FC2ブログ
これはあくまで、私が主観で感じる「できる人」という意味です。
そのうえで、話を進めます。

私が思う「できる人」とは、3つの条件が必要だと思っています。
学歴があって、とか頭の反応がいい、とかそういうんじゃなく、
もっと大事な何かがある。

ではその3つとは???

... 続きを読む
スポンサーサイト
やわらかい動きでしょ???って自分で言ってては世話ないんですが。。。
[広告 ] VPS


... 続きを読む
昨日のしくじり先生、途中からでしたが、私も見ました。
ソニンさん、感動しました。泣けたし、勇気ももらえました。
指示待ち人間だった彼女が、それを克服し、自分の意志を大事にでき、自分を取り戻せた話。

彼女が自分を取り戻せ、誰の指示も仰がない自分の意志で決めたここが自分の居場所だ、と。
その世界(業界)ですごい賞をもらったそのインタビューでマイノリティーって言葉が出たので、
どういう意味か調べてみたら、

「(多数派に対する)少数派」

自分も負けそうになってつい「アウトロー」な気分になるときもある。
でも彼女、そのすごい賞をもらったときのそのインタビューで言ってました。

「マイノリティーの方もたくさんいらっしゃると思いますが、
頑張っていればこうやって認めていただける日もあるんだなということを
私を通じて感じていただければと思います」

自分がこうだと信じた努力は、必ずつながるんだ。
こうだと信じて頑張ってきたことは、必ず芽が出るんだ。
彼女もたしか「意志を持って、信じてやってきたことは、必ず誰かが見てくれてるんだ」みたいに。

彼女の純粋な言葉に勇気をもらいました。
自分の意志を、やはりこれからも大事にしよう。
そういう姿勢は、誰かにも届き、その人へもつながることかもしれないし。

俺は、、、俺でいいんだ。
やりたくてやってるそのやり方やこの仕事で、いいんだ。



たとえばお客様からの言葉。「今日は調子がいまひとつで、前回は良かったのに」
以前の私なら、「そんなことはない」とその言葉を認めず、(お客様のことを)否定して、励ましていたような気がします。今なら、「そうなんですね」みたいに認めてあげられます。だから、頑張れ、なんて言いませんし、また良くなるよ、とも言いません。「そうなんですか」「そう感じるんですね」。そうすることで、「どこが良くないのか」納得いかないのか」が「具現性」を持つのです。これはとても大事で、そうやって『自分を感じる』ことが、解決法になります。認めずに感じられずに『漠然としたマクロ』は、認めて感じることで『バラバラに細分化させて具現化すること』にしてあげるのです。ですのでその上で「ここをちょっと見つめましょうか???」みたいなことはします。そうやってあくまで「今を感じていただくように」します。

「でも・・・・」と反論するのは、初めから相手を拒んでいるのだと思います。
それが前向きな方向であっても、そうだと思います。

そして、仮にうまくできなかった場合でも、「言い訳」や「身勝手な自己分析での弁解」をする場合は、うまくいってないことを認めてないんです。だから、うまくいくことはないでしょう。それより素直に「今日はうまくいかなかったな」と「認める」ほうが、すばらしいのです。すばらしい声だからこそ、私は「認めてあげる」のです。少なくとも、認められたとき、心が自分に向かっています。自分の感じ方ができています。でも言い訳するなど認めないときは、相手を見ていたり、思考で裁いていたりしてて、自分の感じ方ではありません。

うまくいかなかった。言い訳しない。認める。感じられる。
すると、向上心が湧き出ます。建設的に行動もできます。
感情をすぐに処理できますし、健全です。すがすがしい、とも言います。

言い訳ばかりすると、悲観的破壊的否定的な思考や行動になりかねません。
その言い訳が強がりになり、我慢になり、それが残るのです。
ますます自分の感じ方が鈍り、そのうち「わからない!」と人まで責めかねません。



まずは、認めてみる。
認めたら最後、、、じゃありません。
「認める=支配される」となってしまうのが、そういう思考でしょうから。
そういう思考に走るから、誤ったポジティブシンキングみたいになってしまうのかもしれません。

認めれば、逆に誰からも支配されないし、支配もしないのです。
認めることは、自分を愛することじゃないでしょうか???
自分を愛し足りないことが原因で、うまくいかなくなるのでしょうから。。。




2017.02.27 自由意志観
ここ数日、自由という言葉の意味についてを真剣に考えていました。これまでたとえば「固めるトレーニングをする人を、批判まではいかなくとも良い気がしなかったり」など、自分で自分を傷つけていたのも、そういう人にたいして自由を認めてなかったから。自分の人生を変えることはできても、人の人生まで変えることはできません。逆に、人から生き方を変えるように言われても、自分で決める自由があります。

人の自由を認められなかった背景には、自分の自由を認めきれていなかったことがある。そう気づいたんです。以前は雑誌に執筆してた勢いあったころは、動作の提唱者みたいだったけど、少し前、あるスタッフがある会員に私のことを紹介するのに「彼は動作の専門家です」と紹介したもらったとき、こういわれたのも10年以上も久しかったせいか、自分がすごくびくついてしまっていて。。。振り返れば「そこだな、、、」と思ったんです。自分を肯定してあげられてなかったんだ。。。と。

だから、堂々と「落ちる、という動作法の提唱者」として生きていこう、と。

振り返れば、他者承認に頼りすぎたいたのでしょう。自称の提唱者じゃだめだと自分を罰す。
それより、わかりやすさという人当たりを求め、自分を押し殺した、他人を中心としたような。
気づいたら、そうなっていたのかもしれません。実際にあのとき、びくついてしまったのですから。

だからまずは、自分もことをかばってあげる、認めてあげる、自由を与えてあげる、という意味で、
「私はこうします」
「すでにこう、決めています」
という、提唱者としても明確な意志を打ち出す。

「私ができるのは、ここまでです」
「私はこう決めています」
と「できること」や「やること」を明確にしてみる。
こうすることで、同意したか否かの不明確なやり取りから解放され、クリアになる。

「私は、こう考えています」
「私は、こうします」
という自由をはっきり打ち出したことで、私自身もすがすがしくなり、
あとは相手の自由であって、その責任もついてくる、ということです。



人を育てることが指導者仕事かもしれないが、その前にコーチでもあります。
実際は、こちらが育てるではなく、こちらが頑張るわけではない。
これだと、逆に人が育たない。それこそ他者承認という依存や無責任になる。

あくまで重りという具材を与え、実感をする「きっかけ」を与えること。
あとは自由に実感していいですよ。ということ。
でも、自然になれば、素敵な感じ方をしますよ。ということ。その結果が、落ちるなのですから。。。

自分が提唱者を封じてしまうのと一緒で、つまりこちらが他者承認になってしまうことで、相手も逆にミスミス他者承認にしかねない。人を育てなければいけない、という思考が、誤った伝わり方を生み、自分を支配的にし、相手を支配下にしてしまう誤解がある。初めからそういうものだと思い込んでしまう、あるいは過程でそう思いこんでしまったら、大変です。意志を持たない依存になる。ようは、自分はどうなってもいいから、育てて欲しい、という無責任。そういう立ち位置から出てくる質問は、ワンマンな丸投げ質問です。それは、自分を感じれていないスタートになります。実感もできないでしょう。うわべは「変わりたい」でも本心では「やりたくない」のですから。

そうではなく、「結果的に人を育てる意味でも」、自分が自己承認になることで、相手に自由を与え、相手が自然を実感していただき、相手が意志を持つ。私が育てるんじゃない。あくまで伝えるだけ。変わるのは、あなただよ、と。あなた次第だよ、と。こうすることで、お互い心地良い責任感が芽生えます。信頼ともいうのでしょうか。。。これは以前も申してきたが、ジム内の中でも私といるその場所だけは、「実感を楽しむ空間」なんです。「楽しむ空間」なんです。自立を育み、自由と意志と責任が心地よく。その結果で生まれる「落ちる」ですからね。。。

「私はこう感じています」
「私はすでに、決めています」
「私にできるのは、ここまでです」



他人が基準ではなく、自分が意志を持って。
誰かの賛同で行動するのではなく、自分の賛同で行動する。
そういう「ウエイト動作」で、そういう「落ちる動作」じゃないか???

相手のことで否定的になるとき、
自分が疎かで自分を大事にできてないことが、わかるようになってきたんです。
自分で自由を奪っているんだ、って気づくようにもなってきたんです。

以前はそうやって相手に不快感を感じていたが、私が自分の自由を奪ってしまい、責任を過剰にかかえていたから。だから積極的に、、、自分のことで肯定し、肯定的に行動しよう、って。結果、、、相手も尊重できたりするわけですから。。。人に認められないことが前提ですが、他者承認ではなく自分承認に頼りたいし、そういう姿勢を伝えていけるようにしたいし、そういう動作法や強化法でもありたい。

自分に自由を。これが最初にありきだと、今では実感しています。