意味じゃなく、
ジョギングのようにゆっくりダッシュするいみじゃありません。
ジョギングのような感じと気分で速く走るのです。ジョギングの早送りです。

自在ですよ。5倍速でも何倍速でも。。。

坂道ダッシュのトレーニングをやる日に、
さ、、、坂道ジョギング5本、いっとこうか???みたいに(笑)



ウエイトも一緒で、ゆっくりした動きでリラックスできてる土台があってのスピードです。
スピードを意識したとたんに人が変わるのは、いかがなものか。。。
ゆっくり動いてても、、、ブレーキで力んでいないのです。

同じメカニズムで(早送りですから・・・)速く動くのです。古い動画を。冬場の動画。

[広告 ] VPS


暑苦しさを脱し、古い夏場の動画。
[広告 ] VPS